パオパオだより

2008年04月12日(土)

ブルガリアへの国際電話 [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

きく椿

 今日、二回、ブルガリアに電話した。中学時代の担任、中古賀先生に。

 はじめは、昼の2時半(現地時間朝の8時半)。
 「先生。やっとクラス会の案内状できました。これからぼちぼち動き出しますし。先生は、前言ってた5月18日だいじょうぶですよね。」
 「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」
 「先生に送りたいもんいっぱいあったんですけど、今から送ったら入れ違いになりますかね。」
 「そやなあ。帰るのが4月26日やから、日本に帰ってからもらうわ。」
 「わかりました。楽しみにしててください。」

 その後、百井と別所へ。
 百井の林幸博君に、案内状4人分(百井分)を託す。
 幸博君はすでに百井組3人に声をかけてくれていて、内2人はいい感触だったとのこと。さすが、言いだしっぺ。ちゃんと責任感持って動いてくれている。
 うれしい。たのんまっせ、4人とも来てくれよー。

 別所では、まず「小谷屋」さんへ。私のいなか花背別所町唯一の料理旅館だったのに、今は見る影もない。
 しかし、同級生のよりちゃんの携帯番号はわかった。
 小谷屋のおばさん、家に行ったら、ものすご喜んでくれはった。
 「今年はえらい雪でなあ。だれも雪かきしてくれへんさかい、うらのガラス戸、全部割れてしもたわ。しょうがないし、私一回やってみたんやけど、すべって腰打ってしもてなあ。
 こうちゃん、よう来てくれたなあ。頼定にも声かけたって。そら、喜ぶわ。」

 小谷屋のおばさんとのやりとりで、おかしかったこと。
 「あんたとこはええわなあ。みな、しっかりしてはっさかい。うちはあかんわ。頼定はふらふらしとるし、○○のとこもようヨメさんがしんぼうしとるわ。」
 「そんなことないですって。外から見るのと中味は大ちがい。うちかて、いつヨメさんに逃げられるか、いつボクが追い出されるか、毎日ビクビクしながら生きてますねん。」
 「そんなこんないやろな。」と言いながら、さっきまで暗かったおばさんの顔が、ぱっと明るくなっていた。

 次は富雄君の親戚、高則さんとこへ。
 「富雄君の連絡先わかったら、教えてほしいんですけど・・・。」
 「わしゃ、知らん。家も売ってしもたらしいし、どこにおんにゃろなー。」
 こら、しゃーない。何かほかの手を打たねば。

 父に会い、由紀ちゃんの連絡先をさがす方法を聞いてみる。「別所には、親戚らしい親戚はおらん。」これも、しゃーないな。別ルートを探ろう。

 家に戻り、もう一度ブルガリアへ国際電話。こっちの夜9時半(現地時間昼3時半)。
 「先生、よりちゃんの連絡先わかりました。ボクはちょっと暗いイメージを持ってたんですけど、今日の声は明るかったですよ。この後すぐ電話したげてください。
 ほか、百井組は・・・、富雄ちゃんは・・・、由紀ちゃんは・・・」
 「いろいろとご苦労さんやなあ。」
 「そんなん、全然。けっこう楽しんでやってます。」
 「また、おくさんにおこられてんのんちゃうか。」
 「えーとこ、つきますね。そのとおーり。 小谷屋のおばさんに、ボクもいつ追い出されるかビクビクしてますねんってゆうたら、大うけでしたわ。」
 「そうかー。ははははは。(ブルガリアからも、高笑い) 
 バラのハンドクリームぎょうさん持って帰るし、それでかんにんしてもらい。」
 「はい。よろしゅうお願いします。」

 よっしゃー、これでなんとかクラス会の形が見えてきた。手動カメラでピントを合わせていく感覚。これ、好きなんや。
 先生も楽しみにしてくれてはるれど、ボクはもっともっと楽しみです。さあー、14人中何人来るか。
 これから先も、あらゆる手を打ちまっせー。

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

きくが笑ってる

◎できあがった案内状は、以下の通り。
                                             
                    2008年4月吉日
 
 花背第一中学校・1970年度卒業生の皆様へ

       中古賀クラス会のお知らせ

 花の色が美しい季節になりました。皆様いかがおすごしでしょうか。
 
 すでにご承知かと思いますが、私たちの母校、花背第一中学校・別所小学校は昨年3月閉校となり、統合して花背小中一貫校となりました。現在暫定的に別所の校舎を使用していますが、来年春より花背第二中学校跡地に完成する新校舎に移転します。(別所から学校がなくなります。)

 中学校卒業後37年がたち、私たちも50歳を越えました。
 一昨年、PTAだよりの原稿の件で百井の林幸博君に会い、その時、中古賀先生とクラス会がしたいなあという話になりました。昨年3月、ブルガリアから一時帰国されていた中古賀先生に相談すると、たいそう喜ばれ、翌年5月にまた帰国するので頼みますとのことでした。(2月末、国際電話で先生の出席は確約していただきました。)
 会場は、林幸博君ご一家が経営されている百井の地鶏料理店「とり幸」さんです。
 交通の便が良くないところですが、百井のきれいな空気を思いっきり吸いに来てください。   当日、私(こうじ)はハンドルキーパーに徹するつもりですので、送迎は遠慮せずに申し付けてください。


              記        

 日時  2008年5月18日 (日)  12時30分〜
 場所  「とり幸」  (大原百井町、百井分校お向かい)
       TEL 075-744-2252           
 会費   6000円 (当日、受付にて申し受けます)   
幹事   藤井廣司  TEL  090-6989-2171     
           e-mail kikukouji@docomo.ne.jp
林 幸博  TEL 075-744-3044 (養鶏場)
  075-744-2252 (とり幸)

※ 恐れ入りますが、4月30日までに電話(またはメール)にて幹事まで出欠をお知らせください。
 (欠席の時は、中古賀先生へのメッセージを送ってください。責任を持ってお伝えします。)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=73

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

おじいさんとの約束

おじいさんとの約束

おもちつき2015

おもちつき2015

きょうはたのしいひなまつり

きょうはたのしいひなまつり

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.