パオパオだより

2010年03月20日(土)

京都府知事候補・門さんへの応援演説 [平和]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「○山さん、泣いてはるよ。」

 私の応援演説が終わり街宣カーから降りてきた時、そう9ちゃんに言われた。その後ろには、目を真っ赤にはらした○山さんが立っておられた。

 よかった。この応援演説を引き受けてよかった。私のつたない演説で、こんなに号泣してくださる方がおられるなんて・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ランナーズ9の会」の掲示板管理人・○山さん(尼崎の酔うたろう君)を号泣させた応援演説は以下の通り。 

画像(240x320)

 みなさーん、こんにちはー。
 「ランナーズ9の会」の藤井廣司です。

 えー、私はこんな場に出るのは初めてでして、途中でつまったり泣き出してしまったりするかもしれません。そんな時は、大きな声で「泣くなー!」とヤジってください。お願いします。

 今、「ランナーズ9の会です」と大きな顔をして出てきましたが、実は入会さてもらってまだ丸1年です。

 この「ランナーズ9の会」は、大江健三郎さんたちの「9条の会」のアピールに賛同し、2005年3月30日、ランニングを愛し、真に平和を希求する仲間によって設立されました。

 この会は、入会金・年会費もなく、会の規約もありませんが、ただ一つ「憲法9条を守ろう」という精神でみんながつながっています。
 現在、海外4ヶ国を含め、424名の仲間がいます。

 そんな私が、なぜ今ここにいるかと申しますと・・・。

 私は、今までずっと「民主府政の会」の候補に投票してきました。しかし、今日のように表だって応援活動をしたことはありません。そういう意味では、今日の応援メンバーの中では異色と言えるでしょう。

 私が、今回、ぜひとも門さんを応援したいと思ったのは、一番には平和憲法を守ってくださる方だったからです。

 門さんは、反核医師の会の世話人をつとめ、「九条の会アピールを支持する京都医療人の会」の世話人もしておられます。

 また、門さんのホームページのトップには、「ひと・いのちが大切にされる京都府政をつくりたい」と書いてあります。

 それは、どんなことがあろうと絶対に戦争をしない、平和を守るという憲法9条の精神そのものにもつながる考えであると思います。

 次に、門さんを応援したいと思った二番目の理由は、門さんが100kmウルトラマラソンを完走しておられるランナーであることです。

 100kmウルトラマラソンは、10時間以上かけてゴールをめざすレースです。
 その間には、いろいろな物を見ることができ、いろいろなことを考える時間もたっぷりあります。

 実は、門さんが完走された「丹後100kmウルトラマラソン」を、私は第1回から去年の第9回まで9年連続時間オーバーで完走できていません。
 しかし、トップランナーが見落としているいろいろなものを、私は私なりにしっかり見て走っているつもりです。

 人はそれぞれ走る速さがちがうように、それぞれ生きる速さがちがってもいい。
 速い者、強い者だけが賞賛され、ずるがしこく立ち回る者だけが生き残れる社会はまっぴらです。
 ゆっくり走る人、ゆっくり生きている人もみんなでいっしょに楽しめる社会こそ平和なよい世の中ではないでしょうか。

 門さんは医療のスペシャリストですが、それだけでなく、マラソンを通じて、きっとさまざまな人のさまざまな走り方、生き方も理解してくださっている方であると思います。


 私事ではありますが・・・。

 私は、今から24年前、京都市の小中学校への「日の丸・君が代」の強制にいや気がさして、その5年後に小学校教師をやめました。

 当時の校長先生方は、「教え子を再び戦場に送らない」という意気込みで教師になられたはずなのに、その時はだれ一人、自分の信念を貫きとおした方はおられませんでした。
 私は、信頼していた校長先生方がロボット化してしまったその恐怖から逃げ出してしまいました。

 今日は、私の最後の教え子の一人もここに聞きに来てくれています。

 私はそれから19年間、ほとんど何も考えず、ほとんど何もせず生きてきたと言ってもいい人間です。

 しかし、去年の12月、ある人と出会い自分の考えを変えました。
 それは、23年前の国鉄民営化の時に、わけも分からぬまま不当にクビにされた国労の中野勇人さんという方です。

 彼は、もう世間から忘れ去られようとしている問題を何とか切り開こうと、自分の得意なマラソンを通してアピールしようと考えました。
 そして、去年の11月から12月にかけて、「国会前54日間連続フルマラソン」を決行され、見事完走されました。

 私は、そのうちの1日だけいっしょに走らせてもらったのですが、終盤、私が疲れて笑顔がなくなりそうになった時、
 「藤井さん、なんとか手と足を動かしていれば、少しずつでも前に進むし、ゴールにもたどりつけますよ」
 と励ましてくださいました。

 その時思ったのは、「何もしないより、少しずつでも手と足を動かそう。自分は走ることならできる。走ることによって、誰かを励ましたり力付けたりできたら、こんなうれしいことはない。あきらめずに、自分の信念を貫こう。そうすれば、道も開けるかもしれない」ということです。
 そんな気持ちで、今日もこうしてこの場に駆けつけました。


 門さん。

 憲法9条を守り、平和を守り、ひと・いのちが大切にされる世の中にするために、どうか私たちといっしょに走り続けてください。

 最後まで絶対にあきらめないで、なんとか手と足を動かしましょう。そうすれば少しずつでも前に進むし、笑顔のゴールにもたどりつけますよ。

 私たちの「ランナーズ9の会」にも、ぜひ入会してください。今日は、入会申込書も持って来ました。

 このあとも、私たちの仲間が必ず応援に駆けつけます。

 みんなといっしよに、笑顔で走りましょう!

 以上です。
 どうもありがとうございました。

(注)もうちょっと書きたいことがあるんですが、もう眠たくてしょうがない。また、書き足します。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=789

コメント

 パソコバさん、お久しぶりです。

 生パオパオが見られるなんて、なんとラッキーな・・・(いや、アンラッキーかも・・・)。
 私が出没するのは、マラソン大会会場、映画館、古本屋くらいです。まさか、知事選立候補予定者の応援演説なんて・・・。
 「あれはいったい誰?」と言われてもしょうがないです。

 また、思いもかけないところに出没するかもしれませんので、お楽しみに! 

パオパオ 2010年03月21日 21時15分 [削除]

土曜日に偶然「ビブレ」に子供たちと遊びに行ってました。

そこで、正面で門さんの演説をされていたので、
赤坂先生が来られていないかと思い見に行ってみると
ナント、パオパオさんのお姿が!!

生のパオパオさんをお見かけしたので感動しました(笑)

応援演説もされていたのですね!

門さんの応援団のすごさにびっくりしました。

ぜひ、素敵な京都を変えて欲しいですね!

パソコバ 2010年03月21日 19時08分 [削除]

 ウルトラマン8アスナロさん、コメントありがとうございます。
 昨日も、「マラソンランナーの門さんをよろしくお願いしまーす」と言いながら走りました。この言葉だと、スッと出てきて違和感がありませんでした。

 3月27日の「門さんといっしょに走ろう」企画ですが、詳しいことが分かり次第、またブログに書く予定ですのでよろしくお願いします。

パオパオ 2010年03月21日 11時41分 [削除]

ご苦労様でした 私ウルトラマン8アスナロは.3月19日京都駅から賀茂川を通り鞍馬まで  3月20日京都駅南の大石橋から9条通を桂川まで帰りは8条通を緑地公園まで  ランナ−ズ9の会のランニングシャツを着て1人マラニックをして演説をしている人達を励ます活動をしていますパオパオさん頑張って下さい門さんを応援しましょう 3月27日午前中なら参加出来ますよ ちなみに3月23日24日も1人マラニックの予定です ランナ−ズ9の会のュニホ−ムで走り回りますよ

2010年03月21日 03時07分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「門ラン」未公開写真

「門ラン」未公開写真

きくとの対話・京都インカレ編

きくとの対話・京都インカレ編

第24回全日本びわ湖クロスカントリー

第24回全日本びわ湖クロスカントリー

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.