パオパオだより

2009年02月02日(月)

カントリーロード100kmマラソン [昔話]

画像(320x224)・拡大画像(640x449)

 もう、16年半も前の話です。

 私が100kmを完走したのは一度だけ。
 1992年8月15日に、米子で開催された「第2回カントリーロード100kmマラソン」である。
 前の年8月10日生まれ、1歳になったばかりの廉とヨメさんを連れて、泊まりがけで参加した。

画像(320x221)・拡大画像(640x443)

 このコースは最高だった。スタートして大山の中腹まで上って下りて50km、今度は美保ヶ関の先っちょまで行って帰って50km。

画像(320x217)・拡大画像(640x434)

中間点でひと休み(私36歳、ヨメさん30歳、廉1歳)

 おもしろいけどすごいコースだった。私は、その中でも特に、美保ヶ関に渡るかけ橋が海面からかなり高くて怖かったのを覚えている。

 最後の10kmくらいは足がつり、「ちょっと歩いては立ち止って屈伸」のくりかえしになった。
 主催者さんが、「一応、制限時間は15時間」と言っておられたので、最後はあせった。
 「なんとか、制限時間内にゴールを・・・。」

 真っ暗になったゴールに待っていたのは、かわいいかわいいますみちゃんとれんだった。廉を肩車して、ゴール(トップの写真)。
 14時間49分28秒。
 なんとかギリギリセーフ。
 このときの「パオパオ」は、ちょっとは輝いていたかな。

 後で分かったことだが、主催者さんも走っておられ、私の8分後にゴールされました。
 のんびりしたいい時代でした。

 (この大会は細々とではあるが続いていると聞きましたが、現在どうなっているのでしょう。主催者は松浦晋一さんという方でした。
 この大会で、「24時間リレーマラソン」の荻原敏さんや、岡山の貝畑和子さんと知り合いました。)

画像(217x320)・拡大画像(434x640)

 この翌年から2年連続で「サロマ」に挑戦。2年連続アウト。
 これも、ヨメさんと廉についてきてもらった。2回目は、ヨメさんのお腹の中に真樹が・・・。

 「丹後100km」ができて、第1回から8年連続挑戦。8年連続アウト更新中。
 こちらは、ずっと一人で参加しています。
 やっぱりゴールで待っていてくれる人がおらんと、完走は無理なんかなあ。

画像(230x320)・拡大画像(461x640)

☆「ロード・トゥ・トカシキ」17日目

 今日もスタンダード。
 きくとのスロージョグ2km。14分2秒。
 今日は、きくも真剣に走った。シッコタイムは3回だけ。なれてきたんかな。

 そのあと、3kmペース走。今日は、途中で1回も時計を見なかった。16分38秒。8秒差。ええぞ。順調順調。
 2km+3kmで5km。

 今日、重大な発見をした。
 ぺ−ス走で一番大事なんは、自分の足音やね。足音に違和感を感じる時はダメ。足音のリズムがきれいな時は、だいたい時分の思い通りのタイムで走れている。
 まわりの人に惑わされず、自分の足音に神経を集中すれば、申告タイムレースを制することが可能です。
 これ、どうでしょう。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=363

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2009


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

誕プレ誕プレ

誕プレ誕プレ

真樹とヤクルト

真樹とヤクルト

眞寿美店長の誕生日

眞寿美店長の誕生日

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.