パオパオだより

2018年07月23日(月)

墓そうじ2018+草刈り+父 [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年も元気に墓そうじ。
 
 「一年の計は元旦にあり」と言うが、私の場合は「一年の計は墓そうじにあり」かな。
 癌宣告を受けてから二度目の夏。最悪の場合、二年後の墓そうじは無理かもと本気で思っていた。・・・って、墓そうじがそんなに大事なんかーい!

 大事なんですよ、私にとっとては。小さい時から「役立たず道」まっしぐら。ところが「墓そうじしてこい」と命じられ、なんでも中途半端だった私にしてはきっちりできた。もちろん、ほめられましたわな。
 それ以来、墓そうじは「こうじの仕事」。62歳になった今も続いている。これ、いつまで続けられますかねえ・・・。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 市原の家の中は、午後3時前で35.7℃。外は36℃を超えているでしょう。

 毎年墓参りは8月の初めなので、そうじは7月中にやっておかねばならない。
 何やかやと予定が入っていたので、思い立った時に行くのが一番と思い、いなかに帰ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大雨の影響で道路が崩れ、通行止めになっていたところ。
 やっと応急処置ができたみたい。

 鞍馬温泉から200mほど北。
 ここを迂回するには百井を通るか、芹生を通るか・・・、いやその辺も崩れているかも。国道162号の周山回りですか。遠いねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 花脊峠で32℃。
 このあたりにしては、かなり暑い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 30分でいなかの我が家に到着。
 家の前の崖崩れは、今回の大雨ではなくもっと前から。
 全然治してもらえる気配なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの裏の老健施設「花友・はなせ」に父がいるのだが、まずは墓そうじ優先。そうじが終わってから報告に行こう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 兄の家は留守だったが、勝手にクワやカマを借りてきた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 大雨があったせいか、上っていく道に水がドードー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの墓はだいぶ上なので、墓を磨くための水を持って上がるのがしんどい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 草は全然生えていない。カマ、いらんかったね。

 杉の枝や葉を拾い集めるだけで、もう半分くらいそうじができたようなもの。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の祖父と祖母のお墓。
 祖母の戒名に「鶯」の文字が入っているのがいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 母の仮のお墓は、見るたびにわびしい。この仮のお墓で、もう26年。
 うちの黒猫・あんもの墓のほうが立派やし。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 最後に墓石もしっかり磨いてそうじ終了。
 全部で約1時間かかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家の前が草ぼうぼうになっていたので、また兄の家から勝手に草刈り機を借りてきた。
 墓そうじの続きに、家の草刈りもやってしまおう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 草刈り機の振動が、手術後10日目のお腹にどうかなあと心配。
 ぼうぼうの草はかなり手ごわく、草刈り機の回転刃に草が絡みついてたいへんだった。お腹にもかなり響いたが、40分くらいで済んだので何とか持ちこたえた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 墓そうじは自分のペースでゆっくりとできたが、草刈りは草刈り機のペースになってしまうので、そこがしんどい。肩・首・腕が痛い。お腹はまし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 草刈り機を返しに行き、「花友・はなせ」へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもは事務所に数人おられたのに、最近は無人。
 「インターホンを」と書いてあるが、ここにはなく、いったん玄関を出て押さなくてはならない。探し出して押してみたが、予想通り誰も来られない。
 父の居場所がだいたい分かっているので、勝手に入らせてもらった。そしたらやっと、下から職員さんが上がってこられた。

 午後6時半ころだったので、みなさん食事中。写真を撮らせてもらおうかと思ったが、私の眼には楽しい食事に見えなかったのでやめておいた。

 「墓そうじしてきたし」と言っても、父は無反応。かえってまわりのお年寄りたちが「そうかー」とか言って反応してくださっていた。

 帰り際「また来るし」と言うと、「生きとる限りは、なんぼでも来たらええ」と。
 私はこの「生きとる限り」を「父が生きとる限り」と解釈していたが、家に帰ってヨメさんに話すと「おまえが生きとる限り」という意味やろうと言われた。
 無反応だった父が、突然哲学者みたいになるのでおもしろい。ほんまにまた来るね、私が生きている限り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」に7時20分頃到着。
 いつもよりちょっと遅いお迎えだが、きくは大喜び。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜、ヨメさんと二人引きでコンビニにアイスを買いに。
 きくのもんは何にも買うてもらえへんのに、かしこう待ってたよー。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=4218

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

マラソン大会から車イス使用者を排除することは社会から排除するのと同じではないのか

マラソン大会から車イス使用者を排除することは社会から排除するのと同じではないのか

2013万博クロスカントリー

2013万博クロスカントリー

第39回瀬戸内海タートルフルマラソン

第39回瀬戸内海タートルフルマラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.