パオパオだより

2008年04月13日(日)

京都ランナーズ例会(4月第2日曜)+定期総会 [ランニング]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

叡電 「精華大前」

 今日は、御所一般公開の最終日。だいぶ前、この日に車で行って駐車場に入れられず、路上駐車で違反切符を切られたことがあった。そのため、今日は叡電で行くことに。精華大前から出町柳まで17分。便利。
 4月の第2日曜は、例年、山梨の「南アルプス桃源郷マラソン」に出張販売に行っていたのだが、近年ランニング用品店の乱立で今年より撤退した。遠い割りに、もうけが出なくなってしまった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

やっと復活、谷村さん

 今日の申込用紙に名前を書いていると、「こんにちは」の声。何の気なしに、「こんにちは」と返事して、顔を見てびっくり。
 「生きてはったんですか?」
 「生きとるわいな。」と谷村さん。
 脳内出血で倒れて4年。やっと復活してきましたね。一時は歩くことも難しかったのに。昔からの知り合いが復活してくれることは、心からうれしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

角南(すなみ)さん

 そこらをうろうろしていると、話かけてこられる女性が。
 「篠山で20kmのあたりまで、ついて走らせてもらいました。」 (いやま、早そうな人。)
 「へー、そうやったんですか。気、つきませんでした。どこで抜かれたんでしょうね。ゴールはどれくらいで?」
 「4時間4分くらいです。」
 「いやー、ボクより12分も早いですやん。後半がんばらはったんや。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

増馬(ますうま)さん

 前からうわさの増馬さん、発見。
 「増馬さん、ブログに載せたいんで写真撮らせてください。あのー、篠山は、結局どれくらいでゴールしやはったんですか。」
 「もう、ぜんぜん。3時間32分かかりました。」
 「ひえー、そんなに。」
 ハーフのベストの3倍近く。どうなっとるんじゃー。
 次回のフルが楽しみ。また、結果を聞き出そう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

スタートです

 さて、スタート。今日はまあまあ多いほう。
 谷村さんも、一周に挑戦。超久しぶりらしい。
 4年前、ゴルフ中に突然頭の中の血管が切れ、左半身不随に。そのころは、ジョギングとかはしていなかったそうだ。いろいろなリハビリを続け、ゆっくり歩くところから始め、最近やっとジョギングができるようになった。
 谷村さんと言えば、20年以上前の私ライバルである。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

梨木神社の横を通りぬけ

 30kmまでのレースはすべて私が上回っていた。ところが、フルだけは大惨敗だった。
 私のベストが3時間11分、谷村さんは2時間51分。
20分も早い。
 サブ3も、合計4回。「なんで、こんなおっさんに負けんねん。(谷村さんは、私の7歳上)」と不思議でしょうがなかった。
 本人いわく、「タイミングがよかっただけや。」そうあっさり言われると、よけいくやしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゴール地点

 今日はデジカメを持って走ったので、いっぱい写真を撮ろうと思ったが、とにかく人が多い。歩道がきゅうくつで、写真どころの話ではない。
 2周目ゴールの時、前を見ると、外峯さんと小外峯さんらしき人。これはうれしい。まず写真を撮って、それからゴール。(36分45秒くらい? よう、わからん。)
 外峯さん、今日はお子さん連れで来られたんですね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

小外峯1号2号

 小外峯1号ちゃんは、小3。
 小外峯2号ちゃんは、ぴかぴかの一年生。
 二人とも、お母さんに似て美人です。
 こんな子たちも、ゆっくり楽しく走れるような企画も考えたいなあ。
 こないだの大阪城公園4時間走に出ていた家族は、楽しそうやった。競技志向の高い京都ランナーズでは、無理かな。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

定期総会会場

 場所を御所の中に移し、定期総会。
 冨田会長のあいさつで、「スポーツは平和とともに」を強調されていたのがよかった。冨田さんも、やっと私のブログを読んでくれはったそうだ。
 「藤井さんが、『スポーツは平和とともに』と書いてくれてたから、プリントアウトしてほかの人にも配っときました。それにしても、藤井さんのブログは長い。」
 そんな真剣に読まんでもいいのに。もっと、軽く。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私の大好きな三宅誠孝さん

 三宅誠孝さん(元京都市議、元京都ランナーズ相談役)の話。
 「私は、ガンで、昨年8月までの命と宣告を受けました。それがちょびちょび伸びて、12月のホノルルマラソンも走ることができました。今も生きていますが、もう医者はいつまでの命とは言わんようになりました。」
 衝撃です。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

母子モデル!?

 三宅誠孝さんは、いつもおだやかで、話もわかりやすく、誇張や嘘がない信頼できる人です。どうかその調子で、ちょびちょび長生きしてください。
 もし、三宅誠孝さんのことを悪く言う人がいるとしたら、その人のほうに問題があるのではと私は思ってしまいます。酷かもしれませんが、命の続く限り、どうかもう少し私たちにいろいろなことを教えてください。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

角南さんとハニカミ王子

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

細井さん親子

 子どもがいると、それだけでその場が明るくなります。
 今日のようにたくさんお子さんが来てくれていると、なにかこの子たちもいっしょに楽しめることができないかと思う。
 御所の中を使ったミニリレーとか、ミニ時間走とかはどうでしょう?

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

外峯さんは、臨時学童指導員に

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

横を騎馬隊が


 定期総会、懇親会が終わろうとしている時、かわいいワンちゃんを見つけた。上品な老夫婦が飼われているそのワンちゃんの名は「ろく」。メスにはめずらしい名前だと思っていたら、前に飼っておられて死んじゃったワンちゃんが「ごろう」だったのでそうつけたそうだ。
 前のワンちゃんが死んだ時、悲しくてもう飼うまいと思っていたのに、知り合いが次々と紹介してくださったらしい。「ろく」ちゃんは、ちょっとだけシェパードが入っている雑種だそうだ。
 「お近くですか。」と聞くと、「いいえ。近くに散歩させるいい所がなくて、ここまで車に乗せて来てるんです。」とのこと。
 京都迎賓館を強行建設されたおえら方。こんな人の調査まできちんとやりましたか。一般庶民のささやかな幸せまで制限してしまう迎賓館は、いったいナニ?
 老犬と老夫婦の息のあった歩みを目で追いながら、心が暖まり、また一方にはムカムカ。
 「今度は、どっちが先に行く(死ぬ)のやら。」とおっしゃっていましたが、そんなこと言わず、またここでお会いしましょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

「ろく」ちゃん 14歳

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

森が似合うご夫婦と「ろく」ちゃん


Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2008年04月12日(土)

ブルガリアへの国際電話 [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

きく椿

 今日、二回、ブルガリアに電話した。中学時代の担任、中古賀先生に。

 はじめは、昼の2時半(現地時間朝の8時半)。
 「先生。やっとクラス会の案内状できました。これからぼちぼち動き出しますし。先生は、前言ってた5月18日だいじょうぶですよね。」
 「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」
 「先生に送りたいもんいっぱいあったんですけど、今から送ったら入れ違いになりますかね。」
 「そやなあ。帰るのが4月26日やから、日本に帰ってからもらうわ。」
 「わかりました。楽しみにしててください。」

 その後、百井と別所へ。
 百井の林幸博君に、案内状4人分(百井分)を託す。
 幸博君はすでに百井組3人に声をかけてくれていて、内2人はいい感触だったとのこと。さすが、言いだしっぺ。ちゃんと責任感持って動いてくれている。
 うれしい。たのんまっせ、4人とも来てくれよー。

 別所では、まず「小谷屋」さんへ。私のいなか花背別所町唯一の料理旅館だったのに、今は見る影もない。
 しかし、同級生のよりちゃんの携帯番号はわかった。
 小谷屋のおばさん、家に行ったら、ものすご喜んでくれはった。
 「今年はえらい雪でなあ。だれも雪かきしてくれへんさかい、うらのガラス戸、全部割れてしもたわ。しょうがないし、私一回やってみたんやけど、すべって腰打ってしもてなあ。
 こうちゃん、よう来てくれたなあ。頼定にも声かけたって。そら、喜ぶわ。」

 小谷屋のおばさんとのやりとりで、おかしかったこと。
 「あんたとこはええわなあ。みな、しっかりしてはっさかい。うちはあかんわ。頼定はふらふらしとるし、○○のとこもようヨメさんがしんぼうしとるわ。」
 「そんなことないですって。外から見るのと中味は大ちがい。うちかて、いつヨメさんに逃げられるか、いつボクが追い出されるか、毎日ビクビクしながら生きてますねん。」
 「そんなこんないやろな。」と言いながら、さっきまで暗かったおばさんの顔が、ぱっと明るくなっていた。

 次は富雄君の親戚、高則さんとこへ。
 「富雄君の連絡先わかったら、教えてほしいんですけど・・・。」
 「わしゃ、知らん。家も売ってしもたらしいし、どこにおんにゃろなー。」
 こら、しゃーない。何かほかの手を打たねば。

 父に会い、由紀ちゃんの連絡先をさがす方法を聞いてみる。「別所には、親戚らしい親戚はおらん。」これも、しゃーないな。別ルートを探ろう。

 家に戻り、もう一度ブルガリアへ国際電話。こっちの夜9時半(現地時間昼3時半)。
 「先生、よりちゃんの連絡先わかりました。ボクはちょっと暗いイメージを持ってたんですけど、今日の声は明るかったですよ。この後すぐ電話したげてください。
 ほか、百井組は・・・、富雄ちゃんは・・・、由紀ちゃんは・・・」
 「いろいろとご苦労さんやなあ。」
 「そんなん、全然。けっこう楽しんでやってます。」
 「また、おくさんにおこられてんのんちゃうか。」
 「えーとこ、つきますね。そのとおーり。 小谷屋のおばさんに、ボクもいつ追い出されるかビクビクしてますねんってゆうたら、大うけでしたわ。」
 「そうかー。ははははは。(ブルガリアからも、高笑い) 
 バラのハンドクリームぎょうさん持って帰るし、それでかんにんしてもらい。」
 「はい。よろしゅうお願いします。」

 よっしゃー、これでなんとかクラス会の形が見えてきた。手動カメラでピントを合わせていく感覚。これ、好きなんや。
 先生も楽しみにしてくれてはるれど、ボクはもっともっと楽しみです。さあー、14人中何人来るか。
 これから先も、あらゆる手を打ちまっせー。

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

きくが笑ってる

◎できあがった案内状は、以下の通り。
                                             
                    2008年4月吉日
 
 花背第一中学校・1970年度卒業生の皆様へ

       中古賀クラス会のお知らせ

 花の色が美しい季節になりました。皆様いかがおすごしでしょうか。
 
 すでにご承知かと思いますが、私たちの母校、花背第一中学校・別所小学校は昨年3月閉校となり、統合して花背小中一貫校となりました。現在暫定的に別所の校舎を使用していますが、来年春より花背第二中学校跡地に完成する新校舎に移転します。(別所から学校がなくなります。)

 中学校卒業後37年がたち、私たちも50歳を越えました。
 一昨年、PTAだよりの原稿の件で百井の林幸博君に会い、その時、中古賀先生とクラス会がしたいなあという話になりました。昨年3月、ブルガリアから一時帰国されていた中古賀先生に相談すると、たいそう喜ばれ、翌年5月にまた帰国するので頼みますとのことでした。(2月末、国際電話で先生の出席は確約していただきました。)
 会場は、林幸博君ご一家が経営されている百井の地鶏料理店「とり幸」さんです。
 交通の便が良くないところですが、百井のきれいな空気を思いっきり吸いに来てください。   当日、私(こうじ)はハンドルキーパーに徹するつもりですので、送迎は遠慮せずに申し付けてください。


              記        

 日時  2008年5月18日 (日)  12時30分〜
 場所  「とり幸」  (大原百井町、百井分校お向かい)
       TEL 075-744-2252           
 会費   6000円 (当日、受付にて申し受けます)   
幹事   藤井廣司  TEL  090-6989-2171     
           e-mail kikukouji@docomo.ne.jp
林 幸博  TEL 075-744-3044 (養鶏場)
  075-744-2252 (とり幸)

※ 恐れ入りますが、4月30日までに電話(またはメール)にて幹事まで出欠をお知らせください。
 (欠席の時は、中古賀先生へのメッセージを送ってください。責任を持ってお伝えします。)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月11日(金)

「飼い犬に手をかまれる」にもほどがある [わんこ・にゃんこ]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 うちの「きく」は箱入り娘である。
 生後40日足らずでうちに来て、蝶よ花よと育てられたため、超わがまま犬になってしまった。
 それでも元気ならええやんかと思っていたが、一つだけ困ったことがある。それは、カミカミぐせ。しっぽを振っていたかと思うと、突然こわいこわい顔になってかみつく。そら、あかんで。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 特に「馬のつめ」をやった後、取り上げる時が大変。顔がデビル。動きは猛獣。
 うちのヨメさんが、「パオパオは、かんでもええ」とかゆうから、本気でかみよる。

 先週の木曜、左手の人指し指の下のへんをかまれた。血が止まらない。神経直撃か、手がジンジンしびれる。夜、痛くてなかなか寝付けなかった。 

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

 それがやっとましになったと思ったら、またかまれてもた。今度は右手。親指と中指の二か所。また、血が止まらん。また、神経直撃かい。

 「飼い犬に手をかまれるアホがいる。」
 「飼い犬に手をかまれて、寝られまへん。」

 もうかんにんして、きくちゃん。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月09日(水)

やっと八重山シリーズ総括 [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夢の八重山旅行から、もう2ヶ月がたった。
 4泊5日(実質4泊4日)の、仕事がらみでない旅行は本当に楽しかった。

 「クーの毎日」のクーちゃんに会えただけで、今回の旅行の目的はほぼ達成と言っても過言ではない。マラソンの日と翌日のエコツアーと、2回も会えた。もうそれが、うれしくてうれしくて・・・。テレビや映画でしか見られなかったスターに会えたような、そんな感覚。
 クーちゃんは、世界で2番目にかわいいワンちゃんです。(もちろん1位は、うちの「きく」)

 それ以外の目的も、だいたい思い通り。
 「やまねこマラソン」は雨の中をしっかり走ったし、「船浮小中学習発表会」もしっかり見れた。
 「鳩間」には行けなかったけれど、マラソン会場で古我知先生や小山校長先生に会えた。
 「大浜中」のユニフォームの子を何人も見たので、入波平先生も来ておられたのかも。そうだとしたら、会えなくてちょっと残念。
 「一希君」にお別れが言えなかったれけど、後で手紙を出したら返事が返ってきた。希望の高校に合格し、沖縄本島で元気に暮らしているようだ。
 「宮良校長先生」の笑顔も見られたし、想定外の三崎先生にも会えた。
 真樹がおすすめの「由布島」の水牛車も、ゆっくりと乗れた。めったに撮れないヨメさんとのツーショット写真も撮れたし。

 私の「パラグライダー体験」とヨメさんの「豪華エステ」は、両方アウトやったけど、これはもともとおまけみたいなもんやったから、まあいいか。次のお楽しみに取っとこ。

 旅行前のうちのヨメさんの鬼嫁度を10とすると、旅行中は1、帰ってきた直後が2か3、そして現在は・・・残念ながら8か9です。(だいぶ戻ってしもた。)

 「来年も、また行こな。」と言っても、「だれが、行くかー。」とか言っていたが、最近は、「暖かかったら、行ってもええかな。」と微妙に変わってきた。
 まだ10ヶ月もある。ねばり強く、ヨメさんを説得しよう。

★羽根田治さんの「極私的鳩間日記」4月5日の記事より。

 家に帰って古我知先生から留守電が入っていることに気付く。折り返し電話してみると、セイジとケーコ先生が引っ越したばかりの新居にやってきて4人で飲んでいるところだった。みんなけっこう酔っ払っているようで、楽しそうな雰囲気が受話器を通して伝わってくる。昨夜、先生からは「入籍しました」という連絡を受けたばかり。末永くお幸せに。

◎やまねこマラソンで古我知先生にお会いした時、「4月に本島の学校に異動になります。」と教えてくださった。その時、ちょっと口元がゆるんでいたので、「結婚しやはんのんちゃう?」とヨメさんと言ってたのだが、本当にそうだった。おめでとうございます。古我知先生らしい楽しい家庭を築いて行ってください。

 今度の学校にも、おじゃましてもいいですか?
 また、沖縄に行く理由が一つ増えた。私もヨメさんも、古我知先生の大ファンですから。
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月08日(火)

平久保小学校-やっと八重山5-(2月12日分) [沖縄・学校]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

石垣島ツアーランドHPより

 朝起きると、外は強風。
 一応、「スカイアドベンチャーうーまくぅ」さんに電話してみた。
 「今日は、ダメですよね。」
 「はい。風が強くて。」
 残念。ちょうど、平久保小学校の帰りに寄るのにぴったりだと思っていたのに。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

フサキリゾートヴィレッジ

 ゆっくりゆっくり朝ごはんを食べた。
 パラグライダー体験がボツになってしまったので、今日の予定は平久保小学校訪問だけになってしまった。
 でもよく考えてみると、この旅行を平日まで延ばしたのは、平久保小学校を訪問し宮良校長先生に会いたかったからだ。本来の目的を忘れてはいけません。

画像(100x180)・拡大画像(240x432)

唐人墓

 フサキリゾートヴィレッジのすぐそばに、唐人墓があったので行ってみた。そこには、こんな説明が・・・

  唐人墓には中国福建省出身者128人の霊が祀られている。
  1852年2月、400人余りの苦力(クーリー)が、厦門(アモイ)港から米国船ロバート・バウン号でカリフォルニアに送られる途上、辮髪(べんぱつ)を切られたり、病人を海中に投棄されるなどの暴行に堪えかねて蜂起し、船長ら7人を打ち殺した。
  船は、石垣島沖に座礁し、380人が島に上陸した。石垣の人々は、仮小屋を建て、彼らに住まいを提供した。  

 しかし米国と英国の海軍が三回にわたり来島し、島に砲撃を加え、上陸してきびしい捜索を行った。中国人労働者は山中に逃亡したが、百名以上が銃殺され、逮捕され、自殺者、病没者が続出した。島民は深く同情し、密かに食糧や水を運び、中国人側の被害が少なくするよう配慮した。

 そして事件処理に関する国際交渉に取り組んだ結果、翌1853年9月、琉球側が船二隻を仕立て、生存者172人を福州に送還した。
 中国ではこの事件が契機となって大規模な苦力貿易反対の機運が盛り上がった・・・

 (この歴史的事件については、まったく知りませんでした。)

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

平久保小正門

 平久保小学校は、石垣島の最北端に近い所にある。
 宮良校長先生のご自宅は離島桟橋の近くだから、石垣島最南端。毎日、南北に長い石垣島を往復されている。船浮から石垣島に戻ったと思ったら、今度は毎日往復2時間のドライブらしい。

 私たちが学校に着いたのは、10時半くらいだった。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

芝生の運動場と丸屋根体育館

 すぐに校長室に通していただいた。先生方に「私のお友達の藤井さんです。」と紹介してしてくださった。
 あいさつの後、宮良先生が最初に言われた言葉。
 「奥さんのお疲れは、取れましたでしょうか?」
 今回の旅行は、うちのヨメさんの疲れをやわらげるが目的ですと言っていたのをよく覚えていてくださったのだ。(さすが、です。)

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

平久保幼稚園

 その後、各教室を案内していただき、併設されている幼稚園も見せていただいた。
 それぞれの学級は複式でも5名以下、幼稚園も2学年合わせて5名。学校の存続が危ぶまれているとのこと。
 近くにたくさん牧場があるのどかな環境にある学校なのに、なくすのはもったいない。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

B,zのプロモに使われた絵の前で

 4・5年複式学級の三崎先生とお話させてもらって、びっくりした。
 三崎先生は京都出身ということで、詳しく聞いてみると・・・
 私の教師生活のスタートが、大原小学校百井分校。その時、本校にいたのが三崎先生(三崎君!)。サッカーをすごくがんばってやっていたので、私は覚えていた。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

宮良先生にカメラをお願いして

 当時、大原はサッカーが盛んで、スポーツ少年団の指導も学校の先生がすべて行っていた。私は、時々お手伝いに行っていた程度なので、残念ながら三崎先生の記憶にはなかったようだ。
 それでも、指導しておられた安田先生、義井先生、同級生のチョウ君のことなど、ローカルな話題で盛り上がった。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

スカートめくれる強風

 こんな所で大原の話ができるとは、思ってもみなかった。

 宮良校長先生もお元気そうで、私の好きな歯切れのいい話し方も健在だった。宮良先生は、沖縄独特の「・・・しましょうね」がない。話し方は、江戸っ子ぽい。沖縄ではめずらしい人だと思う。 

画像(100x180)・拡大画像(240x432)

平久保灯台

 午後から校長会があるとのことだったので、お昼前に先生とはお別れした。
 
 正味4日間の旅行で、3人の校長先生とお会いした。鳩間小中の小山校長先生、船浮小中の崎濱校長先生、平久保小の宮良校長先生。
 もし、私が今も現役の教師だったとして、このお三方の下で働くとしたら・・・
 人間的に一番おもしろそうなのは、小山先生。一番しっかり働けそうなのが、宮良先生。何でも相談にのってもらえそうなのが、崎濱先生。
 とにかく、三人とも尊敬できるすばらしい先生です。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

平久保崎

 (なんか、校長さんめぐりみたいになってしもたなあ。私何様? 教育委員会の視察でもあるまいに・・・。)

 平久保小学校を出た後、せっかくなんで最北端の平久保崎へ行った。そこはとにかく、風がビュンビュンでこわかった。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

食事処「はまゆう」

 ガイドブックにも載っている「明石食堂」さんが休みだったので、宮良先生ご推薦の「はまゆう」に食べに行った。
 メニューは少なかったが、当店自慢のという「タコライス」を注文した。これが、意外とおいしかった。ぜひ、食べてみてください。
 店の厨房のあたりを、小さな子が動きまわっていた。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

絶品「タコライス」

 あれっ、あの子、さっき平久保幼稚園にいた子とちがう? お昼やし、帰ってきたんかな。それとも、人ちがい?
 どっちにしても、小さな子がいるだけで、その場がなごむ。大人だけ、年寄りだけの集落に未来はない。
 どんなことがあっても、無理をしてでも学校は守ってほしい。それが、学校がなくなってしまった地区に住んでいた者の願いです。

画像(180x100)・拡大画像(432x240)

川平湾

 効率ばかりが優先されて、ひとりひとりをしっかり見つめるという教育の基本が忘れられていく。
 今まで小学校が担ってきた地域の文化センター的な役割も、忘れられていく。
 「本当に、学校がなくなってもいいんですか?」
 考えて考えて考えて、その上もう一回考えてみてください。お願いです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月06日(日)

第24回日本平桜マラソン [ランニング・出張販売]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

23.4kmの部スタート

 いつもレースのスタート前、自分なりに今日のテーマを決める。
 今日は天気もよく、春らしい絶好のコンディション。東京から近いこともあり、女性の参加者も多い。ランスカランナーが多いかも。ブログに載せられないかなあ。

 23.4kmの部のスタートはかなり込んでいた。
 1km過ぎくらいから、だらだらとした上りが始まる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大慈悲院川堤の桜

 小さな川沿いに見たこともない桜が。なんと、一本の木からいろいろな色の桜の花が咲き乱れ・・・。
 
 もうすこし進むと、日本平動物園。ここは、大会前日、家族4人で何回も行った。山の上の爬虫類館に行き、スーパースライダーですべって降りてくる。これがおもしろかった。 ハイエナの「星」くん、元気にしてるかな。子どもがついて来なくなっても、動物園は行きたいな。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

日本平動物園入り口

 3km過ぎくらいから、前を行くランスカランナーに追いついてきた。
 「写真、撮らせてもらっていいですか。」とか、「ブログに載せてもいいですか。」とか声をかけたかったのだが、できなかった。一番の原因は、その表情の険しさである。
 何人ものランスカランナーに追いつき声をかけようとしたが、みんな厳しい顔だった。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

桜並木の上り坂

 上り坂が延々と続くのだから、あの表情も無理もない。ただ、ランスカはまわりの注目をあびているのだから、もうちょっとにこやかに走ってほしいと思った。私が見たかぎりでは、みなさんランスカが似合っていただけに、よけい残念。

 10km手前、山の頂上付近。ランナーにタッチして応援されている人がいた。近づくと、テレビカメラと音声マイク。
 「あっ、パッション屋良さん。」ウェストバッグからデジカメを取り出し撮っていると、向こうから話かけられた。
 「すごいですね。カメラを持って走ってるんですか。」
 「はい、いつも。」 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

パッション屋良さん

 「今日の調子は?」
 「はい、バッチリです。」

 そこを過ぎると、後は下り。足がスイスイ前に出る。
 ぱっと目の前に広がる駿河湾。そして、その向こうに真っ白な富士山。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

向こうにうっすら富士山が・・・

 その時、急にある人のことが頭に浮かんだ。
 「高石てるえさんが、ここを走れるようになったらいいのになあ。きっと、きれいな富士山を見て喜ばはるやろなあ。」
 ガンと戦っておられる高石ともやさんの奥様。勝手に応援したいけど、迷惑かな。マラソン大会で応援メッセージを身に着けて走る、というのはどうやろう。絶対使ったらあかん言葉は、「がんばれ」やね。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

15km付近

 「いっしょに走ろう、高石てるえさん」
 「しっかりにっこり、高石てるえさん」
 「待ってます、高石てるえさん」
 こんなとこで、どうでしょう。

 そんなことを考えながら走っていると、もう大通り。もう15km地点。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

老犬も応援

 だいぶ前に23.4kmの部に出たが、ゴール前、渋滞の車の排気ガスを吸いながら走ったといういやなイメージが残っていた。それは、最後の2kmくらいだと思っていたが、後8km以上。
 こんな長かったっけ?
 ただ、前よりは車が少ないようにも思う。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゲストの平川地1丁目

 しかし、排気ガスよりも気になりだしたことがある。山下りでスピードアップしたため、2時間切りの可能性が出てきた。残り5kmくらいからは、かなり、前のランナーを抜いた。
 残り1kmくらいからは、もう時計を見る余裕もなく、最後は息絶え絶えのゴール。うーん、2時間ちょっと越えてもたー。くやしー。 

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

バロン君、5歳

 とその時、「キャロットさん、後でお店行きます」の声。
 「あっ、馬杉さん!」
 ああ、こんなところにランスカ美人が。最後の最後に追い着いたようだ。
 馬杉さんは、元kappa社員で現役ウルトラランナー。今は退職されて他の仕事をされているが、今もうちの通販を利用していただいている。
 私が知っているウルトラランナーの中で一番の美人です。うちのヨメさんいわく、「あんなきれいな人やのに、何が彼女をウルトラに駆り立ててんのかなあ。」 

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ベリーちゃん

 別に、人は何かつらいことがあってウルトラに走っているのではないと思うんですが・・・。

 馬杉さんのゴールタイムを聞いて、ビックリ! 2時間0分18秒。なんと、私と同タイム。
 「2時間切れへんかった二人ということで、いっしょに写真を」 うまいことお願いできました。
 もちろん、撮影役はうちのヨメさん。トイレに行くひまもなく一人で働いていたのに、やっと帰って来たと思ったら、「写真撮って」てか? そら、怒るのも無理もない。ごめんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

美人ウルトラランナー、馬杉裕子さん

 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

大文字駅伝激励ラン

大文字駅伝激励ラン

2008あいの土山マラソン・女編

2008あいの土山マラソン・女編

「29周年!」「知らん!!」

「29周年!」「知らん!!」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.