パオパオだより

2020年12月29日(火)

「私をくいとめて」 [映画]

画像(228x320)・拡大画像(456x640)

◎シネマトゥディより

■見どころ
芥川賞作家・綿矢りさの小説を原作に、アラサー独身女性と年下男性が織り成す不器用な恋模様を描くラブストーリー。脳内にいるもう一人の自分を相談役にシングルライフを満喫するヒロインが、思いも寄らず恋心を抱く。監督・脚本を、綿矢原作の『勝手にふるえてろ』などの大九明子が務めた。ヒロインを『星屑の町』などののん、彼女のことが好きな年下男性を『おっさんずラブ』シリーズなどの林遣都が演じる。

■あらすじ
アラサー女子の黒田みつ子(のん)は何年も恋人がいないが、脳内にいるもう一人の自分「A」にさまざまなことを相談しながら独り身でも楽しく生活していた。常に的確な答えを導き出す「A」と一緒に平和なシングルライフが続くと思っていたある日、年下の営業マン多田くん(林遣都)に恋してしまう。独身生活に慣れたみつ子は勇気を出せない自身に不安を抱えつつも、多田くんと両思いだと信じて一歩踏み出す。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)

 寮2のバイトの時、朝日新聞を読むのを楽しみにしていた。
 ちょうど金曜がバイト日だったので、綿矢りささん(紫野高校出身)の連載「私をくいとめて」を読むのも楽しみだった。わたせせいぞうのイラストもすごくよくて。

 そういうことがなかったら絶対に見に行かなかった映画。
 のん、林遣都、清々しすぎる。これはつらい。

 みつ子の心の中のもう一人の自分「A」は女の子だとばかり思っていた。ところが映画では男。でも、その声が中村倫也。あまーい声でよかった。

 ここで妄想。
 私の中にももう一人の私がいる。それが女子という想定はなかったが、女子なら深田恭子かなあ。あまーい声。
 男子ならだれやろう。なかなか思いつかない。
 今田耕司かな。もちろん、声だけですよ。

 のん、林遣都のファンなら、133分も長く感じないだろう。
 私はちょっと長く感じました。
 そういう映画でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=5171

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

眞寿美さんの誕生日

眞寿美さんの誕生日

もうすぐ真樹は沖縄へ

もうすぐ真樹は沖縄へ

ナリケーン!

ナリケーン!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.