パオパオだより

2020年02月12日(水)

マラソンの前半・後半 [ランニング]

画像(227x320)・拡大画像(455x640)

東京マラソン2020のポスター

 私はフルマラソンを何回走ったんでしょう。
 しっかり記録していないので、さっぱり分からん。でも26歳から走り始めて38年。若い時は年に3回以上走っていた。今はせいぜい1、2回。ということは90回くらいですかね。

 若い時は最後まで走りきれたことがなかった。サブ3を狙って前半からバンバン飛ばして、33kmあたりから急失速。最後は歩きまくり。初めて「完走」できたのは、20回目くらいかもっとあとかも。

 そのころの記録が残っていないので正確ではないが、前半が1時間半以内、後半が2時間くらいかかるというパターンだった。
 歩く時間が少ないと3時間10分台、多いと3時間半をちょっと超えるというのが私のゴールタイムだった。

 その後ウルトラマラソンに出だして、フルマラソンがちょっと短く思えてきた。そのあたりからやっと、初めから終わりまで苦も無く走り切ることができるようになった。前半と後半のタイム差も10分以内。若い時では考えられないパターンになった。

 その集大成ともいえるレースが、2012年(56歳)の「東京マラソン」。
 前半1時間43分12秒、後半1時間45分33秒で3時間28分45秒でゴール。前半後半の差はわずか2分21秒。
 「私にもこんなことができるんですか」の世界でした。

 そのあとの主なフルマラソン。
2015(59歳) 篠山   1:50ー1:58 3時間48分38秒
2017(61歳) おきなわ 1:44−1:58 3時間42分50秒
2018(62歳) 香住   1:49−1:54 3時間43分21秒

 前半後半の差は5〜14分と幅があるが、後半をきっちりと2時間以内で走っている。ここが大事。

 老化著しい今回の「おきなわマラソン」。
 前半後半の差をなんとか10分以内とすると、前半は何としても1時間55分以内で通過したい。これで後半2時間05分かかっても4時間。

 今までなら楽な設定と言えるのだが、なんせ老化のスピードがすごくて。
 でも、がんばる!

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮2の17時間バイト。
 退寮書類提出期限日だったので大いそがし。電話もジャンジャンかかって来て、いつもの倍疲れた。

 夜11時過ぎ、戸締りをして寮を出るとけっこうな雨。
 「きくの夜散歩は、今日は無理やなあ」と思いながら帰ってきた。

 それでも私が玄関を入ると、きくがのそっのそっと歩いてきた。
 「きくちゃん、ありがとね。今日は雨がきついしお散歩はやめとこか。」
 そう言ったのを理解してくれたのか、玄関待機を続けるということはなかった。
 きくはかしこいんです。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=4842

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

雨の北陸 (5/10)

雨の北陸 (5/10)

あやしいバレンタイン

あやしいバレンタイン

「息もできない」

「息もできない」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.