パオパオだより

2020年12月09日(水)

「VIDEOPHOBIA」 [映画]

画像(200x320)・拡大画像(400x640)

◎シネマトゥデイより

■見どころ
大阪のコリアンタウンを舞台にしたスリラー。ある男性との情事を映したと思われる映像の流出を知った女性が、精神的に追い込まれていく。監督は『大和(カリフォルニア)』などの宮崎大祐。『クシナ』などの廣田朋菜、『ひかりをあててしぼる』などの忍成修吾、『ジムノペディに乱れる』などの芦那すみれのほか、梅田誠弘、サヘル・ローズらが出演する。

■あらすじ
東京で女優を目指していたものの、故郷である大阪のコリアンタウンに戻ってきた29歳の愛(廣田朋菜)。女優になることをどうしても諦め切れずにアルバイトをしながら演技のワークショップに通う中、クラブで出会った男と一夜だけの関係を持つ。それから数日が経ち、愛は男との情事を捉えているように思える動画がインターネットにアップされていることに気づく。以降、同様の映像が投稿されて拡散し、次第に愛の精神は変調をきたしていく。
------------------------------------------------------------------------------

 いつ以来か分からないくらい久しぶりの映画。

 私が映画を選ぶ時の基準。
1.行ける映画館
2.行ける時間
3.映画の内容

 この基準で行くと、
 沖縄に行ったときの桜坂劇場。
 那覇空港から名護に行く間の時間。
 そこで見られる映画からチョイス。
 ということになる。

 ところが今年の6月から沖縄に行っていない。だから映画とは疎遠に。
 今日は地下鉄・九条駅近くに用事があり、そのついでに「新・京都みなみ会館」に行くことにした。新しくなってからは初めてということになる。

 用事が済む午前11時以降で、よさそうな映画は・・・。
 「VIDEOPHOBIA」ねえ。
 知ってるのは忍成修吾くらいだが、なんか私には合いそう。

 水曜は以前はレディスデーで女性のみ1100円だった。しかし、今はだれでも1100円になったみたい。(私はシニアなので、いつでも1100円。)
 と言うのに、観客は私を入れて5名。1上映で5500円しか入らないのはきついねえ。「新・京都みなみ会館」、だいじょうぶか。

 映画は白黒。
 「なんでやねん!」と思ったが、見ているうちにそれが自然な感じになった。
 内容は衝撃的と言えるかな。
 「わたしが、増殖する――」の意味が分からなかったのだが、「ああ、そういうことか」とちょっと納得した。

 忍成修吾が秀逸。詐欺師的なあやしい役をやらせたら天下一品、その右に出る者はいないと言っていい。まあ、見てください。

 一つだけ引っ掛かったのは、舞台が大阪鶴橋で、主人公の本名が朴さん。そうする必要性が理解できなかった。なにかそれらが映画の飾りのような扱いで、私はそこに引っ掛かる。

 まだまだ続くと思って見ていたら、突然終わってしまった。それが残念。
 「続きは自分で考えよ」ということでしょうか。

 やっぱり映画はええわ。
 私が見る映画はいつも観客席がスキスキ。コロナの心配はない。
 また見に行こっと。
------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 バイト先から、「健康診断を受けるように」と言われた。去年までは私ら管理代行は除かれていたのに、今年から変わったのだそうだ。
 会場は、地下鉄・九条駅近くの京都テルサ。うちからは遠く、交通費もかなりかかる。でも会社からの指示だから、従うしかない。

 乗り継ぎがうまくいき、家から40分くらいで到着。
 9時半開始で、事務の方から「おそ目に行った方がすいてますよ」と言われていたのだが9時半過ぎについてしまった。
 案の定混みごみ。「早く着いて、早く済ませてしまいたい」という気持ちはみな同じなんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レントゲンの列に並んでいると、「藤井さん」と声をかけてくる人あり。寮2で料理長をされていたKさん。今は移動で滋賀の寮に行っておられる。
 私は大きなマスクをして突っ立っていたのに、よくわかっていただけたものだ。
 Kさんはすごく優しい方で、寮2におられた期間は短かったがいい印象しか残っていない。そのあともまわるとこまわるとこでKさんといっしょになり、ちょこちょこお話ができて退屈さが紛れてよかった。

 血圧測定では、1回目が177−98。やり直しの2回目が175-103。あかんやん。

 けっきょくすべて終わったのが10時40分。1時間以上かかったことになる。
 ああ、お疲れさん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 そこから歩いて「京都みなみ会館」へ。
 見る予定の映画は11時45分から。映画が終わって家に帰るのが2時過ぎになるので、コンビニでパンを買っておいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 映画館の方に「パン、食べてもいいですか」とお聞きすると、「今は食事はお断りしています。外のべンチでお願いします」と言われた。そらそうや、このご時世やから。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日もポカポカ日和だったのでよかった。
 しばらく外のベンチのところにいたあと、やっと中へ。
 上映5分前に入場。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上映時間が1時間半くらいだったのでもつかなあと思っていたが、やっぱりダメ。1時間後にトイレへ。
 おしゃれすぎて、どこにあるのかが分からないトイレ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中には、お札が。
 「令和コロナ退治」と書いてあった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前の「京都みなみ会館」に比べると、すごく明るくなった。
 映画が終わって出てきたときの「うしろめたーい」感じが感じられなくなった。それは、ええのか悪いのか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも地下鉄・九条駅まで歩いて、そこから地下鉄と京都バスで帰る。前とちがって駐車場がないから、そうして来るしかないね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「今日は9日、『9の日平和ラン』をする日や。」

 早く帰って、遅い昼ごはんを食べて、走りに行かなくては。
 帰りも乗り継ぎはうまくいったのだが、映画館からは50分以上かかった。まあそれくらいは仕方ないか。
 またおもしろそうな映画があれば、見に来ることにしよう。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=5149

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

2013京都丹波ロードレース

2013京都丹波ロードレース

高石ともやさんを最終聖火ランナーに

高石ともやさんを最終聖火ランナーに

第32回出雲くにびきマラソン

第32回出雲くにびきマラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.