パオパオだより

2009年02月05日(木)

大塚正美さん [私の好きな人]

画像(100x100)

城西国際大HPより

 前にも書いたが、私が歴代のランナーで一番好きなのは小鴨由水さんである。しかし、それより前に初めて「かっこいい」と思ったランナーが大塚正美さんだ。
 この人を知っている人は、「つう」。そして、この人のランニングフォームがほれぼれするほどかっこいいのを知っている人は、「つう中のつう」。

 大塚正美選手は、日体大時代、1980年から4年連続で箱根駅伝の区間賞を取った(8区、5区、2区、2区)。この間、チームも1、2、2、1位。彼は、80年代前半を代表するランナーと言っても過言ではない。

 大学当時のレース中の写真がないかと探してみたが、残念ながら見つけられなかった。
 「かっこいい」だけではよく分からないとは思うが、とにかくかっこよかった。
 まず、ダイナミック。そして、そのフォームが決してくずれない。私の覚えているイメージでは、つま先が前に素早くきれいに出ているという印象だ。
 当時は、「こんな走りがしたい」と思いながら走っていたことを思い出す。

 いまごろ、なんでこんな話題を出してきたかと言うと・・・。
 最近、「とかしき島マラソン」対策として坂道をよく走っている。
 平坦地は小鴨さんのゆったりしたフォーム、上り坂は中村彦四郎さん(京都走ろう会)からアドバイスを受けた「ストライドをよくばらない」フォームを意識して走っていた。ところが下り坂にいいイメージがわいてこない。そんなことを考えながら走っている時に思い出したのが、大塚正美さんの華麗なフォームである。
 走りながら自分のつま先が見えるくらいに・・・。

 今度の「とかしき島マラソン」は、小鴨由水さん、中村彦四郎さん、大塚正美さんをイメージしながら走ろうっと。まあ似ても似つかんやろうけど、気持ちだけは・・・。

 大塚正美さんは、日体大卒業後はあまり活躍できなかった。
 しかし、現在、城西国際大学の女子駅伝部監督を務められている。もしどこかでお会いできたら、「ファンです」と告白しよう。

☆「ロード・トゥ・トカシキ」20日目

 今日は、最後のスタンダード。
 
 きくとの2kmスロージョグ。
 このごろゆっくり散歩が続いていたので、きくはアホポン犬に戻ってしまっていた。シッコ、立ち止まり、においかぎの連続。おまけに、スタートして300mほどでウンコ。このあと1.7km、ウンコ持ってラン。
 鉄アレイを持って走っている人は時々見るが、こんな負荷をかけて走っている人はめずらしいのでは。
 けっきょく、15分49秒もかかってしまった。
 でも、きくちゃん、今までようつきあってくれた。明日から4日間パオパオはおらんけど、忘れんといてや。

 そのあと、いつもの3kmペース走。
 雨がきつくなって、ペースが乱れそうだったが、「神経足音に集中の術」でまずまず走れた。
 家に着き、時計を見ると、16分33秒。3秒差。「これって、優勝?」

 3km申告タイムレース、優勝。
 10km50代、優勝。
 「パオパオ、かっこよかったで。走るって、気持ちいいことやなー」と、真樹がニッコリ。
 お気楽ランナーの幻想はまだまだ続く。

 今日は、2km+3kmで5km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=366

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第24回9の日平和ラン

第24回9の日平和ラン

わろてわろて

わろてわろて

ニューイヤ―駅伝と股関節炎

ニューイヤ―駅伝と股関節炎

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.