パオパオだより

2020年05月18日(月)

今年の治療が始まるか? [病院]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「やっぱり・・・。」

 甲状腺由来の細胞がどれくらい残っているのかを調べるサイロブログリン値。京大病院のK医師(前主治医)は、2以下なら様子見、2以上ならアイソトーブ治療推奨だった。

 2月25日のサイログロリンブリン値が5.47。そして今日お聞きした先週5月11日の値が3.85。これはもうどう考えても、4年連続入院の決定でしょう。

 ああ困った困った。
 3年連続で入院していた京大病院のアイソトープ治療棟は、11月に取壊しが決まっている。そして10月末までの入院は予約満杯で、私が入れてもらうスキはなし。

 ああ困った困った。
 神戸の隈病院、空いてますかねえ。たぶん無理でしょうねえ。大分別府の野口病院は比較的空いているようだけど、京都の患者を受け入れてもらえますかねえ。

 入院前2週間の「ヨード制限食」はたいへんやけど、いまさらそんなことはゆうとられん。受け入れてくださる病院があるのなら、たとえ大分別府でも行かんとねえ。

 とりあえず、早く決着つけたいね。
 ああこの入院の繰り返し、いつまで続くんでしょうね。

画像(192x320)・拡大画像(384x640)

 午後、京都日産高野店へ。
 道路から駐車場に入ろうとすると、いきなりこうじ君(私の最後の教え子)登場。前に来た時は長髪だったが、散髪してスッキリしていした。

 用事が終わった後、けっこう長い事しゃべった。
 「こないだこうすけ君(こうじ君の1つ上)のお母さんに会って・・・」とこうじ君。
 「へー。」
 「20年以上ぶりやったと思う。こうすけ君も3年ほど前に会ったんやけど、なんにも変ってへんかったわ。」
 「そうかー、めーほそかった?」
 「うん。」

 なかなか味わい深い会話やったね。
 このごろ、こうじ君に会えるのが楽しみ。
 しっかり治療して、この先もなんべんもこうじ君に会えるようにしなくては。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくもヨメさんも、保護した猫親子のせいでお疲れ。
 ヨメさんは指をしゃぶっているように見えますが、しゃぶってはいません。

 なんの役にも立たんパオパオですまんなあ。
 みんなが疲れ果ててしまわんように、私ができることを考えようと思います。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=4940

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2020


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

私の父は92歳

私の父は92歳

健康保険と年金

健康保険と年金

第34回宇治川マラソン

第34回宇治川マラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.