パオパオだより

2009年01月14日(水)

「大丈夫であるように ―Cocco 終らない旅―」 [映画]

画像(320x180)・拡大画像(515x290)

 沖縄出身の歌手・Coccoさんの映画を見た。

 映画の中で、三つの言葉が心に残った。

 「生きろー」
 「よんなあよんなぁ」
 「最後に花が咲いて、よかった」

・「生きろー」 
 言いたいことは、一つだけ。生きろー・・・、ふっ・・・、生きろー・・・、ふふっ・・・、生きろー・・・。

・「よんなぁよんなぁ」
 友だちが突然死んでしまった時に思った、もっとゆっくりゆっくり生きてほしかったって。沖縄では『よんなぁよんなぁ』って言うんです、ゆっくりゆっくりのことを。


・「最後に花が咲いて、よかった」
 アニメの『もののけ姫』は、人間のせいで世界がずたずたになる。そのずたずたのまま終わって欲しかったのに、映画の一番最後に花が咲いた。がっかりしました。どうして? これでは、また何も考えない人が増えるだけだと思った。
 でも、子どもができてこの映画をいっしょに見たとき、『どうか、最後に花よ咲いてくれ』と思った。子どもには、希望にあふれたきれいな世界を見せてやりたいと・・・。

 この映画は、「Cocco きらきら LiveTour 2007/2008」を追ったドキュメンタリーだ。
 
 旅の始まりは1通の手紙だった―独自の完成と唯一無二の存在感で、熱狂的なファンをもつミュージシャンCocco。沖縄の米軍基地移設予定の海に現れた2頭のジュゴンの姿に喚起された彼女は、歌を通じ、何かを変えていこうとしていた。そんな折に届いたファンからの手紙。それは核再生処理施設のある青森県・六ヶ所村に暮らす少女からのものだった。そしてCoccoは北へ向かい、知る。自分と同じ痛みを抱える人が日本中にはまだたくさんいることを。自分たちも知らずに何かをしてしまっていることを。原爆ドーム、ひめゆりのおばあ達、息子のこと、死ぬこと、生きること・・・美しいものも醜いものもすべて胸に刻み、唄いながら、祈りながら旅は続いていく。日本中の傷跡に、いつか花が咲くように。みんなの明日と将来と夢が、大丈夫であるように。(映画のパンフレットより)

 「何かをしなくては、でも何をすればいいのだろう。けっきょく、私には唄うことしかない。」
 Coccoさんの自分への問いは、見ていてつらかった。そこまで自分を追い込まなくてもいいのに。

 「まず、事実を知ること」 
 その通りだと思います。今まで知らなかった自分を恥じることはない。今から自分のできることを考えればいい。
 自分が思ったこと感じたことを、そのまま唄ってもらえたら、聞いた人がまたそれぞれ何かを考えるでしょう。そんなに、自分を追いつめなくても・・・。

 映画の最後に、Coccoさんの近況がテロップで流れた。
 「2008年4月 拒食症で入院」
 あかんてー。追いつめすぎやって。

 今は、コンサートもお休みされているようだ。
 よんなぁよんなぁして、またいつか元気な姿をみせてください。
 「あっちゃんはヨー、○○でヨー」と、またみんなに語りかけてください。ゆっくりゆっくり、待っています。(「あっちゃん」というのは、Coccoさんの自分の呼び名です。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「沖縄ジュゴンを守ろう」の展示

 映画に行こうと思ったのは、今日の朝。
 京都シネマの会員更新しめきり日(1月末)が近づいていた。
 それに、去年、チャレンジ(職業体験)で真樹の中学校の子が「京都シネマ」に来ていた。
 新聞の映画欄を見ると、「大丈夫・・・」。あっ、あのCoccoさんの映画・・・。12時15分から。
 ヨメさんのヨガ教室が11時半からやからちょうどいい。「北山駅」まで送ってもらおう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 いい時間に着き、会員更新の手続きも終えた。
 受付の横には、男子中学生が二人。まちがいなく、○中生だ。
 この映画の写真集を買おうとしてその中学生にお願いしたら、(二人がかりで)テキパキと対応してくれた。
 胸の名札をしっかり見る。「O君」と「T君」。帰ったら、真樹に話してみよう。
 (去年は女子やったのに、今年は男子や。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「君ら、○中の2年やんね。」
 「はい。」
 「うちの娘も○中の2年なんや。6組なんやけど・・・。」
 「はい。」

 話に乗ってこないところを見ると、6組ではないようだ。彼らが6組だったら、私の名を名乗ろうと思っていたのに…。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 上映15分前に開場。
 そこで、このチャレンジ君の登場。集合をかけ、入場引換券に印字されている番号順に招き入れていた。
 そしてそのあと、前説というか諸注意といか、それをきちんとやっていた。
 もちろん紙を見ながらの説明ではあるが、チャレンジも4日目となると落ち着いたものである。拍手したくなるほどうまかった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 真樹から聞いた話だが、去年チャレンジで「京都シネマ」に来た子は、映画鑑賞の時間があったらしい。
 去年の子は何を見たのかな。「ひめゆり」やったらいいのにな。
 今年は?
 今上映中の映画の中では、この「大丈夫であるように」がピカイチです。中学生にも、この映画を見てもらいたいなあー。

 

 大丈夫じゃないのに
 大丈夫って言わなきゃいけないのが
 いやだ。

 大丈夫じゃないのに
 大丈夫でなきゃいけないのが
 いやだ。

 大丈夫じゃないって言っているのに
 大丈夫?って聞かれるのが
 いやだ。

 なのに
 大丈夫じゃない人を目の前にすると

 大丈夫?って
 そんな言葉しか探せない自分が
 いやだ。

 ごめんね。

 大丈夫であってほしい、って
 想ってるんだ。
 きっと。

 大丈夫になってほしい、って
 願ってるんだ。
 きっと。

 大丈夫であるように、って
 祈ってるんだ。
 いつも。

 いつもいつも
 いつもいつも

(「大丈夫であるように」写真集、Coccoの言葉より)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=344

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「FAKE」

「FAKE」

滋賀マスターズ練習会 ( なでしこは?)

滋賀マスターズ練習会 ( なでしこは?)

走り足し

走り足し

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.