パオパオだより

2008年06月05日(木)

「サラエボの花」 [映画]

 今週末より、京都シネマ(四条烏丸)で シリーズ「戦争と女性」VOL.1が上映される。

 「さよなら。いつかわかること」 2007・アメリカ
 「Womem in Strugglー目線ー」 2004・パレスチナ
 「ひめゆり」 2006・日本
 「ナメムの家」 1995・韓国

 この中で「ひめゆり」は今年1月に見たばかりなので、残りの3本をぜひ見たい。 
 今週末からは、世間で話題になった「靖国 YASUKUNI」も上映される。しかし、私はこの映画にはさほど興味はない。
 一昨年8月15日、私は、時の首相小泉氏が参拝された後の靖国神社を見学する機会があった。短時間ではあるが、その異様な空気はしっかり見てきたつもりだ。
 みなさんにも、実際に8月15日に靖国を見てこられることをおすすめします。

画像(130x185)

 実は、今年に入ってから見た映画で、このブログに感想が書けていない映画が1本だけある。
 それは、「サラエボの花」。
 1月16日、京都シネマで、「ひめゆり」をヨメさんといっしょに見た。 その後お昼ごはんを食べ、ヨメさんは「2本見るのはしんどい。」と言って帰ってしまった。そのあと私一人で見たのが、この「サラエボの花」である。

 「京都シネマ通信」での紹介は、以下の通り。

 シングルマザーであるエスマは、12歳になる娘サラと2人暮らし。多感な時期を迎え、自身の父のことを知りたいというサラの強い願いに、娘への愛ゆえにひた隠しにしていた壮絶な過去を明らかにするエスマ。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ・グルヴァヴィッツァ地区は、十余年前に起こったボスニア紛争により、歴史上類をみない民間人へのレイプと言う悲惨な事件が起こった街。当時10代だったボスニア出身のジェバニッチ監督は、強くそしてつつましく生きる家族の愛と再生を丁寧に描いている。サッカー前日本代表監督イビチャ・オシム氏の母国でもあり、彼もこの作品に熱いメッセージを寄せている。

画像(320x216)・拡大画像(500x338)

 まず私は、「旧ユーゴスラビアはどこか?」、から始まる。 (イタリアの海を挟んだ東? ギリシャの北? ブルガリアの西?)
 1984年冬季オリンピックが開催された都市なのに、日本人にはほとんどなじみがない。(84年は、若き黒岩彰、橋本聖子が初代表。スピードスケート男子500の北沢が日本唯一のメダル。)
 1992年から95年まで続いたボスニア内戦では、死者20万人、難民・避難民が200万人発生。(内戦前の人口は、430万人。) オリンピックのメインスタジアムであったところは破壊され、現在は内戦で亡くなった人々の墓地になっているらしい。

 わずか10数年前のヨーロッパで、戦争に名を借りた集団レイプが行われていたとは。なんということだ。
 うちの二人の子は、91年生まれと94年生まれ。この映画の「サラ」と同世代である。そう思って見ていたら、つらくなった。
 ちょっとテーマが重すぎて、コメントがむずかしい。だから、ブログに書けなかった。こんな私たちにもできること、それは厳しい現実から目をそらさず、少しでも知ろうと努力することだ。
 
 そして、ただ一つだけ確実に言えること。
 「これが戦争だ。」

 「加害者」側であるセルビア人女優ミリャナ・カラノビッチ、奥深い表情がすごい。彼女に出演依頼した女性監督ヤスミラ・ジュバニッチ(32)、脱帽です。

 シリーズ「戦争と女性」、見に行くぞー!

画像(180x120)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=116

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

絵しりとり

絵しりとり

夜泣峠崖崩れラン

夜泣峠崖崩れラン

第35回京都鴨川ゆっくりラン

第35回京都鴨川ゆっくりラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.