パオパオだより

2011年11月30日(水)

第23回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走っていていいことは、物事をじっくりと考えられること。 
 だから、音楽を聞きながら走っている人を見ると「なんてもったいない」と思ってしまう。

 「どうしようか知らん、勝手に国労応援ラン」からはや1ヶ月。
 11月の初めに、国労闘争団・中野勇人さんからていねいなお手紙をいただいた。

 私が山下けいきさんのブログを見て中野さんの「国会前54日間連続フルマラソン」に参加し、その私のブログを見て私の友人吉川さんが参加してくれたように、その運動が少しでも広がればいいと思い応援してきた。
 中野さんには中野さんの考えがあるので、私のような部外者が口を挟む余地はない。応援はしにくくはなったが、それでも1日4000アクセス以上あるこのブログを使って、今後の中野さんを少しでも応援できればいいと思っている。

 もうボロボロのアピールゼッケンをつけて走るのはやめた。その代わりというか、せめて「ランナーズ9の会」のユニフォームで。

 どこを走るかで悩んだが、私の心が一番落ち着く「江文峠越え」(市原→静原→大原往復)にした。このコースはお勧めですよ。
 家を10時45分に出発。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 市原のケーキ屋「ZIZI」さんだったところはTシャツプリントのお店になっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時57分、市原橋。
 ここで2kmくらい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 11時06分、鬼谷橋。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時11分、西陣織ネクタイ協同組合前。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時18分、静原。
 「ほっととする里 静原」、そのとーり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 静原橋の下に見えた柿の木。
 なんで取らへんのかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時26分、静原小学校前。
 ここからきつい坂が始まる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時35分、江文峠。
 ここで7.5kmくらい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時45分、大原山荘前(大原野村町)。
 ここでスタートして1時間なので、引き返すことにした。家から9.5kmくらい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時57分、ふたたび江文峠。
 ここから家までずっと下り。これは楽。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 確かにほっとしますね、静原の里。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小学校を通り過ぎ、コスモス畑の前あたりで小学生と先生に遭遇。
 「こんにちはー。」
 「がんばってください。」
 子どもと少しでも関わると、また力が湧いてくる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この像は観音さん?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時21分、ふたたび鬼谷橋。
 きれいな花が咲いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時30分、市原農協前。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いなかに住んでいたころは、よくこの農協で買い物したっけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時39分、叡電・二軒茶屋駅前。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時42分、やっと我が家。
 スタートより1時間57分、約19km。いい練習になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日久しぶりに、勝手に国労を応援しておられる方のブログをのぞいてみた。

 そうか、あの人は福島の人やったんや。
 リンクフリーということなので、ここで紹介させていただきます。
 こうして少しでもかすった人の思いについて、いろいろと考えることも大事だと思います。

 罪団法人 汽車旅と温泉を愛する会 (旧・人生チャレンジ20000km)  

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=1460

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

64はすでに死んでいる

64はすでに死んでいる

アガラサー

アガラサー

「子どもは見ていた」

「子どもは見ていた」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.