パオパオだより

2019年01月11日(金)

28年目の29回忌 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は母の命日の「母供養ラン」ができない。
 今日は、早朝から寮2の管理代行のバイト。明日の朝まで寮に缶詰。
 せめて少しは思い出話を。

 1991年1月11日の明け方、私の母は亡くなりました。
 1925年(大正14年)3月生まれなので、65歳でした。私が今63歳なので、あと2年で追いつくということですね。

 当時私は35歳。小学校の先生になって12年。結婚して6年。やっと子どもを育てていく気になって、そのちょっと前にヨメさんの妊娠が分かったばかりの頃でした。

 母はまだまだ生きるものと勝手に思い込んでいましたが、最後はあっけなかった。そのあと残された父が、「泣いてたまるか」という感じで一人踏ん張っている姿ばかりが思い出されます。

 その姿を見ていて、「愛情」について考えさせられました。父と母、二人が結婚できて、40数年いっしょに暮せたことは幸せだったにちがいない。
 私は父のようなまねはできないし、うちの夫婦も父と母のようにはなれていない。もう結婚して33年が過ぎたんですが・・・。

 「こうじばっかり甘やかして・・・」と私が小さい時、よく姉や兄が言っていました。
 そら、4人兄弟の末っ子やから親は甘やかすやろう。上の子から見たらそれが顕著でも、末っ子は何の意識もない。まあ、大事にされて当たり前てな調子ですかな。
 愛を与えるほうは力が入っていても、もらうほうはほぼ何も感じとらんちゅうのが世の常でしょう。

 母の教えの最たるものは、「なにくそ、がんばれ!」ですね。
 その反動か、私は「絶対にがんばらない人間」に育ってしまいました。「一番嫌いな言葉は『努力』です」と言って、よくヒンシュクを買っていました。

 たいそうなと思われるかもしれませんが、ほんとうに努力した経験がない。唯一の例外は眞寿美さんと結婚するとき。人生で一度だけがんばって、両親に話をしました。
 ヨメさん曰く、「がんばらんでよかったのにー。」
 なんちゅうことゆうんじゃい!

 天国のおかちゃんよ、ヨメさんに雷落としたって落としたって。

画像(320x242)・拡大画像(640x484)

 早う、愛妻と愛犬が待つ我が家に帰りたいわー。
 (実態は迷惑がられとるだけやけど、妻からも犬からも。)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=4411

コメント

大正15年7月生まれの母は昭和63年の七夕に62歳で逝きました・・丸々昭和を生きたのです・・あれから30年・・平成を知らずに・・父は母を追うように4年後に67歳で・・
平成最後の歳に父と同じ歳に・・偉大?父を歳で追い越せる・・これだけでも私の人生において十分だと・・
長年の高脂肪を何の改善もせずに生活・・ようやく狭心症?らしき兆候が・・コレステロール値がかなり高い・・
仕事辞めてからの不摂生のツケが・・
働かずもの食うべからず・・・粗食が1番のようですね・・

速歩まん 2019年01月12日 18時54分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

2011京都丹波ロードレース

2011京都丹波ロードレース

お地蔵さんのお供え物のぬしっと(盗人)

お地蔵さんのお供え物のぬしっと(盗人)

京都ランナーズ例会・9月第2日曜

京都ランナーズ例会・9月第2日曜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.