パオパオだより

2009年07月20日(月)

四万十川ウルトラマラソン当選 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「当たったし、行ってくるわ。」
 「えっ?」

 ヨメさんの表情が、みるみる曇っていった。
 てっきり、私がまたなんかやらかしたと思ったらしい。車に当たったとか・・・。

 「なんやなー。『四万十ウルトラ』の抽選に当たったちゅうこっちゃ。」
 「へーん。それやったら沖縄はあきらめやー。」

 くっそー、四万十と沖縄が交換条件かーい。まあ、しゃーないすか。

 「さあ、これからいかに練習せんと完走をめざすかちゅうことや。むずかしいぞー。さあ、練習しいひんぞー。」
 「わけわからんしー。」

 体と心の比率は、ほかの人はどれくらいなんやろう。私が観察した感じでは、7対3くらいで体を重視している人が多いように思う。
 一方私は、心重視派。短い距離のレースはそれほどでもないが、フルからウルトラに関しては1対9くらいの比率で心重視。(と言うか、ただ練習したくないだけかも・・・。)

 レッツ、精神修養!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2009年07月19日(日)

第23回やぶはら高原ハーフマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日、前日受付のとき、「ランナーズ・9の会」のかわせみさんが顔を見せてくださつた。
 「藤井さんの活躍に触発されて、私もこの大会の後、四国の反核平和マラソンに行くことにしました。」

 うれし!
 この話をヨメさんにしたら、「そうゆうたらアンタがよろこぶとおもて、ゆうてはんにゃん。」とのこと。
 もしそうやったとしても、ええんちゃうん。

 今日も朝早くから、かわせみさんは顔を出してくださった。
 「かわせみさん、年齢は公表してもいいですか。」
 「ええ、もうあっちこっちに出てますから。」

 かわせみさんは、この秋に70歳の大台に。
 その方が、長野でハーフを走った後、自分で運転して四国まで。
 かわせみさんにくらべたら、私などまだまだひよっこ。「触発されて・・・」と言ってもらえるだけでありがたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝5時起き。
 起きたころは、まだパラパラとした雨だった。

 ところが、雨は奈良井宿から薮原に向かうにつれてきつくなってきた。マラソン会場「こだまの森」に着いたころは、もうどしゃぶり。

 うちの黄色いテントは前に強風に飛ばされて穴があいている。ブルーシートを車につなげ、管理棟の柵にもくくらせてもらい、なんとか雨をしのげるようにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 だいぶ前に一度だけ奈良井側に行ったことがあり、その時の記憶ではコンビニがあったように思ったのだが、見あたらなかった。朝に食べるものをそこで買おうと思っていたのに、あてがはずれた。ハーフ出走前のメシ抜きはきつい。
 出店準備がひと段落したころ(7時過ぎ)、管理棟の中の食堂に入ってみた。よかったー。てごろなものがありました。
 「ケーキとコーヒーのセット」、400円。
 これで、ふたりともちょっとほっこりできた。
 今日は、売上げより雨から商品を守ることに神経を使わなければならない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝からうちの店の前をちょろちょろー、ちょろちょろーするワンちゃんあり。
 毎年恒例、秋田さんちの「あいかちゃん」でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート地点に向かう時、ちょうどあいかちゃんに出くわしたので、写真を撮らせてもらうことにした。
 飼い主の奥さんとは大会でしょっちゅう会っているのだが、だんなさんとはたぶん初対面。同じ「京都ランナーズ」の仲間なのに、今までお会いしてなかったのがフシギです。
 背が高くかっこいいだんなさんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートは、ハーフ・10km同時。
 この大会は2000名の定員制のため、遅く申し込んでダメだった人もかなりおられたらしい。
 ここまで第2次マラソンブームの波が押し寄せている。ずっと続けて出ていた人は、(断られたら)がっかりだろう。
 このあたり、むずかしい問題です。今後、大きなトラブルにならないことを願います。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ここは折り返しコースとちゃうし、かわせみさんの写真撮れへんかもしれん。スタート前の写真、撮っとこー。」
 そう思ってスタート地点をぐるっと見回すと・・・。のぼりが・・・。

 「かわせみさん、見つけやすいですわ。今、写真撮らせてもらいます。」 パチリ!

 今日はかわせみさんの体調もよさそうだし、制限3時間なら余裕で行けそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート15分前くらいにバチバチと来た雨は、ちょっと小降りになった。
 これで、私の薄毛隠し用キャップもいらんかな。もともとキャップは苦手なほうやし・・・。

 あわててキャップをうちのテントまで置きに行き、スタート地点に戻ったら、「20秒前!」のコール。
 「いやま、心臓ドキドキのままスタートやん・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのコースは、よく「ジェットコースター」と言われる。
 初めて走った時はたしかにびっくりしたが、もう慣れた。
 スタートからいきなり1km上り、そのあと1km下る。そしてそのあと、また長い長い上り坂へ・・・。という具合に、たいへん楽しいコースです。

 去年は暑さで頭がボー。
 特に15km過ぎの「魔のループ」。釜ゆでにされる石川五右衛門の心境になった。このコースは「ジェットコースター」だけではない。晴れれば、「釜ゆで」も待ってます。

 ただし、今日は雨空。「釜ゆで」なしなので、去年の2時間1分よりは速く走れるかも・・・。でも、先週、ハーフ2時間17分もかかったしなあ・・・。走ってみんことには、どれくらいで行けるのかまったくわからん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4km過ぎにある味噌川ダムの所で、ハーフは直進、10kmは右折。

 シューズ選びもええかげんなもんで・・・。
 今日は、私の持っているシューズの最軽量(スカイセンサーブリーズ)と最重量(ゲルニンバス)を持ってきた。その日の朝の体調で、どっちかに決める。
 先週の疲れが尾を引いていたらゲルニンバス、そうでもなかったらスカイセンサーブリーズ。

 しかし、今日の朝、別の理由でスカイセンサーブリーズにした。雨でシューズがびしょびしょになったら、軽いシューズの勝ちー。まあ、後はどうなっとなれー。

 走りながら思ったのだが・・・。
 「長い距離を走る」または「かなり速く走る」場合は、シューズ選びも大事。しかし、ゆっくり適当な速さで走るのに、シューズ選びにそんなにこだわる必要があるのだろうか。私の場合は、その日持ってきたシューズに合ったような走りをする。ほとんどどんなシューズでも対応しまっせー。これを、「自在」と言う。
 ランニング用品店にかかわっているものが、こんな「テキトー」では問題かも・・・。
 それでも、ただひとつ言えること。
 どう見ても走ったこともないような店員さんの口車に乗って、買ってしまうのだけはやめてください。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は、例年より水が少ないような気がした。
 今日のように降り続いたら、ダムの水量も増えるだろうに・・・。

 先週最悪だったわりには、今日は軽快。
 ジェットコースターを含む5kmは、27分40秒。おっ、これはキロ5分半ペース! 先週より1分も速い。
 なんでこんな調子ええんやろう・・・。

 そや、昨日の晩、ヨメさんがマッサージしてくれたんや。そんでやわ。サロンパスも貼ってくれたし・・・。
 おーっと。サロンパス貼ったままやがなー。ランシャツの外の肩のやつ、丸見えやがなー。かっちょわるー。
 急いではがしてウェストバッグへ。何秒タイムロスかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8km過ぎの赤い橋を渡ると、走る方向が逆に。
 追い風が向かい風に変わった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km地点、55分13秒。(この5kmは、27分32秒。)
 これは、先週のタイムから21分短縮の1時間56分台が見えてきた。
 一流ランナーではとても考えられんこと。でも、三流ランナーならでは、こんなおもしろい体験もできます。わくわく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12kmあたりのトンネル。
 カメラを持っている人は、フラッシュオフで撮りましょう。できれば、立ち止って。
 こんな幻想的な写真が撮れます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 13kmたりから、このコース唯一の対面コース。およそ500mくらいかな。往復で約1km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ダムの反対側に見える、15km過ぎの「魔のループ」。
 この白菜畑の周りをぐるっと回るコースは、炎天下だと「魔のループ」になる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「魔のループ」手前の15km地点、1時間21分19秒。(この5kmは、26分06秒。)

 今年はすずしかったので、「釜ゆで」にはならなかった。白菜を見ながら、余裕を持って走ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 無事「魔のループ」を抜け、後は19km過ぎの最後の急な上り坂。
 ここらあたりまで、抜きつ抜かれつの女性ランナーが気になっていた。変わったガラのランスカが似合っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後はけっこう飛ばした。
 ゴールは1時間55分21秒。1週前より22分短縮。我ながら、すごい!
 キロあたり1分以上の短縮。これがまた冬場になると、さらにキロ1分ほど短縮。ほんま、むちゃくちゃです。これは、三流ランナーならでは。

 たぶんランスカ美人ランナーがすぐ後に・・・。と思ったら、けっこう間があいた。

 「ゴールの写真撮らせてもらったんですけど、ブログに載せてもいいですか。」
 「はい。」
 「何回も抜きつ抜かれつやったんですよ。」
 「そうだったんですかー。私、2週間前にゴールドコーストマラソン走ったばっかりで、今日は全然ダメでした。」

 でも、CWXのランスカ、似合ってましたよ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール後の楽しみは抽選会。
 残念ながら、今年も末等、「水」でした。かわせみさんは、「お酒」が当たったそうです。

 2時間半過ぎたらゴール前に行って、かわせみさんのゴールを待とうと思っていたら、その5分前くらいにゴールされたようだ。やっぱりすずしかったので、調子よかったみたい。気を付けて、四国まで行ってくださいね。

 もうひとつうれしいことがあった。
 かわせみさんのちょっと後、「こんにちはー」とうちのテントに来られた方が・・・。
 「ああ、ミス草もちさん! 来られてたんですか。」
 「はい、その節は・・・」
 「あの時は、すごいいい笑顔でしたよ。」
 「いえいえ。」

 何のことか分からない方は、「第10回岐阜〜根尾淡墨桜マラソン」へ。

 ミス草もちさんは、ブログラムで調べると私が思っていたよりずっと年上だった。それをヨメさんに言うと、「人間は生き方やで。ある程度を過ぎたら、心根の良し悪しで表情も変わってくるちゅうこっちゃ。」
 確かに。ミス草もちさんの笑顔は、どこに出してもはずかしくないものです。ピカイチ!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 制限3時間を10分ほど過ぎたころ、最終ランナーがゴールに近づいてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらもランスカ美人。
 「ゴールの写真撮らせてもらったんですけど、ブログに載せさせてもいいですか。」
 「はいっ!」

 最終ランナーといっても、まったく悲壮感がない。まだまだ、元気そう。
 その笑顔は「走ることはつらいことではなく、楽しいこと」と言っておられるようだった。
 これでなくっちゃね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 1 )   コメント ( 0 )

2009年07月18日(土)

奈良井宿「津ち川」 [宿情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「やぶはら高原ハーフマラソン」では、今まで会場の「こだまの森」の近くの民宿にとまっていた。ところが、今年は予約が遅れ、近くはみんなふさがってしまった。
 そこで、薮原から5km北の奈良井宿で泊まることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 国道から川を渡り、旧街道に入ると、そこはまるで江戸時代。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 電柱なども、地下に埋め込んであるようです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私たちが泊めていただいたのは、奥の離れ。
 窓から外を見渡すと、お隣の屋根にネコちゃん。
 フラッシュ撮影になってしまい、真っ暗になってしまった。ここは、フラッシュ発光禁止にしてしっかりと撮るところでしたね。残念!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕食もお上品。
 私たちにはちょうどいい量でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ごはんを食べた後、宿場町を散策。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 車もほとんど通らず、落ち着いた街です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一軒だけお店があいていました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう少しゆっくり見られたらよかったんですが・・・。

 お宿は静かで、ゆっくり休むことができた。
 いつも泊まっている藪原の民宿では、超早起きなおじさんがおられて、薄暗いころから動きだされる。それを思えば、少し離れていても、こちらの宿の方がいいのかもしれない。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年07月17日(金)

よんなぁよんなぁさんからのお米 [沖縄]

画像(320x216)・拡大画像(640x433)

 7月11日夕方、神奈川から群馬県北軽井沢に向かう高速道路を運転中、ヨメさんからメールが来た。
 「よんなぁよんなぁさんからお米が二キロ届きました。お礼のメール送っておいてください。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よんなぁよんなぁさんとは、知る人ぞ知る私のブログの師匠、西表島在住のエコツーリストである。

 サイト「鳩間島イエローページ」に、よんなぁよんなあさんのブログ「クーの毎日」が載っていて、そのとき西表犬(?)クーちゃんの存在を知った。初めて写真を見たときは、思わず笑ってしまった。(ごめん!) 目のまわりがパンチ入れられたみたいで・・・。
 それ以来クーちゃんに会いたくて会いたくて、いろいろ探して飼い主よんなぁよんなぁさんに連絡をとったのがお付き合いの始まりである。

 それ以来3回西表島を訪れ、そのたびに「ゆるいエコツアー」をお願いしている。もちろん、クーちゃん付きで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 送っていただいたお米は、遠く沖縄からなので送料が1100円もかかっている。すいません。
 でも、あけていきなり、クーちゃんの絵はがき。
 「ふっふっふっ・・・、ああ、かえらし。」
 さすが世界で2番目にかわいい犬だけのことはある。(1位は、もちろんうちの「きく」)

 まだ食べてないけど、食べたら必ずまたレポートします。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2009年07月16日(木)

和田峠の餅屋さん [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」の出店をやめたのに、私が今も「北軽井沢マラソン」にいくわけ。
 その一番の理由は、和田峠の力餅を食べたいからである。

 ここの力餅は、古くは中山道の峠越えをする旅人が食べたといわれるだけあって、塩味がきいている。私ら夫婦は、この塩味のお餅がすごくおいしいと思っているのだが、若い人の中には「もひとつかな」と思う人もあるようだ。フシギ!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この記事を書くとき、カテゴリーを「グルメ情報」にせず、「私の好きな人」にした。
 去年くらいに思ったのだが、私がここにひきつけられるのは、「お餅」以上に「お餅屋さんのご主人」のほうかもしれない。

 織姫彦星のように一年に一度お会いするだけだが、必ずお話をして帰る。その内容は、あっちに飛びこっちに飛び・・・。しかし、それは私にとっては心の落ち着く貴重な時間となっている。

 ご主人の井出さんは、今67歳。5年前に脳梗塞で倒れられ9ヶ月入院。しかし、そのあと復活し、いまも餅屋さんをやっておられる。
 今も左半身は不自由だが、意識して動きよくしゃべるようにしておられるのだそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだ(7/12)お店に行ったときは、ちょうど観光バスが到着し、店の中はごったがえしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このお客さんたちのお目当ても、やっぱり「力餅」だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は予約していなかったので、私が行った時(お昼過ぎ)にはもう「力餅」は少ししか残っていなかった。だから、今年は二日前に電話して8個入り箱を5箱予約しておいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何年か前、この「力餅」を送ってもらおうとして電話したことがある。
 そのこたえは、「悪くなったら困るから、送れない」というものだった。その返事を聞いて感心した。
 「このお餅は郵送して食べるようなものではない。この和田峠に来てこそ食べられるものだ」と言われているような気分になった。

 「こういうこだわりのある人、すき!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのおそばも絶品です。

 ぜひ、中仙道和田峠まで来て、このおそばと力餅を食べていってください。そして、ご主人としゃべってみてください。おいしいおいしいお茶も、いつもポットに満タンに入っています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 和田峠の「力餅」は、8個入り800円です。(白4個、焼き餅4個入りです。)

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 1 )   コメント ( 2 )

2009年07月15日(水)

あぶり餅 [グルメ情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日、廉の高校の三者面談があった。去年は私が行ったので、今年はヨメさん。
 近くに駐車場がないので、今宮神社の駐車場に。タダでとめるわけにも行かず、境内にある「あぶり餅」を購入。持ち帰りは、三人分1500円。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はとっくに食べたつもりでいたが、よく考えると初めてだった。
 細い竹串の先にちょびっとついた餅を炭であぶり、それを白味噌ときな粉にまぶして食べる。まあ、かわったたべもんです。

 あぶり餅屋さんは南北に二軒あり、今日ヨメさんが買ったのは北側の「一和」さん。長保二年(西暦1000年)創業。ということは1009年の歴史 !?

 古いお菓子に興味のある方は、ぜひ一度。

画像(280x200)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「よう帰ってきてくれた」ときくは言った

「よう帰ってきてくれた」ときくは言った

第10回 Run&Walk in かもがわ

第10回 Run&Walk in かもがわ

第28回琵琶湖ジョギングコンサート

第28回琵琶湖ジョギングコンサート

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.