パオパオだより

2009年04月02日(木)

中古賀先生からの手紙 [学校]

画像(227x320)・拡大画像(454x640)

日本語忘れたか? 「左京区」の「左」が「佐」になってる

 私の中学時代3年間担任だった中古賀先生からお手紙をいただいた。(私の中学時代は、はるか40年ほど前)
 ブルガリアからのエアメール。
 退職されてからブルガリアに移住され、5年ほど住んだら日本に帰ってくるとおっしゃっていた。ところが、去年の5月、一時日本に帰国されているときにクラス会をしたのだが、どうもその話はあやしくなってきた。
 「外国人も、死んだらちゃんと火葬にして葬ってくれるらしい。」とか言っておられた。
 「ブルガリアに骨を埋めるつもり?」

 今回のお手紙は、引越しのお知らせだった。
 「人口250人の、小さないなか村です。首都ソフィアからは約80km、バスで約90分です。」と書かれていた。
 もうブルガリアに行かれて4年。当初の予定だと、あと1年で帰国される予定だったが、この調子だとどうなることやら。

 今日は、小中時代の同級生の優子ちゃんからも手紙をもらった。娘さんが、本格的な歌手として活躍されている。「彩花」と書いて、「いろは」と読むらしい。彼女の記事が掲載されている雑誌を送ってきてくれた。

 よっしゃー、この雑誌も含め、またいろんなものをブルガリアに送ったろー。
 中古賀先生、お楽しみに!

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=426

コメント

 「子は親を選べない」
 うちの子らは、気の毒に思います、変な父親で。その分母親がしっかりしているので、バランス的にはいいのでしょうか。
 「児童生徒も先生を選べない」
 いい先生に出会えるかどうかでその人の将来が決まってしまう、と言っても過言ではないと思います。私の担任だった中古賀先生は、正直な先生でした。子どもの前で都合の悪いことをごまかしたりしない先生でした。だから、今も信頼しています。
 同級生の優子ちゃんは、私のまたいとこ。負けず嫌いな性格は、昔のままのような気がします。でも、去年37年ぶりに会ったら、なんかスッキリしていてビックリしました。
 M見さんは転校ばかりなら、クラス会とか行けてないんでしょうね。それは、ちょっとさびしいですね。

パオパオ 2009年04月02日 23時14分 [削除]

ブルガリアと聞くと、真っ先にヨーグルトを思い浮かべるのは私だけでしょうか?
中学の先生や級友と今でも交流があるなんて、うらやましいですね。
うちは転勤族だったので(父は国家公務員、日本各地をてんてんとしたました)生まれ育った土地というものが無く、転校も経験しているので当然交友関係も浅く広く。
だから、級友との別れの淋しさより、新転地へのワクワク感の方が勝ってました。
コボンは逆に、今住んでいる土地を愛しているし、保育園時代からの『幼なじみ』が沢山います。

M見ちゃん 2009年04月02日 22時57分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

仕送り

仕送り

わんわん運動会inみわ

わんわん運動会inみわ

一生裏モテ期

一生裏モテ期

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.