パオパオだより

2009年01月09日(金)

一歩前進○歩後退 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このごろずっと、このブログも娘の真樹のことばかり。
 それはそれで仕方ないか。

 昨日は、ヨメさんが真樹を喜ばせようとして、仕事の合間をぬって服を買いに行った。そこから帰ってきたのは7時半ごろ。昨日は、廉の家庭教師の先生が7時半に来られる日だった。
 私が家に帰ったのが7時15分ころ。その時、廉がブツブツ言いながらごはんをかけ込んでいた。

 ヨメさんは前の日に廉から聞いていたのに、家庭教師のことはすっかり忘れてしまっていた。
 廉はたいていのことに文句を言わない。ただ、ごはんがおいしくなかったり、食べる時間が極端に遅くなったりするとショボンとしてしまう。
 昨日もガックリきていた。
 先生が帰られたあと、ヨメさんが気を使って、「○○食べる?」「○○は、どう?」と何回も聞いていたが、ちょっとすねているようだった。
 
 「そんなに、おこんなや。」
 かあちゃんはかあちゃんなりに、真樹の心がほぐれるように必死になってはんにゃから。
 おいしいもんは、またいつでも食べられるから、なっ!

 昨日の夜、また、真樹の調子が悪くなってしまった。理由はよく分からないが、なかなか寝ようとしなかったらしい。

 今日の朝どうなるか心配だったが、自分でちゃんと起きてきた。ただ、すごくしんどそう。
 「おなかが痛い・・・。」

 「また、送ったるから・・・。」
 その言葉にも反応せず、「(今日は無理かも・・・)」という思いが胸をよぎった。

 困ったときのきく頼み!
 「きくちゃん、今日は真樹といっしょに行こか。」

 きくは、散歩とかんちがいし、大喜び。
 「真樹、ほら、きくちゃん、こんなに喜んではんで。はよ、行こ。」

 全然反応なし。
 仕方ないので、私ときくは車に乗り、そこで待つ。

 およそ3分後、真樹が玄関から出てきた。(よかった!)
 今日は、チャレンジ(職業体験)2日目。今日は、動物病院でどんなワンちゃんねこちゃんに会えるかな。
 
 幡枝の「ライト・オン」前。
 バックミラーに、Aさんの姿
 「真樹、Aさん、来やはったわ。」

 真樹は車のドアをあけ、何も言わず降りようとした。
 そこで、きくが心配そうに真樹を見る。
 真樹はそれに気づき、きくの頭をなでてから車を降りた。

 私は、もう、これで十分。
 真樹が、自分を見ているきくに気がつき頭をなでただけで・・・。

 一歩前進一歩後退?
 一歩前進半歩後退?

 いやいや、今の真樹の状態はちょうどその中間くらいです。
 一歩前進四分の三後退。(いっぽぜんしんスリークォーターこうたい?)

 あわてんでもいいって。ゆっくりで。

 よんなぁよんなぁ・・・(沖縄のゆっくりゆっくり)。
 じょんのびじょんのび・・・(新潟のゆったりのんびり)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=339

コメント

 メイママさん、たいへんな時なのにすいません。
 真樹は、本調子にはほど遠いですが、前よりちょっとだけ明るくなったような気がします。まさに、一歩前進スリークォーター後退です。
 もう少し真樹の気持ちが落ち着いてきたら、メイママさん初め多くの方が心配してくださったことを話そうと思っています。
 ところで、TENNEN君は元気にしてるのでしょうか?

パオパオ 2009年01月10日 22時50分 [削除]

まきちゃんの事がとても気になりつつ、私の母が急に亡くなってしまい、今私の実家に帰ってきていてパソコンがないので状況がわからずやきもきしていましたが、?からもブログが読めることを思いだし、こうしてよんでいます。まきちゃんがいろんな気持と戦いながら懸命にがんばってる姿が思い浮かび胸がせつなくなりました。動物たちに囲まれて、ほんの少しでもいいから前に進んでくれるといいなと願っています。

メイママ 2009年01月10日 22時36分 [削除]

 M見さん、いつもありがとうございます。
 ドキドキハラハラの毎日が、まだまだ続きそうです。でも、以前よりは娘もよくしゃべるようになりました。ハードル走はたいへんです。
 私の年賀状の「笑う門には福来たる」の部分は、実はおつけもんのパッケージから取ったものです。私は自分でつくりだすのはにがてですが、あっちこっちから引っ張ってくるのは大得意なんです。

パオパオ 2009年01月10日 09時36分 [削除]

年賀!届きました♪
有難うございます。
楽しそうな家族の写真。
写真から、深い家族の絆がにじみ出てます。
大丈夫ですよ。
きっと、氷もとけます。
私が、まだ赤子だったコボンを連れて離婚した時、コボンの孫離れする気ない祖父・・・つまり私の父が言いました。
「愛情さえあれば、子供はグレへん!」
母子家庭の子は非行にはしるという世間の目に負けまいと、愛情を注ぎすぎて、グレはしなかったですが『温室の中の花』
つまり、踏まれたら枯れそうな可憐な花・・・。
花も人間も『育てる』ということは難しいですわ・・・。
でも、自分が愛されている存在だという自信があれば、人間、よい方向に向いていくと信じています。

M見ちゃん 2009年01月10日 00時04分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「あいあいファーム」

「あいあいファーム」

第25回やぶはら高原ハーフマラソン・前日受付

第25回やぶはら高原ハーフマラソン・前日受付

また、こたろう写真集

また、こたろう写真集

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.