パオパオだより

2008年09月02日(火)

「ゆば泉」 [グルメ情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

あったかいゆば

 久しぶりに家族4人そろっての外食。

 うちの家族が店を選ぶ条件。
 ?料理が出てくるのが早い。
 ?騒がしくない。タバコくさくない。
 ?量より味。
 
 この条件を満たす店は案外少ない。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ヨメさんはてんぷら

 近い所ということで、最初、地下鉄「国際会館前駅」横の「じゅんさい」へ。しかし、駐車場がいっぱいで断念。
 「そうや、『ゆば泉』どう?」
 宝ヶ池通りを東に行った北側。
 だいぶ前、ヨメさんとお昼食べに行ったらおいしかった。廉も真樹もゆば好きやし、ええんちゃうん。確か、夜も3000円くらいのコースあったし。
 「いっぱいじゃなかったら、入ろっか。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私たち3人はステーキ

 店に着くと、駐車場ガラガラ。
 「よっしゃ、入ろ。」
 店に入ると、うちの貸切り。
 メニューを見ると、Aコース2100円、Bコース2940円、Cコース5250円。3000円くらいを予定していたので、Bコースにしようと思ったが、みんなの意見でAコースに。
 すばやく次々と出てくるゆば料理。子どもたちも、うれしそうに食べていた。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

絶品! ゆばごはん

 「よかったなあ、ひさびさのヒットやね。」
 最近ハズレが多かったもんなあ。なかなか料理の出てこーへん店やったり、騒がしかったりタバコスパスパおじさんが横にいたり、も一つの味やったり・・・。

 その点、「ゆば泉」は満点。
 ゆばスープから始まるコースは言うことなし。
 貸切り状態だったので、静か。落ち着いて食べることができた。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

抹茶アイスとマンゴープリン

 家では食べられそうもない変わったものが、次々と出てきた。
 外食が好きじゃない真樹も、満足していたようだ。出てくる料理をすべて食べていた。
 最後のデザートも、真樹のにが手な抹茶アイスとマンゴープリンだったが、ペロッと食べた。どうなってんの?

 4人そろって話をしながら、ゆっくり食べられるのはいいね。

 量は少なめだったが、味はよろしい。これで2100円は安い。本当にひさびさのヒットでした。また、行きたい!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年09月01日(月)

廉、9か月ぶりのレース [家族]

 廉が、兵庫神鍋マラソンの5kmレースに出た。

 中学卒業までは、うちの出張販売には必ずついてこさせ、店の仕事を手伝わせていた。そして、たいていレースにも出させていた。
 マラソン大会の出張販売は朝早いことが多く、ろくに朝ごはんも食べささず走らせたこともあった。「かわいそう。」と思われるかもしれない。でもレースに出ることも、「京都キャロット」の大事な仕事なのだ。
 「家族みんな、走ってます。」というのが、京都キャロットの売りですから。

 廉は高校に入り、陸上部ではなくサッカー部に入った。中学が極小規模だったので、一度思いっきり団体競技をしたかったらしい。それはそれでよく分かる。応援したい。
 でも小さい時からずっと続けてきたマラソンを、スパッとやめてしまうのももったいない。去年はけっきょく、11月に一回ハーフのレースに出ただけだった。

 高2になった今年も、レースには一度も出ていなかった。でも神鍋に来ることになった時、「レース出る?」と聞いたら、あっさり出ると言ったので楽しみにしていた。

 当日朝食は、民宿「ささや」さんのおにぎり。おいしかった。廉は睡眠たっぷり、お腹にしっかりごはんを入れないと実力が発揮できない。
 6時起きの8時45分スタートは、きついと言えばきつい。でも、臨機応変な廉ならだいじょうぶだろう。廉は、けっこう調整能力はある。

 私のハーフが8時半スタートだったので、廉のレースでの様子はまったく知らない。
 私がハーフのゴールをした時、廉は普通に店の仕事をしていた。
 「どうやった?」
 「まあまあかな。」

 17分38秒。(5km29歳以下の部、19位。)
 まあまあどころか、上出来上出来。18分くらいで走ってくれたらと思っていたので、このタイムはすばらしい。

 マラソンソーティスーパーマジックスリムのはきごこちもよかったらしい。走り終わった時はちょっと足が痛かったらしいが、その後痛みが続くことはないと言っていた。

 2km付近の折り返しで先頭がすぐ目の前に見えていたらしく、「ひょっとしたら、入賞できるかも・・・。」とチラッと思ったとか。いい経験やね。そんなドキドキする場面、なかなかないぞー。

 これで、9月23日のトラック10000mが楽しみになった。私が設定した37分は確実。天候によっては、35分台もねらえるかも。
 そしたら高校陸上部の先生がスカウトに。
 「藤井君、ぜひ君の力を陸上部に貸してほしい。去年最下位に終わった高校駅伝京都府予選を、君の力で引き上げてほしい。」
 なーんてことに、ならへんかなー。

画像(240x320)

 ヨメさんは、ゴール前で携帯のカメラを構えて待っていたのに廉の走る姿を撮れなかったらしい。
 上の写真は、ゴール後の一枚。ヨメさんが携帯で撮ったものです。ヨメさんは、この写真を廉に断らず自分のブログに載せたらしい。あかん! たとえ自分の子でも、ひと言声をかけとかんとね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月31日(日)

第29回兵庫神鍋高原マラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

めっちゃかっこいい八津川陽子さん(大阪・かんくうクラブ)

 「写真、撮らせてもらっていいですか?」
 「(驚いたように) はい、いいですよ。ちょっと疲れた顔ですけど・・・。」

 ハーフ一周目、6km地点付近の峠を上りきろうとする時、きれいな背中を発見。声をかけて返事してもらえそうな人かどうかを確認してから(これは直感です)、声をかけてみた。思ったとおり、OK。よかった。
 
 少し先行し写真を撮ってみたが、走る人を撮るのは難しい。
 「あっ、失敗しました。もう一回。」
 「じゃー、ゆっくり走りましょうか。」
 「すいません。」

 パチり。それがトップの写真です。
 「ゆっくり走りましょうか。」のひと言で、こちらも落ち着いた。かわいい笑顔のいい写真が撮れた。
 ご本人に確認していただき、「ブログに載せていいですか?」
 「はい、どうぞ。」
 お名前も出していいということで、掲載させていただきました。

 ふしぎなもので、この会話の後、急に呼吸が楽になりペースが上がった。残り15kmほどを楽しく走れたのは、このめっちゃかっこよかった八津川さんのおかげです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

マラソンスタッフキャップをかぶり

 さて、話は朝に戻ります。

 「ますみちゃん! 5時54分やわ。」
 「なんで!」
 「なんでて言われても・・・。」
 目覚ましを5時40分に合わせたはずやのに・・・。

 私の腕時計のベルトが切れてしまったため、今、廉の時計を借りている。アラーム設定を失敗したようだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日はドームの屋根が開きます

 廉を起こし、急いで着替え、歯磨き洗顔。「ささや」さんにお願いしておいたおにぎりを受け取り、キャラバンに乗り込んだのがぴったり6時。すごい! わずか6分の早わざ。
 会場の但馬ドームに着いたのが、6時10分ごろ。それでも、全然余裕です。
 普通だと少なくとも受付時間の1時間前に行っておかないと、商売にならない。しかしここは室内。雨の心配なく展示できるので、準備もすばやくできる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

チェリーちゃん

 今日は昨日にくらべれば、ヒマ。
 他の大会だと当然、前日より当日の方がいそがしいのだが、ここは逆。
 兵庫のお客様は目が肥えている。お買い得商品は、前日に行って確保しないとなくなってしまうということもよく知っておられる。
 「今日来やはったお客さんは、何買わはんのかなー。」と、ちょっと心配になった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

チェリーちゃん・その2

 シューズもウェアも、いいサイズから売れていっている。昨日の前日受付の時に、もうそのへんがたくさん売れてしまった。今日は大きい人と小さい人はいいが、中間くらいの人が買えそうなものが少ない。
 でも目が肥えた人が多いから、きっとこんな中からでもいい商品を見つけて買っていかれるにちがいない。

 ハーフスタートが8時半と早い。案の定、朝はヒマだった。みなさんスタート前の準備をしておられるのだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

チェリーちゃん・その3

 人もまばらになったころ、ちっちゃいワンちゃんをだっこしたランナーと、その奥さんが。そのワンちゃん、ちょっと目だれしとるからたぶん年寄りやね。
 「ワンちゃんのお名前は?」
 「チェリーです。」
 「歳は?」
 「13か14やね。」
 うーん、この歳がはっきりしないとこが、好き!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

こたろう・3歳

 ハーフスタート15分前になったので、スタート地点に向かった。
 その時、またもやかわいいワンちゃんに遭遇。引っ張りすぎていて、いい写真が撮れなかった。

 スタート前で、久保井洋次さんにばったり。(久保井さんは、みかた残酷マラソンの実行委員長。6/8のブログ参照。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

久保井裕介君、藤村美香さん、久保井洋次さん

 「藤井さんて、頭いいんや。」 
 「えー。」 (いきなり、なんですか?)
 「頭ようないと、あんだけのブログは書けへんでー。」
 (うーん。確かに私は、ぱっと見はボーとしたオッサンか?)
 「毒嫁シリーズは最高やね。また、書いてくださいよ。」
 (変なファンがおるー。でも、あのシリーズは命がけで書いているということを誰も知らない。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

久保井裕介君

 今日のレースの目標は?
 特別に何もない。強いてあげれば、9月14日の「丹後ウルトラ100」に向けて、気持ちよく走ることくらいか。
 心配なのは、右ヒザと左ふくらはぎ。
 普段は歩くのもたいへんなくらい痛い。右ヒザは去年10月の京都ランナーズ例会で痛めてから。左ふくらはぎは今年7月末の京都ランナーズ合宿に滋賀県野洲まで走って行ってから。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

久保井裕介君・その2

 両方全然ましにならん。当たり前か。毎週毎週練習なしでレースに出てるんやから。
 これがまたふしぎなことに、レース中はほとんど痛みがない。前よりいいタイムで走れたレースもある。どうなっとんじゃー。体から何か麻薬系の液が出てる?
 久保井さんの息子さんとしばらく並走したが、いい顔して走ってる。楽しそうで、よろしい。
 「オヤジはずっと先に行きました。」そんなもん、ほっとけ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

久保井裕介君・その3

 1km地点で、6分50秒。いくらスタートが混雑してたとはいえ、ちょっとかかりすぎか。ここからは上りが続くし、ちょっといやーな気持になりかけた時、かわいいワンちゃん発見!
 ところが私の走っている反対側の歩道。よっぽど横ぎったろかいなと思ったけど、混雑していて無理でした。
 「これは大きな失敗やったなー。悔やまれる。」
 こんなこと考えながら走っているのは、私だけでしょうか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ベストドレッサー賞、決定!

 久保井さんの息子さんともいつの間にか離れてしまい、5km過ぎからの峠越えにさしかかった。このコースで一番しんどいところ。でも、しんどい所こそ下を向かずに走ろう。これは、私のモットーです。
 その視線に飛び込んできたのが、鍛えられたきれいさを醸し出している女性のきれいな背中。やっぱり、下向いてたらあきません。
 みなさん! しっかり前見て走りましょう。きっといいことありますよ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

道の駅前で毎年恒例のうちわで応援

 (ここで、最初の文につながり・・・。)

 峠を越えてから急に楽になり、ペースアップ。下り坂をうまく走り切り、1周目は58分50秒。
 今日は絶対2時間をこえると思っていたのに、これやったら2時間切り行けるんちゃうん。
 それにしても、いつもなら2時間ペースランナーがそばにいるのにおかしいなあ。一回も会ってへん。今年はなくなったんかなあ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ルルちゃん・10歳、美犬です

 ボーとしてたら、ダメ!
 みなさん! しっかり前を向いて走りましょう!
 ゆるい坂道を前を向いて走っていると、1周目に撮りそこねたかわいいワンちゃんが坂を降りてくるではありませんか。やったねー。1時間もレースを見続けていてくれたんやね。
 飼い主さんは、突然斜行し近づいてきた私にちょっとびびっておられたが、「ワンちゃんの写真撮らせてください。」と言うと、いっぺんに顔がほころんだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

久保井裕介君、余裕のゴール前

 もうこれで思い残すことなし。
 スタート時より少し暑くはなったが、快調快調。足って痛かったんやったっけ、と思えるくらい。

 ゴールは、1時間56分37秒。(2周目は、57分47秒。)
 さあ、ゴール前で久保井さんの息子さんとランニングドレスのかっこいい人を撮ろう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ランニングフォームもバッチリ

 2時間4分くらいで、久保井さんの息子さんゴール。いい写真が撮れた。
 そのあと、待てど暮らせどランニングドレスの彼女が来ない。6km過ぎまで私より先行していたくらいの人やから、こんな遅いはずがない。ひょっとしたら私のすぐ後ろでゴールしてはったんかなーと思いかけたころ、来ました来ました。全然疲れた様子もなく、足運びもしっかりと。
 ここで、パチリ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

あーん、しっかり写したかった、残念!

 それに気づいてもらえたようで、こちらに向かって手を振る彼女。
 あかん!
 これは、完璧に動揺してしまった。
 見事な手ぶれ写真。(と言うより、心臓ぶれ写真。)

 まだまだ修行が足りません。
 仙人への道は遠し???

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月30日(土)

第29回兵庫神鍋高原マラソン・前日受付 [ランニング・出張販売]

画像(150x90)

兵庫県立但馬ドーム

 京都キャロットの出張販売の最大の敵は、雨である。どんなにたくさん売れる大会でも、雨になるとだいたい3分の1くらいの売り上げになってしまう。
 ただの雨ならまだしも、時々嵐のようなこともある。出張販売を始めたころは、そんな嵐の中、雨でビチャビチャになっていく商品を前に、呆然とし、半泣きになっていたこともある。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

京都キャロットブース

 そのころに比べれば、最近は雨にもだいぶ対応できるようになった。一番は、無理してたくさん出さないことだ。売り上げより商品を傷めないようにすること。しかし、今でも天気予報を気にしながらの毎日が続いている。
 そういう意味で、但馬ドームが出店場所になる神鍋マラソンは天気の心配無用。一定の売り上げが予定でき、たいへんありがたい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

廉、5kmの受付

 これを見込んで、廉がお手伝いのアルバイト。
 サッカー部は休みがないので本当は来れないのだが、安定した売り上げが見込まれるので毎年この大会には来ている。(うちの手伝いアルバイトは、売り上げ歩合制です。)
 今年は廉もやる気を出し、朝早いスタートにも関わらず、レースに参加することになった。(5km) 9月23日のトラック10000mのいい練習になる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

廉とかあちゃん

 受付時間は午後3時から7時。4時ごろが客さんのピークで、廉がいなかったらどうなっていたんやろうと思うくらいの大混雑だった。
 あとで聞くと、申込者が900人増。およそ20%増で5700人を越えたそうだ。いそがしいはずだ。
 関東のマラソン大会は東京マラソンの影響で軒並み参加者増らしいが、関西ではこんなに増えた大会はめずらしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「ささや」さんの水炊き、いいダシでした

 近辺の大会で神鍋のパンフレットを配りに来られているのが、やっと花開いたのでしょうか。真夏の8月の大会で、5700人はすごい。
 お泊りは、毎年お世話になっている民宿「ささや」さん。ぶたの水炊きだったが、すずしいからおいしくいただけます。
 例年よりよく売れて、眞寿美さんも廉も笑顔。
 廉! 明日の5kmは18分切れよー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月29日(金)

「ちゃむ」〜シリーズご近所犬5〜 [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

 昨日の夕方、超久しぶりにちゃむちゃんに会った。
 京都キャロットの通販事務所前(北区上賀茂東後藤町)を、ゆっくりゆっくり散歩していた。

 もう、16歳4か月だそうだ。
 「ゆっくりやけど、なんとか歩いてます。」
 すごく上品な奥様は、普段、この近くで田や畑の仕事をされている方だ。
 「前にここで飼ってはったワンちゃんは、もうなくならはったんでしたね。」
 「そうなんです。エリちゃんは、いなかにつれてかえってたんですけど、16歳で死んでしまいました。今は、また犬をもらってきて3歳になります。」と、うちのヨメさん。

 すごくおだやかで上品な飼い主さん。ちゃむちゃんも、おだやかに上品に育ったにちがいない。
 たぶんほとんど何も見えず、何も聞こえない様子だ。人が近寄ると、その気配をこわがっているように見える。
 でも、飼い主さんだけは大好き。

 ゆっくりゆっくり、ながーーーく生きてね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2008年08月28日(木)

古村ショップ [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 岩倉幡枝の「古村ショップ」をご存じでしょうか。
 幡枝のバス通りに面したこじんまりした店です。コンビニというか、何でも屋さんというか・・・。
 いなかの何でも屋さんを知っている人なら、なんとなく分かると思うのですが・・・。

 この店のご主人・古村正昭氏は、知る人ぞ知る名マラソンランナー。
 ぱっと見は、ソウルオリンピックマラソン優勝のボルディン(イタリア)。しかし体型はアベベ(エチオピア)のようにほっそり。。
 私より一回り上ですが、大学時代(40年くらい前)に出したフルマラソンの記録が、かなり長い間京都最高記録として残っていたのです。(確か、2時間21分やったと思う。)
 そして、つい最近まで、母校立命館大学の陸上部監督をされていました。大学女子駅伝では、もう一歩のところで優勝を逃しましたが、その後育てた子たちが大活躍。今や立命館は、大学女子駅伝の常勝校におどりでています。

 昨日うちの店の定休日で、近くで昼ごはんでも食べようと岩倉幡枝方面を歩いていると、古村さんにバッタリ。
 「古村ショップ」におられることはめったにないのに、私を見つけ、「藤井くーん、こんなとこでなにしとんにゃな。」
 けっきょく、そのすぐ近くの「まんまるのきもち」でいっしょにランチ。(ランチは1000円。わりと変わったものが出てきて、おいしいです。)

 いろいろ話をしたが、その中で一番おもしろかったこと。
 「藤井くーん、花背の家は今どうなってんの?」
 「置いたままです。今、空き家です。」
 「もったいないなあ、ええ家やのに。」
 「ボクがヨメさんに離婚されたら、あこしか帰るとこないし、それで置いてありますねん。」
 「そうかー。離婚されるかー。(しみじみ)」

 そんなしみじみ聞かんでも・・・。

 その帰り、「古村ショップ」に寄り果物を買う。
 「ちょっと悪なりかけやし、まけとくわ。」
 調子に乗って、いっぱい買ってしまいました。
 「もうちょっと近くやったら、毎日買い出しに来んにゃけどな。」とヨメさん。

 ここで、このブログの読者のみなさんに問題。
 なぜ、私と古村さんは知り合いなんでしょう?
 マラソンつながり・・・NO!

 実は、牛乳つながりなんです。
 くわしくは後日ということで・・・。 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

沖縄三人旅の思い出ーオープンキャンパスー

沖縄三人旅の思い出ーオープンキャンパスー

素人の精一杯

素人の精一杯

第24回たたらぎダム湖マラソン・続き

第24回たたらぎダム湖マラソン・続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.