パオパオだより

2013年12月31日(火)

辺野古の出口 [時事]

画像(320x211)・拡大画像(620x410)

辺野古の目抜き通りでバスケットをする子どもたち=沖縄県名護市辺野古区で

◎毎日新聞12月18日・特集ワイド

   出口のない町 辺野古の今
            普天間移設候補地として17年

◇市長選控え 非情な地元対策/除染員募集のチラシも

 「県外移設」はどこに行ってしまったのか−−。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設問題が持ち上がってから17年。名護市長選(来年1月19日投開票)を目前に、政府は埋め立て手続きを急ぎ、地元に圧力をかける。政治に翻弄(ほんろう)され続けた同市辺野古区では、今何が起きているのか。

 うろこ雲が浮かぶ青空の下に薄緑色のリーフが続く。赤土の丘でサトウキビの葉が風に揺れていた。辺野古区を囲む巨大な米海兵隊基地キャンプ・シュワブを一望に収める丘の畑を耕していた60代男性に声をかけた。「ここ1週間、オスプレイは飛んで来ないよ。名護市長選が近いから。あのものすごい騒音で移設反対の声が高まると米軍は困るからなあ。この丘から基地を眺めていると米軍の意図を肌で感じる」

 「辺野古移設を排除すると普天間が固定化する」との政府の説明を信じる地元住民は少ない。「ほらあそこ」と男性が基地内のトンネルを指さした。海から上陸した軍用車両はトンネルを抜けて山に登っていく訓練をするという。「こういう地形の基地は沖縄では辺野古だけ。重要拠点として整備する計画は昔からあった」と証言する。そもそも普天間返還と辺野古拡充は別の計画だったのだ。

 1966年に米側が作成した「米海軍施設マスタープラン」によると、米軍は60年代から辺野古沖を海兵隊の海上基地の最適地と認識。同県公文書館に所蔵されるマスタープランには、現在の埋め立て計画によく似た約3000メートルの滑走路を含む海上基地の設計図が添付されている。

 一方、普天間返還は、95年の米兵による沖縄少女暴行事件をきっかけに、翌年、日米間で合意された。両政府は辺野古を代替施設候補地と選定。過半数が反対した97年の住民投票を含め名護市民が移設反対、容認で選択を迫られるのは名護市長選で6回目だ。

 「住民が反対しても辺野古は埋め立てられるさ。せめて政府には金銭的な補償をしてほしい。辺野古の軍用地料の評価額は基地の街・金武(きん)町より安いというじゃないか」と男性はあきらめ顔だ。「地元振興のために企業誘致をしては」と提案すると、むっとした表情になった。「ここには企業が来てくれるような広い土地はない。辺野古から海に出よう、山に登ろうと思っても基地のフェンスに遮られる。この町には出口がない」

 名護市長選には、移設反対の稲嶺進市長(68)▽自民党の末松文信県議(65)▽移設容認を掲げる島袋吉和・前市長(67)が立候補を表明している。島袋氏は当初「末松氏が容認を明確にするなら支持する」と述べており、保守系の一本化が焦点だ。稲嶺市長は辺野古に近い同市東海岸の出身で、地元紙の見立てはそろって「保守分裂のままなら現職優位。一本化し、仲井真弘多(なかいまひろかず)・沖縄県知事が辺野古沖の埋め立て申請を承認するようなら、保守有利」。安倍晋三首相は6日、末松県議と会談して支援を表明、一本化を働きかけた。地方選挙としては異例の「首相官邸対名護市」の構図になりつつある。

 名護市の人口は約6万2000人、うち辺野古区は約1900人。中心部の市西海岸では、市長選候補者ののぼりが幹線道路に並び、宣伝カーが行き交う。一方、東海岸の辺野古区は閑散としていた。目抜き通りで子どもたちがバスケットボールに興じる。注意する大人はいない。めったに車が通らないからだろう。

 スーパーのガラス扉には「一般除染作業員募集」と書かれたチラシが張られていた。店員は「頼まれたから張っただけ。働きに行った人がいるかどうかは知らないけれど、足を止めて見ていく人は多いよ。給料がこの辺りの2倍だからね」と語る。求人チラシには<是非とも貴方のお力をお貸し下さい 給与38万7500円/勤務地・福島県双葉郡富岡町>とあった。

 富岡町は町全域が福島第1原発から20キロ圏内。同第2原発も抱える原発城下町だった。約2000キロ離れた富岡町と辺野古は、国策に協力して迷惑施設を受け入れ、見返りに補助金を投下されてきた。遠くとも似た町同士だ。

 理髪店に入った。50代の女性理容師は記者の髪を切る手を休めずに「ここには仕事がないから」とため息をついた。一人息子は今春、県外の大学を卒業し、そこで就職した。「学費のほかに下宿代がかかるから息子には奨学金を借りてもらった。地元の給料では返済できないから帰ってこられない」。カットとシャンプーで1800円だった。

 景気のいい時代もあった。クリーニング店を営む70代男性は「ベトナム戦争のころ、町は米兵があふれ、従業員8人を抱えていた私の店も大繁盛だった。売り上げは多い日で3000ドル。家が1軒建つ大金だよ。あのカネはどこに行ったのかなあ」と笑う。

 区中心部には防衛省沖縄防衛局の事務所があり、人目を気にする住民はなかなか本音を話さない。つてを頼り、話してくれる人を探した。

 ある自営業者が打ち明ける。「学校を卒業しても働いていない同級生が2、3人いる。米軍に貸した軍用地料で暮らしている家の子だ。辺野古での最高額は1世帯年間1000万円。ここでは『金のなる木』のある家とない家が隣り合わせ。近所付き合いが難しい」。軍用地料の評価額は日本政府が決め、米軍の肩代わりをして地主に支払う。移設問題がもちあがってからキャンプ・シュワブの軍用地料はうなぎ登りだ。地主かどうかの補償格差は広がり、地域ぐるみの反基地運動は難しくなる。軍用地料は住民のつながりをむしばむ。

 市長選を前に地元への圧力は高まっている。その象徴が、先月25日に沖縄県を地盤とする自民党国会議員5人が石破茂同党幹事長と会談、「県外移設」の公約を転換して移設容認に転じたことだ。同党沖縄県連も続いた。強引なやり方は支持者の強い反発を招き、党県連会長の翁長(おなが)政俊県議が会長職を辞任。県連顧問の仲里利信元県議会議長が離党の意向を表明した。仲井真知事は政府の埋め立て申請について「承認する、承認しない、その中間もあるだろう」と含みを持たせる。

 辺野古区のヘリ基地建設阻止協議会の西川征夫代表(69)は「名護市民のうち移設反対、容認が各3割とすれば、4割は中間派。政府が強く移設を推進することで中間派は長いものに巻かれる可能性がある。県外移設の全党一致が崩されたことで仲井真知事、稲嶺市長への圧力になる」と指摘。「知事は政府の要請を受け入れて埋め立て申請を承認し、辞任するのではないかとのうわさが流れている」と警戒する。

 今年3月には辺野古沖に漁業権を持つ名護漁業協同組合(古波蔵広組合長)が臨時総会を開き、賛成多数で埋め立てに同意した。関係者によると、組合長から「政府の漁業補償は組合員1人約2000万円」と伝えられただけで、詳しい条件の説明はなかった。投票結果は賛成88票、反対2票だった。

 反対票を投じた辺野古の若い組合員は、その気持ちを「移設そのものに反対ではない。一時金だけでは、これからの人生や地域の将来像が描けない。育てる漁業など将来性のある補償プロジェクトを検討すべきだ」と訴える。

 「一時金」での解決は政府の常とう手段だ。防衛省沖縄防衛局は、埋め立て反対が盛り上がった6年前から、環境アセスメント関連の調査船を同漁協に委託。約100人の組合員全員に、1隻5万円で月平均2回、計10万円を支払った。「漁業補償約2000万円」はその約17年分相当。「カネで黙らせる手段」(同組合関係者)だ。

 この問題に揺れ続けた17年、基地依存だけが深まった。福島の現実が脳裏をよぎる。辺野古に出口を作らなければならない。【浦松丈二】
--------------------------------------------------------------------------------

 今年のしめくくりはこれ。

 うちでは毎日新聞と京都新聞をとっている。全国ニュースは毎日新聞で読みたいし、地元ニュースは京都新聞で。
 ところが、ヨメさんは2紙をとるなんてもったいないと言う。私はほとんど物を買っていないし、せめて新聞くらいはしっかり読みたいと思っている。

 昨日のもちつきのとき、「私は新聞とってへんし、だれが京都府知事選候補か知らんわ」という子がいてビックリした。「若い人はそういう人が多いと思うで」とも言っていた。
 
 おー、うちの一族にそんな者がいるとは。何がなくとも新聞やろと私は思う。
 ちなみに、京都府知事候補は尾崎望氏(京都民医連会長、小児科医)。4年前に続き2回連続お医者さんです。私が前回門祐輔候補の応援演説に行って、もうすぐ4年ですか。感慨深い。

 今日紹介した辺野古の特集記事も秀逸。
 辺野古漁業組合が88対2で埋め立てに賛成したのがどうも理解できなかった。「漁業補償約2000万円」で「カネで黙らされる手段」。そうやったんですか。やっと分かりました。
 これは毎日新聞をとっていなかったら分からなかった。何とかこれからも2紙を取り続けたいなあ。なんとかならんかなあ。

 この記事は12月18日なので、その後情勢がだいぶ変わった。仲井真知事が埋め立てを承認し、保守系候補は一本化。
 久志20kmロードレースをいっしょに走った稲嶺進市長、なんとかがんばってくださいね。

-------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 昨日の夜、自分で足をもみ、サロンパスをはって寝た。どっちが効いたのか分からないが、今日は痛みがましになっていた。

 さあ、レース前日の調整。
 まずはゆっくり5km。27分10秒。
 1kmジョグをはさみ、1000mタイムトライアル。走り出したら体がすごく軽い。腕もしっかりふれていい感じ。これはいいタイムが出たぞと思って時計を見ると3分46秒。

 「なーんや、3日前より3秒も遅い。」
 夜は実際の速さより速く感じるんですよね。

 このあと2kmダウンジョグをして、合計9km。

 明日はいよいよ「亀岡元旦ロードレース」。40分間しっかり腕をふり続けることを意識して、最後まであきらめない。1年の初めとして恥ずかしくないレースにしよう。

--------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年も1年、いっぱい楽しませてくれたなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こまめちゃんにスタイルでは負けるけど、顔は勝ってるかも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 背中にみかんをのせられても、まったく動じないこの落ち着きぶりを見よ!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年12月30日(月)

「こまめ」〜シリーズご近所犬19〜 [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃんかと思ったわー。」

 もちつきの途中、廉と真樹が連れてきたワンちゃん。
 きくそっくりやけど、えらいスマート。
 それは、私のいなかに住んでいる甥・拓郎君のところのワンちゃんだった。

 「こまめ・メス・1さい」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年の11月22日生まれ。
 この日は「いいふうふの日」でもあるが、「ワンワンニャンニャンの日」だそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 花背別所町からさらに10数キロ奥にはいった久多の知り合いにもらったそうだ。久多にお父さん犬もお母さん犬もいる、由緒正しき雑種犬です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくの若いときにそっくり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すごく人懐っこく、みんな大好き。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 それに、すごいジャンプ力。
 うまく撮れなかったが、最高は廉の頭までジャンプしていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ジャンプのあとはお腹見せ。
 これがサービスセットになっています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 抱っこさせてもらって、「10kgくらいやろ」と言ったらピッタリ当たっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みんなが好きで好きで好きで・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのいい性格とスマートな体型、いつまでも!

 また、いっしょにあそぼうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

もちつき2013 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「上から撮ったらダメ! ザビエルがもちつきしてるみたい見えるし・・・。」
 
 廉が何枚も撮ってくれた中ではこれが、ベストショットかな。
 私の写真はアングルがむずかしいんです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 もちつきの日は走れないだろうと思っていたが、3時のバスで帰ってきたので走る時間が取れた。
 5時にスタート。
 昨日のタフなコースのせいで左足のつま先が痛い。走り始めはがひどく、どうなるこっちゃらという感じだった。しかし、ある程度走り込むとちょっとましになった。
 ゆっくり7km、43分58秒。
 ゴールしたらまた痛みが増してきた。1km歩いたり走ったりでダウン。この痛みは嫌な痛み。
 ああ赤信号!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年12月29日(日)

第32回あのつ越年マラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「廉、3位まで入賞の4位やったわ。惜しいやろ。」
 「それよりなに? 40分32秒てー。これではみずぽんと勝負にならんで。みずぽんは最低でも確実に40分は切るってゆってたでー。」
 「いやいや、まだ元旦まで3日あるし。40分切って、みずぽんに勝つぞー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝7時、自宅出発。
 自宅付近は雪がうっすら。

 10kmは9時30分スタートなので、これくらいに家を出ているようだとアップする時間があまり取れないかもしれない。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雪の「大文字」もきれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8時45分、会場である津市河芸町へ。
 新名神のおかげでこんなに早くつくことができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 気温は3℃。
 しかし日向は暖かく、アップをしていると汗をかいた。長そでTシャツで走ろうと思っていたが予定変更。風もないので半そでで十分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時から開会式。
 この大会は、三重走友会が主催。クラブ主催のこじんまりした大会だが、年末のこの時期の大会はめずらしいので参加者がけっこう多い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2年前は、ここの10kmが42分01秒だった。
 あのころよりはレベルアップしているはずなので、しっかり走りたい。

 距離標示がないのが分かっていたので、私のあてにならないGPS腕時計を用意。ところが、何分たってもGPSを受信しない。
 スタートで横にいた方が、ガーミンのいっちゃんええやつをつけておられた。
 「ガーミンはすぐ受信するんですよね。」
 「ええ、早いですよ。」
 とか言っているうちにスタート。GPS受信は間に合わず。
 「ただの重たい腕時計になってしもたがなー。」

 スタートからしばらくすると長い上り坂。最近上りがうまく走れるようになった気がする。続いて長い下り。ここで気づいた。最近下りが精彩を欠いているのは、下りの左足の着地で「ズキッ!」と来るからだ。でも今さらそんなこと言ってられん。痛みに耐えながらも前に出て行き、下りではだいぶ前のランナーを抜いた。

 2kmあたりで折り返し。50歳以上の青ゼッケンを数えると、私は4番目。しかし、背中に「11」と書いてある3番目のランナーとはそんなに離れていない。
 「追えー!」
 このあとも細かいアップダウンが続く。前のランナーとは少し縮まったり離れたり。しかし、後半の平坦なところで徐々に差が広がってしまった。
 後半は何人かのランナーと抜きつ抜かれつ。そのおかげで最後まで気を抜かずに走りきれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールタイムは40分32秒。だいたい予想どうりかな。
 ただ、私の直後にゴールされた「ガーミン」ランナーに計測距離をお聞きすると「9.85kmです。」
 うーん、ということは私の実際の10kmは41分ちょっとになる。これではあかんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただ、「上がらない左足を腕のふりでカバー」という走りが意識してできた。最後の方はかなり速いピッチ走法になっていたかも。40分間集中力を切らさず走れたのも収穫だ。
 もうここまで来たら、あとは精神力の問題かな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2013年12月28日(土)

アナログ年賀状 [雑用]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 やっと今ごろ年賀状作り。

 毎年恒例、1年間撮り続けた家族の写真をピックアップ。1年分の写真を見るだけでもかなり時間がかかった。その中から厳選(?)50枚ほどを選び、プリントアウトしたものをカラーコピーする。そしてその中からさらに厳選して、はさみとカッターで適当な大きさに切り抜く。それをのりでペタペタと・・・。
 はさみ、カッター、のり、ものさし、マジックに500円玉。

 「なにー、なんで500円玉がいるん?」
 「これはね、写真を丸く切り抜くときに使うんです。」

 あほでしょ。なんぼ時間かけとるんじゃい!
 ヒマ人ならではの仕事運びですなあ・・・。

 ほぼ出来上がった年賀状の画像も、デジカメのぼかし機能を使えばいいのにビニールをかぶせる徹底ぶり。

 「デジタルは0と1で全部表すてかー。じゃかましいわい。わしゃ、0でも1でもないんじゃー。はさみチョキチョキ、のりペタペタおっさんじゃー。」

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 昼前に練習。
 5+1+1000タイムトライアル+1で、合計8km。
 5kmは25分31秒。
 1000mタイムトライアルは3分43秒。
 思っていたより動きがよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

--------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

 雪がちらつく中のお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「さぶっ!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2013年12月27日(金)

第48回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)

 「師走」とはよく言ったもんで、毎日が休日みたいな生活を送っている私でも時間がない。原則毎月最終水曜日に行っている「勝手に国労応援ラン」だが、今月は「アンパンマンミュージアム」に行ってJR沿線を走れなかった。(今から思えば、JR神戸駅のいくつか手前の駅で降りて走るという手もあったなあ。)
 先月の続きというとJR奈良線の城陽駅から。しかし、そんなところまで行ってられない。

 「どうしょかねえ・・・。」

 そうそう、私のバイト先はJR二条駅のすぐそば。いつもその近くのスーパー「ライフ」の駐車場に車を入れている。今日もバイトなので早めに家を出て、JR二条駅をスタートしたら立派な「国労応援ラン」。いいこと思いつくでしょ。何の役にも立たんアイデアって、私よう思いつくんです。

 二条駅から京都駅は4.5kmくらい。10時半にスタートしたので、けっこう真剣に走らないとバイト始まりの11時半に戻れない。

画像(320x240)

 千本通りをまっすぐ南へ。 1.8kmくらいでJR丹波口駅。
 しかし、この時すでに私のGPS腕時計の受信は壊れていた。

 「ペースがつかめんけど、できるだけ飛ばすしかない。」 
 京都中央卸売市場関係の会社や店の横をビューン!

画像(320x240)

 梅小路公園を通って、堀川塩小路の歩道橋。
 誰もおられなかったので、素早く自分撮り。

画像(320x240)

 京都駅前にはちょうど30分で着いた。
 GPSが受信できていなかったが、4.5kmということにしときましょう。
 さあ、帰りに30分かかったら遅刻じゃー。急げー!

画像(320x240)

 「西洞院通り・・・、ああここはきくえおばさん(父の妹)の家がある。行ってみよう。」

 何十年ぶりかに訪れたおばさんの家は・・・、なんと廃品回収業者さんが整理をされているところだった。
 「私、ここのおばさんの甥ですねん。小さいとき、よう遊びに来ましてん。」
 「そうなんですかー。」
 「おばさんたち、老人ホームにおられるんですかねえ。」
 「さあ、私らには分かりません。」

 本願寺のすぐ近くで、法衣店を長年されていた。窓からのぞかせてもらうと、立派なお坊さんが着られるような法衣が散乱していた。
 ずーっとずーっと気になっていた。おばさんたち夫婦は、もうだいぶ前からここを出られていたようだ。
 京都らしい「うなぎの寝床」は、この先どうなるんでしょう。

 この先は急いでいたので、信号にかかるたんびに進行方向を変え、今まで通ったことのない通りをいっぱい走った。これはおもろい。
 「京都マラソン」に12000円も出すくらいなら、「京の碁盤の目」を自由自在に走ってみるほうがずっと値打ちがある。タダで、京都らしいところがいっぱい見られますよ。

画像(320x240)

 二条城の南側を通り、バイト先の寮へ。
 11時27分到着。ぎりぎりセーフ!
 「ハーハーハー・・・。」
 着替える時間もないので、ジャージのままで。
 今日は、約9km57分でした。


※さて、本家・元国労中野勇人さん情報。

 特に連絡を取り合っているわけではないので、ブログとツイッターからの情報。しかし、これがまたプッツリと・・・。ブログ「国鉄闘争」は8月31日から、ツイッター「hasiluotoko」も11月17日で途絶えていた。
 今日久しぶりに覗いてみると、ブログはそのまま。しかしツイッターは12月24日に更新されていた。忙しいんでしょうけど、もうちょいがんばらなあかんね。自分の信念を多くの人に理解してもらうには、ブログやツイッターは大きな力になるはず。

 「1か月以上もつぶやけずに沈んどったんかい!」って、つっこまれるでー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年12月26日(木)

アンパンマンミュージアム神戸 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「12月25日午後4時、JR神戸駅前集合!」

 真樹は沖縄から関空を経てバスとJRで。
 廉はカノジョさんのお姉さんの所から電車で。
 私ら夫婦は京都から地下鉄とJRで。

 すぐ近くの廉がだいぶ早く一番乗り。
 真樹も渋滞が少しあったらしいが4時すぎに到着。
 私らも4時くらい到着予定だったが、JR線路に何か不具合があったらしく20分遅れて到着。廉と真樹はうまく合流できて、二人で「アンパンマンミュージアム」へ。その二人を追って私たちも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「アンパンマンミュージアム」は、本当に小さな子ども向けの施設なので大人には物足りない面もあった。
 私は大人も乗れる乗り物とかがあるものと勝手に思い込んでいたので、それがなくて残念だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただし有料の「ミュージアム」より、無料の「モール」のほうが充実している。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「パン工場」は見ているだけでも楽しい。
 ヨメさんは、「バイキンマン」パンを1個だけ買った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 アンパンマングッズのショップにも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 サイフが服のボタンに引っ掛かり、廉に救助してもらっているヨメさん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 観覧車にも乗りたかったけど、すごい行列で断念。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 神戸ポートタワーをバックに。
 廉は、このあたりの撮影ポイントにくわしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんも1枚。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 観覧車前でも1枚。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあたりは、神戸ハーバーランドの「umie」というらしい。
 神戸らしいおしゃれなお店がいっぱい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹は、安いけれどすごくかわいい腕時計を買っていた。

画像(320x240)

 レストラン街はかなり混んでいた。
 いろいろ見て回ったが、台湾料理のお店に決定。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんはお腹ポンポンになるまで食べるつもりだったみたいで、ちょっと物足りなかったようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お店の入口に置かれていた台湾の大黒さん?

 「金玉満堂やてー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 食べ終わったあと、少しだけお買いもの。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ボーナスのうち5000円はますみちゃんの服買うのにとってあんのに、はよ買わんとなくなってしまうでー。」

 けっきょく、それはヨメさん、真樹、廉の3人が1900円ずつ使うことになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JR神戸駅までの道はもう人も少なくで、写真撮り放題。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹を撮ろうとしたら、もれなくかあちゃんがついてきますにゃわ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 まわりの夜景もすごくきれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 神戸にくわしい廉のおかげで、家族みんなで楽しい時間を過ごすことができた。
 廉、ありがとね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JR神戸駅から京都駅までちょうど1時間。
 帰りの電車では、初めて4人がけの席に家族で座った。

 「ええなあ、ええなあ」と、ヨメさんが何度も言っていた。
 お酒も飲んでないのに、しあわせに酔っぱらっていた。

※順番逆ですけど、この続きが前日の記事「きくちゃん知らんぷり」です。

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日もお昼前からバイト。

 朝9時すぎから、鴨川10km走。
 せっかく500mごとの距離標があるので、北大路橋を起点にして、下流5km+上流5kmを走ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 下流2.5kmは、荒神橋の200mほど手前。10分44秒。
 北大路橋に戻って5km、22分10秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上流2.5kmは西賀茂橋手前200mほど。
 7.5km、33分58秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール北大路橋で10km、44分58秒。(後半5kmは22分48秒。)

 まだ体が目覚めておらず、アップなしで走り出したのでしんどかった。それでも、最後の1kmは4分09秒まで持ってこれた。いい感じで終われたので良し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「亀岡元旦」まで1週間を切った。
 今の状態だと、10km40分切りどころか去年の41分43秒切りさえ危うい。
 でもがんばる。思いつくことは全部やってみよう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

父の誕生日会

父の誕生日会

第24回京都市小学生大文字駅伝

第24回京都市小学生大文字駅伝

第284回武庫川ロード記録会

第284回武庫川ロード記録会

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.