パオパオだより

2017年07月09日(日)

入院準備2 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 武庫川から帰り、一息つくと京大病院。
 アイソトープ治療をする場合、以前はそのだいぶ前からチラージンの服用を止めていた(その理由は理解できていない)。しかし、それでは体調が最悪の状態で放射性ヨードを内服することになる。
 それに代わるものとして、タイロゲン注射2回を行うことになった(この理由・効果もよく理解できていない)。ヨメさんがいろいろと調べてくれたが、けっきょく分からなかった。

 「とにかく、そうゆうもんらしいわ。」

 頭があまりよろしくない私は、「先生様様に任せるしかない」と思っている。「医療ミスがあったとしても、かんにんしたってな」と言っているくらいですから。

 時間外受付を済ませ、しばらく待つと呼び出された。
 「体温と血圧と心電図をとらせていただきます」と看護師さん。
 「・・・。(注射してもらうだけやのに、心電図?)」

 若い男性医師が入って来られた。
 「今日はどうされました」と聞かれたので、「タイロゲン注射ですけど・・・。」
 「タイロゲン注射?」
 「はい、受付でもそう言って待ってんたですけど・・・。」
 「失礼しました。」

 医師交代。
 いりえゆかさんのようなあやしかわいい女性医師だったので、ちょとホッとした。
 「お尻に注射するのに、これ(電極)じゃまですよね」と私。
 するとその女性医師は、看護師さんに「すぐ終わるので、先に注射していいですか」と聞いておられた。

 (おいおいおい、わしゃ注射してもらいに来たのであって、心電図をとりに来たんとちゃうぞ。)
 「もうだいぶ長いことつけたままですし、もう取ってもええんとちゃいますのん」と言ったら、やっと取ってくださった。

 そのあと注射はあっというまに終わった。心配していた痛みは、心配するほどではなかった。よかった。

 「今日はお尻の左側に注射したので、明日は右側になります。」 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も病院に持って行く物をそろえた。
 何か記録に残しておきたいので、使い捨てカメラを買った。このカメラだと、袋から出すときに失敗しても預かってもらえばいい。放射能残量が低くなってから取りに行く。
 さあ、ちゃんと撮れるでしょうか。

 また栄養士さんが話をしに来られ、マヨネーズやドレッシングの代わりに使える物を教えてくださった。これで「ポン酢一本やり」から脱却できる。ああ、うれしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 果物とジュースはなんぼでもだいじょうぶらしい。
 たくさん水分を取って、どんどん体内の放射能を出す必要があるらしい。

 ある先輩走友さんが、「ビールは、よう○ッコが出てよろしいよー」とおっしゃっていた。その言葉を思い出して、「ビール買おうかなあ」と一瞬思ったがやめておいた。病院にビールは似合いませんよね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 入院日前日に夜遅くまで準備に時間がかかっている私に対して、ヨメさんはため息をついていた。「なんで、もっとはよせんかなあ」と。

 だいぶ時間がかかってしまったが、最後のしめは「花村さんの無添加梅干」。
 「申年の梅は難がさる、病がさるとか。ばばあの梅干食べてなー。」
 (花村さんは、毎年日置川マラソンで伴走をされている方。すごく美人でスマートなランナーです。「ばばあ」なんて、とんでもないです。)

 これは食べてどうこうというよりお守りみたいなもん。
 しんどくなってどうしようもなくなったら、最後の手段はこの梅干で決まり!

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も「雷こわい」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 案外リラックスしているように見えるけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「そろそろお散歩ですか」という感じで、そろりと出てくる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜のお散歩では、こんなでっかいカエルにも出会った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長いこと会えへんけど、オバサンのゆうことよう聞いて、かしこうしといてね。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日の制限食】

 このシリーズも今日で終わり。
 明日から5日間は病院の制限食。
 それが終わって退院できれば、もう何を食べてもいい。(ただし、胆のうが暴れないものに限る。)

(朝食)
 もう何回食べたか分からんきゅうりの塩もみでお茶漬け。 退院したら、じゃことかたらことかいろいろなつけもんとか食べようっと。

(昼食)
 武庫川から帰ると、ヨメさんから書置き。「ポトフが作ってあるので食べてください。」
 「おー、ポトフ。うん? ポトフって何?」

 お鍋をあけると、ジャガイモ、大根、とうがらし、お肉・・・。これって、いろいろなもんのごっちゃ煮とちゃうん。ヨメさんに聞くと「洋風おでん」らしい。ほー。
 まあまあおいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

(夕食)
 医療ミスで死んだら、最後の晩餐になるやつ。
 ヨメさんがいいお肉を出してくれた。自分の分はなく、私の分だけ。
 「すまんのう。」

 あとは水餃子とお揚げ。
 二週間制限食を考えてくれたますみさん、お疲れさん。ありがとう。 
 退院したら、「南山」の焼肉を食べに行きましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の夕食後の体重、58.1kg。

 アイソトープ治療の副作用的なものは人それぞれらしいが、たいていの人に起こるのが嘔吐感と味覚異常。
 さらに体重へってしまうんかなあ・・・。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=3793

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第20回記念・復興支援・京都鴨川ゆっくりラン

第20回記念・復興支援・京都鴨川ゆっくりラン

第35回小豆島オリーブマラソン

第35回小豆島オリーブマラソン

「にいちゃんにいちゃんゆうて、何でも聞き」

「にいちゃんにいちゃんゆうて、何でも聞き」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.