パオパオだより

2010年09月29日(水)

第9回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

14時47分

 廉は明日までまだ夏休み。午前中は陸上部の練習があるが、午後はヒマ。
 「ジョーシンに行きたい」と言ったので、「ヒッヒッヒー、パオパオ車に乗せてくれー。」
 「何で?」
 「行きし走っていくし、帰り乗してんかー。」
 「はあ?」

 今日は、24日に予定していた「勝手に国労応援ラン」の延期バージョン。
 この応援ランを始めた当初は、「JRの駅をめざして」というつもりだった。ところが最近は軟弱になってしまって、近所をペラペラと走ってお茶をにごしていた。
 「これではいかん!」
 ということで、今日の目的地は「JR円町駅」。そこに、廉の「ジョーシン行きたい」。ジョーシンは円町のちょっと南の西院。「往復はしんどいなあ」と思っていたので、願ったりかなったり。
 息子が免許取ると、こんなときにも役に立つ。よかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時05分 

 御薗橋まで約3km。18分ということは、キロ6分。ちょっと速すぎるか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時06分

 御薗橋から北をのぞむ。
 10月11日には、「京都鴨川ゆっくりラン」でまたこの河川敷を走る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時10分

 御薗橋通り商店街の歩道にはハイビスカスの花が置いてある。きれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時21分

 今宮神社の「あぶり餅」の横を通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時23分

 紫野高校の正門前を通過し、北大路通りへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時25分

 北大路通りに出たあたりで約6km。およそ38分。
 ここからは、高校駅伝や都道府県対抗女子駅伝にも使われているコース。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時32分

 左大文字も間近に見える。
 ここらあたりは再来年から始まる(らしい)「京都マラソン」のコースにぜひ入れてほしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時38分

 私が原谷に住んでいた高校生時代、ここ平野神社までバイクに乗って屋台のラーメンを食べに来たものだ。ああなつかし、37年前!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時40分

 衣笠小学校前。
 ここは「京都市小学校大文字駅伝」のスタート地点。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時49分

 円町で約9km。1時間2分。だいたいキロ7分ペース。
 西大路通りは南に向かってゆるやかに下っているので、走るのがめちゃくちゃ楽。ここもやっぱり「京都マラソン」のコースに入れてほしいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時52分

 着きましたー、JR円町駅。新しい駅なのできれいです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時52分

 改札口も一応写真に撮って・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時57分

 あとは、西院のジョーシンへ。
 
 途中にそびえ立つ異様な建物。おー、立派過ぎる高校!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

15時59分

 これでもかこれでもかとお金をつぎ込むと、こんな高校が出来上がるんですね。同じ公立なのに、ボロボロの校舎でしんぼうしている高校もあるというのに・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

16時04分

 春日神社の前を通過すると、もう目の前にジョーシン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

16時04分

 家からジョーシンまで約11km。1時間17分。
 ここで廉と合流。

 今日は真昼間、人通りの多いところばかりを走ったので少しはJR不採用問題のアピールができたでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------

 JR不採用問題がどこまで解決しているのか、あるいは解決策が滞っているのか、部外者の私にはよく分かりません。
 以前、国労闘争団の中野勇人さんに「職場に復帰はできそうなんですか」とお聞きした時、「どうなるか分からないがむずかしいようだ」というふうにこたえられた。
 それ以後、進展はあったのだろうか。

 中野さんが出しておられるおたより「南の国から 四国常駐記?6(2004/06/14)」の中に次のような一節がある。

 私も、昔の助役から「Kを抜ければ残れる」等の電話や脱退した先輩などに飲みに誘われ、説得を受けることもありましたが、将来のこと、家族の生活など不安は ありましたが、仲間を裏切れないこと、何も間違ったことをしていない自分が国労を抜ける理由がない、この先、同じ立場におかれるたびに意に反することを繰り返していくのかと考え、国労に留まりました。

 「この先、同じ立場に置かれるたびに意に反することを繰り返していくのかと考え、国労に留まりました」という箇所は私の心に強烈に響いた。
 「逃げ出すのではなく、そこに留まり徹底的に踏ん張る」
 私はそんな人を応援したいし、また中野さんたちにはこの先もそんな人を育てて行ってほしいと思う。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=992

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

もちつき2013

もちつき2013

2009あいの土山マラソン 

2009あいの土山マラソン 

新ねこ

新ねこ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.