パオパオだより

2016年05月29日(日)

第30回京都チャリティ・ファンラン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自宅から車でわずか10分。
 今日は、宝が池で行われる「京都チャリティ・ファンラン」へ。私の練習場所でもある宝が池は、走って行っても20分弱。こんな近いところでマラソン大会を開催してもらえるとありがたい。

 去年は、ヨメさんが軽自動車で一人で販売に(私は当日すでにガードマンのバイトが入っていた)。今年は私も日を明けていたので二人体制で。主催者さんがきっちり指図をしてくださったので、無駄な時間がなく短時間でさっと準備ができた。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 参加者数の多いハーフの部は、9時と10時半の2回に分けてスタート。そのため、受付やトイレもそんなに混まず。交通規制のいらないコースならでは。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時のスタート時点で、気温は26℃超え。長く走る人にとってはきびしいコンディションだ。
 私は「短めの距離をより速く」がモットーなので、「ファンラン」には向かない。参加費が4000円ということもあって申し込んでいない。ゆっくり走るにはこのコースはいいのかもしれないが、速く走りたいものにとっては砂利が多く不向き。気温がかなり上がったこともあり、申し込まなくて正解だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 久保実行委員長さんのごあいさつ。
 「私は後期高齢者になり、次回から大会運営を若い方に任せるつもりです。今日もスタッフとして来てもらっている木村さんに・・・。」

 私も以前から親しくさせていただいている「キムカツ」さん。今日も会場に到着するなり私を見つけ、早朝から溝にはまった鹿を救出してきた話をしてくださっていた。奥さんもお子さんもいつも楽しそうだし、きっといいご家族なんだろうと思う。いい後継者が見つかりましたね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この大会の収益金の寄付先のNGOのみなさんからのごあいさつ。
 カンボジア難民の支援に始まり、京都で36年に渡り途上国の人々の自立支援と、緊急災害支援を行っている国際協力NGO「NICCO」。
 洋裁の技術指導を通して、途上国の主に女性たちの経済的自立を支援するNPO「リボーン・京都」。
 タイの子どもと女性を支援するNGO「KIDS」。

 参加費が4000円とちょっとお高いのには、こういうわけがあるんです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 散歩に来られる一般の方もいらっしゃるので、コース上にはたくさんのスタッフが配置されている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時ちょうど、ハーフ第1組(Aゼッケン)がスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ファンランの割には意気込んでいるランナーが多かったような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時15分、私も1周2.5kmのコースを走ってみることにした。
 スタートしてしばらくすると、道幅が広く、きれいに整備された道。ここは木陰が多く気持ちいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 池の周囲に出ると、道はボコボコ。角ばった石もたくさん転がっているし・・・。
 はっきり言って、「飛ばすな危険!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 給水は分かりやすい。

 「水は緑、スポーツドリンクは赤!」

 うーん、スイカみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コース内で堂々とくつろいでいるネコちゃん。
 大物ですなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コース途中でチラチラと比叡山が見える。
 ファンランコースとしては、景色がよく、変化もあり、なかなかいい感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく1周2.5kmを15分半ほど。
 これだけでもけっこう汗をかいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート前にごあいさつに来てくださった三重の佐伯さん。今日は、地元三重の関森さん(24)の伴走。
 Fゼッケン(フリーラン)の意味がよく分からなかったが、自分のスタートしたいときにスタートすればいいみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 近くに自動販売機もないとなると、急にお腹が減ってきた。600mほど離れたところにあるコンビニへ。

 「いや、こうちゃん!」と呼びかける男性あり。
 「あら、こんなとこで・・・。」

 いなかのうちの本家の克己のおっちゃんとこの次男。小2の息子といっしょにサイクリングの途中らしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コンビニから戻ると、関森さんのゴール。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km56分とか。自己ベストより4分ほどかかったようだが、ゴール後の表情はさわやかだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時30分、ハーフ第2組(Bゼッケン)がスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 わが京都走ろう会から唯一の参加でしょうか、前田さん。
 スタート前、「長く走るのは久しぶりで、ドキドキします」とおっしゃっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも走り出されたら、「楽しく走れています。本当に『ファンラン』っていう感じですね」とおっしゃっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前田さんは、けっきょくハーフの自己ワースト記録だったらしい。でもそれ以上に、楽しく走れたことがよかったとのこと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私も今度はドサクサ紛れに2周5km。
 6分43、5分55、5分41、5分30、5分01で28分51秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お店のほうは見に来られる方もまばらでヒマ。
 まあ、一日森林浴ができたからよかったのかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会終了間際に、最後1周速めに。
 4分30、4分19、2分04で10分55秒。最後にキロ4分ペースに迫れたのでまあまあですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 正直ほとんど売れませんでした。
 でも家から近い大会で、雨が降り出す直前に片付けられたからいいとしましょうか。
 そうそう、私も合計10km以上走れたのでいい練習になりました。

 あとは、池の周りのコース整備ですね。走るにはあまりにもデコボコすぎる。これはどこにお願いしに行ったらいいんでしょうか。 

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=3474

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

5

2016


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

急に走らせてはならない

急に走らせてはならない

ランナーズ9の会

ランナーズ9の会

第22回伊江島一周マラソン・続き

第22回伊江島一周マラソン・続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.