パオパオだより

2021年01月08日(金)

この3か月で10歳老けた [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮2の24時間バイト。
 朝家を出る時は−5℃だった。今晩ちゃんと寝られるか知らん。

 私の熱は一進一退。そらそうやわなあ、お医者さんに診てもらってへんにゃから。
 11月の膀胱内視鏡検査から、12月、1月と3か月連続で発熱。この3か月で10歳くらい老けた。一挙に75歳くらいになった感覚。もう走るどころではない。

 今日思い切って、京大病院放射線治療科のN医師に紹介してもらった「Kクリニック(泌尿器専門)」に電話してみた。
 電話に出られた女性がすごく感じのいい方で、今までのいきさつをできるだけ短くして聞いていただいた。もうこれだけで、半分治った感じ。

 「京大病院放射線科の先生に紹介していただいて・・・。」
 「そうなんですか。先生のお名前は?」
 「N○○○先生です。」
 「あー・・・。」
 「私が今までお話させていただいた先生の中で、一番話しやすい先生です。その先生がすすめてくださるのならまちがいないと思いまして。」

 だいぶ待ってもらうかもしれないと言われたが、明日の9時の予約が取れた。
 これで、このダルダル地獄から抜け出せたらなあ。
 「お願いしまーす。」
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

体温を細かく記録している

※以下、明日先生に読んでもらおうかと思ってまとめた病歴。

藤井廣司(ふじいこうじ) 1955年(昭和30年)12月14日生まれ

■入院歴

1.鞍馬口耳鼻科 2016.10.3〜10.11 甲状腺腫瘍摘出

2.鞍馬口耳鼻科 2017.4.26〜5.4 甲状腺全摘+リンパ郭清

3.京大放射線科 2017.7.10〜7.14 アイソトーブ治療(隔離病棟)

4.鞍馬口内科  2018.2.8〜2.16 胆のう炎発作で緊急入院

5.鞍馬口内科  2018.3.19〜3.23 胆管に入れたステント抜き

6.鞍馬口内科  2018.7.12〜7.18 胆のう全摘

7.京大放射線科 2018.8.6〜8.10 アイソトープ治療(隔離病棟)

8.京大放射線科 2019.10.21〜10.25アイソトープ治療(隔離病棟)

9.鞍馬口泌尿器炎 2020.7.31〜8.6 膀胱癌切除手術

10.鞍馬口泌尿器科 2020.11.13〜11.26 急性細菌性前立腺炎

-------------------------------------------------------------------

「血尿から膀胱癌、前立腺炎へ」

2019.2.17 フルマラソンゴール後、トイレで大量の血尿。(37年走っていて初めて)
     調べてみると「長引かないようであれば、あまり気にしなくてもいい」とのことだった。
      その後も長い距離を走ると血尿が出ることが多くなってきた。ただし、一晩寝るときれいな透明に戻っていた。
2020.5.? だんだん短い距離を走っても血尿が出るようになってきたので、鞍馬口耳鼻科の医師に相談。腎臓内科を紹介してくださった。
   6.11 鞍馬口腎臓内科受診。腎臓は異状なしとのこと。
   6.12 京大放射線科でCT検査の結果の説明を受けた。「転移はだいじょうぶですが、膀胱に癌がありますね。手術することになりますが、京大でも鞍馬口でもどちらでも」
   6.19 鞍馬口泌尿器科で、膀胱内視鏡検査。「経尿道的膀胱腫瘍切除術」決定。

   7.31 鞍馬口泌尿器科入院。
   8. 3 経尿道的膀胱腫瘍切除術+前立腺腫瘍の針生検
   8. 6 退院。1時間間隔くらいで尿意はあるのにおしっこがほとんど出ず、激しい痛みが続く。
   8.19 やっとおしっこが普通に出るようになった。

   11.9 手術後3か月の経過観察。膀胱内視鏡検査。
   11.11 おしっこがほとんど出なくなってきた。
   11.12 発熱。40℃超。
   11.13 鞍馬口泌尿器科で診察。即入院して、「1週間程度の点滴」を受けるように言われた。
   11.19 緑膿菌が検出されたので、点滴を変更するとのこと。それによって入院延長。
   11.26 退院。

   12. 4 京大放射線科で甲状腺癌の経過観察。その時に京大病院泌尿器科を紹介してもらえないかお聞きした。
      「普段なら大丈夫だが、今はコロナのことがあるので難しい。京大出身の先生が開業しておられるで、そこに相談してみられては」と。

   12.13 発熱39.5℃。
   12.14 鞍馬口泌尿器科へ。即入院を勧められたが、「これ以上仕事を休めない」と、抗生剤内服(レボフロキサン錠)にしてもらった。
   12.21 鞍馬口泌尿器科へ。抗生剤内服(ファロム錠)。
   12.27 抗生剤内服終了。

2021. 1. 1 発熱38.3℃。
      昼は36.5〜37.5、就寝中は37.5〜38.5の熱が続く。

現在    熱が上がると頭痛、腹痛、吐き気あり。
      また、1時間ごとに尿意があるが少ししか出ず。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=5182

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

中学のクラス会・続き

中学のクラス会・続き

「沖縄・第一部」

「沖縄・第一部」

第30回たたらぎダム湖マラソン

第30回たたらぎダム湖マラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.