パオパオだより

2010年02月14日(日)

第24回京都市小学生大文字駅伝 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りくー、りくー、・・・」
 それからあとは何も言えない。
 名前を大きな声で呼ぶのが精一杯。「がんばれ」なんてとても言えない。

 私の姉の孫が、上賀茂小学校の7区のメンバーとして出場していた。
 ずっと小さいというイメージで見ていたのだが、今日のしっかりとした足取りを見てその考えが変わった。決して小さくもなく、ランニングフォームもきれいな立派な小6に育っていた。知らん間にね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はバレンタインデー。
 朝、ヨメさんと真樹からチョコをもらう。

 大文字駅伝のスタートが10時45分だったので、10時半に家を出た。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山大橋でヨメさんをおろし、車を北大路ビブレの駐車場へ。
 姉の孫「りく」が走る7区は、北山通りの植物園北口が中継所。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこへ行くまでに、3区の選手の応援。
 ちょうど、前に「京都キャロット・北山店」があったところ(現在、ブライダル関係の店になっています)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りく」の小学校(ナンバーカード「1」)も、いい位置をキープしている。

 中継所に向かう時、学ちゃん夫婦にあった。学ちゃんは、「りく」の叔父さんで私の甥。
 「こうじさん、社長が向こうで待ってはったし。」
 「ああ、ありがとう。」
 うちのヨメさんのことを、ちゃんと「社長」と呼ぶところはさすが。わかってらっしゃる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中継所には、うちの「社長」と私の兄夫婦。兄夫婦は、ビブレ北側の自宅から歩いてきたようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 7区を走る選手たち。
 ナンバーカードの若い順に整列していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りく」を写真に撮ろうとしたら、ちょうどシューズひもをしめなおし。
 でも、中継直前にこういうことに気がつくのは落ち着いている証拠。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中継所での応援はは兄夫婦に任せ、私ら夫婦は鴨川へ。

 200mほど西に行くと、学ちゃん夫婦が待機してくれていた。
 「学ちゃんの奥さんて、カーリングのマリリンにも似てるやんなあ。」
 「うん? カーリング?」と言いながら、二人でほうきはきのポーズをしてくれていた。ええ夫婦です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私らは鴨川の北山大橋と北大路橋の中間あたりへ。
 これで、中継所が私の兄夫婦、序盤が学ちゃん夫婦、中盤が私ら夫婦、終盤に「りく」の両親と祖父が配置できたはず。磐石の応援態勢です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「いっぺん走ってみたい、白バイの後ろ」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちのヨメさんがゆってた。
 「自分の子が通り過ぎたら帰ってしまう人が多いけど、もったいないなあ。ひとりひとりを見ていたら、自然と応援したくなってしまうのになあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「来たでー、ゼッケン1番。」
 ああ、前の選手と重なって写真が撮りにくい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りくー、りくー、・・・」
 聞こえたかな。
 ちょっとは力になれたかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「フレンズー、・・・」

 うちの廉は6年前4区、真樹は3年前10区、「フレンズ(小規模校連合)」で出場させてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川の飛び石を渡って対岸へ。
 こりゃ近道、便利!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨さんの団体が・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんがちんすこうを持っていたので、鴨に向かって放り投げた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ビブレの貸会場では、「北区保育園絵画展」が催されていた。
 廉が3年真樹が1年お世話になった「上賀茂保育園」の子の絵も展示されていた。やっぱりよろしいなあ、この保育園は。ひとりひとりの個性を大事にしてくれてはる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕方、11日ぶりに「江文峠越え10kmラン」。「りく」の力走に触発されたなあ。
 今日から来年の「とかしき島マラソン」に向けて再スタート。この1年でさらに3分縮めて、このコース42分をめざす。
 基準となる第1回目の今日は、56分04秒。もっとゆっくりでもよかったのに。
 1年であと14分短縮かー。ムチャな目標のようやけど、決してそんなことはない。
 「できる!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

真樹の同級生・あーちゃんにもらったチョコ

 夜7時から、地元「京都テレビ」で「大文字駅伝」の放送を家族みんなで見た。廉と真樹も出場経験者なので、いろいろと話がはずんだ。

 「りく」の小学校は15位だったようだ。
 フレンズは完走49チーム中、またもや最下位。(廉の年はめずらしく後ろから3番、真樹の年は最下位。それ以外の年もほとんど最下位。)

 うちの家族の意見をまとめると、「タイムの早い学校が出るのではなく、出たい子がみんな出られる大会に工夫して変えて行ってほしい」です。

 私が気になっているのは、養護学校(今は「特別支援学校」と言うんですね)が頭から除外されていること。あそこも同じ京都市小学校のはず。予選タイムで選考する今の方式では、あの子たちは未来永劫出場できない。
 この点を主催者サイドはどう思っておられるのでしょう。「特別支援学校」と言うからには、「大文字駅伝」出場に対する特別支援も行ってもらいたい。
 ぜひ、ご一考を。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=751

コメント

 JUNさん、コメントありがとうございます。
 勝手に息子さんのお写真撮らせてもらってすいません。

 白バイの後ろを走れるなんて、ほんとにうらやましいです。私もランナーのはしくれとしていつかは・・・(無理でしょうね)。

 大文字駅伝に出場できた子たちも、ここで終わりではなく、ここから大きく広く成長していってもらいたいものですね。

パオパオ 2010年02月24日 14時21分 [削除]

お疲れさまでした。
我が息子の写真が写っていると知人から聞き、
拝見しました。
うちの息子も7区走りました。
この日の為に1日も休まず、練習し、苦しかったけれど・・・
白バイ先導で、走った事、とてもよい経験になりました。

JUN 2010年02月24日 11時39分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「無人島」家族旅行・続き

「無人島」家族旅行・続き

第49回9の日平和ラン

第49回9の日平和ラン

第78回勝手に国労応援ラン

第78回勝手に国労応援ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.