パオパオだより

2017年06月24日(土)

「森の巣箱」 [グルメ情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あいあいファーム」の直売所前のベンチでパソコンを見ていると、昼休みになった真樹が出てきた。
 「パオパオ―、なんか食べに行こかー。」
 「そやな、さっき調べたら近くに何軒か食べるとこあったわ。たしか、海岸近くに喫茶店があったし、そこに行ってみよか。」

 二人とも朝にもしっかり食べたので、そんなにお腹は減っていない。ガッツリ食べなくてもよかったので、その喫茶店を探すことにした。

 途中から「カフェ・森の巣箱」という看板があり、道順も分かるように表示されていた。
 ところがどんどん細い道になり、木々が生い茂り、枝は運転のジャマし放題。もうちょいかというところで急な上り坂。そこは砂利が敷いてあり、真樹の軽は止まる寸前だった。

 真樹は機転が利く。そこですばやくエアコンオフ。それでギリギリ上り切ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「まあ‐、よっぽどの人しか来れんとこやなー。」

 そう言いいつつ入っていくと、植物の手入れをしておられるオジイが一人。
 なにもかもそのオジイが自分一人でやっおられるようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その丘から見下ろす羽地内海のきれいなこと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この景色を見ながら食事ができるなんて、ぜいたくやわー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 メニューは少なかったが、これで十分。
 オーナーおすすめの「サブマリン(ホットドッグ風)+コーラ」(700円)とパイナップルジュース(400円)を注文。
 「サブマリン」は大きかったので、二人で半分こして食べることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 正直に言って味はあまり期待していなかったのだが、すごくおいしかった。真樹もおいしいと言って食べていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 せっかくハンモックがあったので、ちょっとだけユラユラさせてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オーナーの嘉陽さんのお話もおもしろかった。
 このすぐ下にご自宅があり、湧川小中学校のご出身だそうだ。東京に出られて50年働かれ、そのあと地元に戻って来て「森の巣箱」を始められたとのこと。この場所は子どものころの秘密基地の場所らしい。

 嘉陽さんの子どものころは、小中合わせて500人を超えていたとおっしゃっていた。その学校が廃校ですから。さびしいもんです。

 あっそれから、湧川地区の嘉陽姓は尚巴志王の末裔だとか。
 世が世なれば・・・っていうやつです。

 それと、お話していて「あいあいファーム」の先輩がちょこちょこここに来ていることも分かった。みんなウロウロしてるんですね。

 真樹と出かけると、どこへ行ってもいっぱい話かけてきてくださる。かわいい娘がいたら、私のようなジジイでもあやしまれんでええわー。

 「森の巣箱」に興味のある方は→「森の巣箱」紹介記事
               →ブログ「森の巣箱」

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=3777

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

廉部活復帰お祝いラン

廉部活復帰お祝いラン

第7回9の日平和ラン

第7回9の日平和ラン

きくの仕事

きくの仕事

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.