パオパオだより

2010年06月02日(水)

「息もできない」 [映画]

◎「息もできない」公式サイトより

画像(320x208)・拡大画像(615x400)

◆ストーリー◆

二人の時だけ、泣けた。
漢江、その岸辺。引き寄せあう二人の魂に涙が堪えきれない。
偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でも、そこから運命が動きはじめた……。
「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニ。歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあった。ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動きはじめる……。

画像(320x179)・拡大画像(605x340)

--------------------------------------------------------------------------------
 最近、下調べをせずに映画館に行くことが多い。
 今日も車の運転中の信号待ちのときに、新聞の映画欄を見て決めた。
 「息もできない」・・・、ええ題や。確か韓国の映画やったはず・・・。「京都シネマ」やから、ゴールド会員の900円で見られる。でも、10時からって間に合わへん。これは、大丸の近くの駐車場に入れなしゃーない(かなり高い)。 
 駐車場からダッシュ!
 「京都シネマ」に着いたのは10時2分。まだ予告をやっていて本編にはセーフ。

 この映画は私のよく知らない裏社会の話。
 借金取立てのチンピラと、一家を支える女子高校生の話。酒がからみ、DVがからみ、借金がからみ、犯罪がからみ、服役がからみ、延々と続く殴打のシーン・・・。本当に「息もできない」映画でした。

 制作・監督・脚本・編集・主演のヤン・イクチュン、女子高校生役のキム・コッピ、その弟役のイ・ファン、そのほかの配役も抜群だった。
 ヤン・イクチュンは、この映画制作資金捻出のため自宅を売り払ったそうだ。ええぞ。ようやった。
 みなさん、ヤン・イクチュンさんが家を買い戻せるよう、この映画を見るべし!
 (ちなみに、この回の観客は私を含め12人でした。少なー。)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=870

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2010


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

きくはかしこいでー

きくはかしこいでー

第27回伊江島一周マラソン

第27回伊江島一周マラソン

九条ランin京都(3)聖護院〜南禅寺

九条ランin京都(3)聖護院〜南禅寺

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.