パオパオだより

2011年09月21日(水)

ファシズム的知事 [時事]

画像(197x250)

都構想実現に参画させる大阪市幹部候補者のリスト化を指示する橋下徹知事=大阪市内のホテルで2011年9月12日、堀文彦撮影

◎毎日新聞9月13日朝刊

 橋下・大阪府知事:維新の会公約、15年度に都「移行」 反対派は降格

 ◇大阪市幹部選別へ

 首長政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪府知事は12日の維新の会合で、自らが提唱する「大阪都構想」などに反対する大阪市幹部職員を降格させる意向を示す一方、構想実現に参画させる大阪市の幹部候補者を10月初旬をめどにリストアップするよう指示した。大阪市長選出馬を示唆する橋下知事は早くも、都構想の賛否を巡る市幹部職員の選別に乗り出した。「踏み絵を踏ませるのは権力の横暴」。市幹部からは反発の声が相次いだ。

 11月27日投開票の知事・市長選向けに開かれた会合には、維新の大阪府議、大阪市議が参加。橋下知事は「都構想推進に大阪市役所は真っ向から反対しているが、実現する市役所組織にしなければならない。大綱をしっかり実現する幹部候補職員のリストアップ作業をやってもらいたい」と維新市議団に指示し「政策実現するための人事を断行したい」と表明した。都構想では大阪市役所解体をメーンに据えており、都構想に対する幹部職員の賛否をはっきりさせる考えだ。

 維新の会大阪市議団の坂井良和団長は、降格の対象となる幹部について、局長と主な部長、課長クラスとなることを説明。選考基準に関しては、取材に「長年職員を見てきて、ただちに対応できる人と、(逆に)こり固まって受け入れない人との違いは分かる」と話したが、具体的手法については「私もちゃんと理解できていない」と述べるにとどめた。

 会合終了後、記者団からは「恐怖政治的なものになるのでは」との指摘が出たが、橋下知事は「恐怖政治と言うなら(市職員は)政治から距離を置くべきだ。(都構想に反対する職員が)自分たちで(政治に)首を突っ込みながら、お門違いだ」と反論した。

 一方の大阪市幹部職員。課長級の50代男性職員は「私らは入庁時に『市民の信託に応える』との誓約書を書いている。維新の政治家のために仕事をする立場にはない」。50代のある男性幹部は「自分が賛成できない政策でも議会などで方向性が決まればきっちりこなすのが公務員。特定の政策に賛成か反対かで色分けするのはナンセンスだ」と話した。別の50代男性幹部は「維新の議員に職員を見る目があるのか」と皮肉り「市長が替わるたびに職員を入れ替えるとしたら最悪のやり方だ」と語った。

 維新は大阪府議会で過半数を得ているが、大阪市議会では第1党で、過半数に届いていない。【堀文彦、小林慎】
------------------------------------------------------------------------------

画像(213x320)・拡大画像(333x500)

「橋下主義」を巡る議論に耳を傾ける大阪市の平松邦夫市長=大阪市天王寺区、宮崎勇作撮影

◎朝日新聞9月18日朝刊

 反「ハシズム」集会に香山リカ氏ら 平松市長も出席

 11月の大阪市長選に出馬する方向の橋下徹・大阪府知事の政治手法を議論するシンポジウム「『橋下』主義(ハシズム)を斬る」が17日、大阪市で開かれた。山口二郎・北大院教授らが主催し、自治体改革や教育行政に「政治主導」を打ち出す橋下氏の姿勢をファシズム(独裁主義)にかけて批判的に検証するのが狙い。同市長選で再選をめざす平松邦夫市長も会場に姿を見せ、識者らの議論に耳を傾けた。

 山口氏は基調講演で、橋下氏の政治手法について「上意下達の軍隊的官僚組織を作り、教育に競争を持ち込むやり方は多様性や自発性を否定している。政治主導ではなく単なる支配だ」と批判。「東日本大震災後に我々が必要としているのは相互扶助。政治は悪者を探してたたく見せ物ではない」と主張した。

 パネル討論では、精神科医の香山リカさんが、橋下氏の支持率の高さについて「次々にネタを出す刺激が受けているのでは」としつつ、「バトルの構図を描いて二者択一を迫るのが得意だが、世の中には白黒はっきりつかないことが多い」と指摘。帝塚山学院大の薬師院仁志教授は「橋下氏は軍隊的官僚主義と自由競争を求める市場原理主義という、両立しないものを時と場所に応じてしゃべる。長い目で見て(住民を)どこに連れて行くのか」などと疑問を示した。

画像(320x213)・拡大画像(500x333)

橋下徹・大阪府知事の政治手法について議論する精神科医の香山リカさん(右)と山口二郎・北大院教授=大阪市天王寺区、宮崎勇作撮影

--------------------------------------------------------------------------------

 昨日、トヨタ・シエンタの定期点検だった。点検と洗車で1時間ほどかかるということだったので、新聞を読みながら待たせてもらった。
 うちが取っているのは毎日と京都。トヨタにおいてあったのはスポーツ紙と朝日新聞だった。

 朝日新聞に、「ハシズム」という見出しを見つけたときはうなった。「うーん、うまいネーミング!今年の流行語大賞は、これに決まり!」
 いつも取っている新聞とちがう新聞も読んでみるもんですね。この記事は、毎日と京都には載っていなかったような・・・。

 今日のブログの題は、「ハシズム」にしようと思っていた。でも、この記事で検索して出てきた意見(20人くらい)を読んでやめておいた。「全国のハシモトという名前の人が気分を害する」という意見を読んで。

 検索して出てきた意見は、橋下氏擁護派が多かった。それもかなり強固で、ついでに言うとお下品な口調のものが。橋下氏を擁護するために、山口氏や香山氏にいちゃもんをつける手法はやめてほしい。
 今、政治にはお下品さが求められてるのかな。どう見てもお下品中のお下品としか思えないような人がもてはやされいてる。大阪府知事、東京都知事、元宮崎県知事、元首相(自民党)・・・。

 中でも、大阪府民は「だれがなっても同じ」と思い込まされている人が多いように思う。「だれがなってもおんなじやったら、テレビに出て有名な人がええ」とでも思ってはるんでしょうか。
 もしそうなら、それだけはやめてほしい。もし本気でそう考えておられる人が多いなら、いい知事候補が残ってますよ。つい先日テレビ界を引退したSS氏。ハシモト氏のお仲間ですよね。どうですか。(あー、この人も私と同い年・・・。)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=1374

コメント

☆やまたくさん、コメントありがとうございます。

 「原発反対やけど原発反対の橋下に反対」、これはほんまによう分かります。何にもややこしいことないです。
 私はいつも言ってます。「戦争の強制はもってのほかだが、平和の強制もまっぴらごめん」。何であろうとひとに強制されるのがイヤなんです。

 やまたくさんの個人情報ありがとうございます。10月生まれは、たしか郷ひろみと麻丘めぐみ・・・。
 次のコメントの時、初めて奥様を誘われたコンサートは誰のだったかを教えてください。(そんなん聞いてどーするちゅう話ですけど・・・。)

☆まっちゃん、コメントありがとうございます。

 「ハッシャン」て、また友達みたいに・・・。私はあの人がサングラスを取った時から不気味な人だと感じていました。今回、ネット検索をしてみて、その信奉者の多さに愕然です。あの人は、「大阪府民がどこまで我が独裁に耐えられるか」ということを試して喜んでいるのではないかとも思えます。

 良識ある大阪人はいずこに・・・。

パオパオ 2011年09月22日 18時39分 [削除]

私淑するマルセ太郎曰く「人間に保守も革新もない。あるのは卑しいか、卑しくないかだけ・・・」ハッシャン、ほんと人間の卑しさが滲み出ています。
心穏やかに生きたいと願わない人はいないと思うのに、どうしてこの人は・・・と、いつもハッシャンを見て思っています。

まっちゃん 2011年09月22日 00時02分 [削除]

この人、なんかおかしいですよね。
「今の日本の政治で一番重要なのは独裁。独裁と言われるぐらいの力だ」って普通の神経でいえますかぁ。
原発反対はいいんですけど、なんか独裁で決めれるんやったら、「原発反対やけど原発反対の橋下に反対」ってややこしい事になります。
今日、ツイッターであんまり独善的(命令を聞かない(国家斉唱のこと)公務員(特に教員)は首にして当然!)みたいなことゆうてるんで、「そもそも国家斉唱するのはいいけど、それを強制するのに貴方が言っている「民意の発露」といわれるような正当性はあるのだろうか?国を愛するのは国民の自由意志です。いい国だと愛するだろうし、独裁国家だと嫌悪する。しかし、独裁国家は愛国を強制する。」って返したんやけど、無視!

やっぱりこの人、なんかおかしい・・・


それとぉぉぉ   わたしも昭和30年10月23日生まれどす!

やまたく 2011年09月21日 22時46分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第41回大文字山ランニング・続き

第41回大文字山ランニング・続き

大学クラス会2017

大学クラス会2017

第4回一人沖縄平和ランへ〜「第二の加害者は私」と肝に銘じて

第4回一人沖縄平和ランへ〜「第二の加害者は私」と肝に銘じて

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.