パオパオだより

2012年06月23日(土)

富良野へ! [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6月23日、小樽朝里クラッセホテルの朝食。
 札幌でバイクを借りて、富良野経由で旭川まで約180km。しっかり腹ごしらえをしておかなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ホテルのお向かいはスキー場。リフトが上まで続いているのだが、霧が濃く全体を見ることはできない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私たちの食事中、同じホテルから大型バイクの女性が発進。
 こんなん目の前で見せられたら、ますますヨメさんの「中型二輪熱」が高まりますがな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雨の予報だったが、時々日差しもあり、思っていたよりはいい天気になるようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 札幌市白石区の「イーグルオート」さん。
 レンタルバイクの係の方は、水泳の北島康介似。やさしそうなお兄さんでよかった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 お店は3階建てのビル。
 これだけ大規模のバイクやさんは京都にはない。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 お借りしたスズキGN125は、ヨメさんにとっては初めて。しかし、京都でレンタルしていたヤマハYBR125とそんなに変わらないとのこと。よかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 体にピッタリマッチしていい感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 メーターを見せてもらってビックリ。
 走行距離400kmちょっと。ほぼ新車やないですか。
 これは、キズつけんように気をつけなあかん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走り出して最初のコンビニでいったん止まる約束。トラブルがあっても、ケイタイの音に気づかない可能性があるので。
 7kmほど北に走ったところに広い駐車場のあるコンビに発見。
 ヨメさんは案の定、足元が寒いと言う。コンビニのとなりに「しまむら」があったので、そこでソックス購入。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 札幌市の北隣りの江別市にある酪農学園大学。
 ちょうどオープンキャンパス開催中。気球に乗せてもらえたみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この先は石狩川沿い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いいフンイキの電車。こんなんも乗ってみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは初めて乗る車種なのに、何の問題もなく乗りこなしている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北海道は、道路沿いもきれいな緑に包まれている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の休けい場所に決めておいた「道の駅・三笠」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここまで40kmちょっと。
 順調です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんのツイッター用の写真撮影。
 北海道らしいバックを探して。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここから国道12号を右折し、めざすは富良野。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 おー、これこそ北海道。
 家が一軒もなく、緑の中をきれいな道が続いていく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただ、バイクとまったく出会わない。今日は土曜日だというのに・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長いトンネルに入ったので写真を撮ってみたが、なんやよう分かりません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 三笠から約70kmで富良野へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼のお目当ては、カレーの「唯我独尊」。
 
 到着したとき、ヨメさんの手は寒さでガチガチ。
 「寒かったら、前走ってんにゃから止まったらよかったのに。」
 「走り出したら、もう止まらん。」
 「かんぺいちゃんとちゃうんやから・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 注文したのは「ソーセージ付きカレー」(1100円)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 辛そうに見えるが、そうでもなかった。おいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 窓の外ではクモが糸を張っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そんなに大きくないお店なので、ほぼ満員状態。
 店の外の席で食べておられるお客様もあった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ルールルルー・・・」
 ヨメさんはそれ(合言葉)が言いたくて、おかわりに立った。また、腹こわすちゅうのに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 厨房ではかっこいい外人青年。
 なかなかおもしろいお店です。

 ここで一息入れて、ヨメさんは手も温めて、次にめざすはベンダー畑。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その途中で、またかわいい電車に遭遇。
 絵葉書みたいな景色です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ファーム富田」到着。
 ここには富良野最大のラベンダー畑がある。観光バスもバンバン入ってくるような大規模な観光地のようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中をフラフラ歩いていると、「ピヨピヨ」と泣き声。
 排気口のようなところをのぞいてみると、鳥さんが。写真撮らしてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は寒かったせいか、ラベンダーの開花が遅れている。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ところどころにおみやげ物屋さんがあり、退屈しない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 おみやげ物屋さんの建物を出ると、目の前に散歩中のワンちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「キャナディ・メス・7歳」

 こんなところでかわいいワンちゃんに会えるとは思っていなかった。それにしてもかっこよすぎる名前。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ラベンダー石鹸を作っておられるところも見学。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 街に向かって写真を一枚。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう一枚。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのスタッフさんが乗っておられたスクーターもラベンダー色。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ラベンダーの開花には早すぎたようだが、ほかの花がきれいに咲いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ラベンダーの花はまだまだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはラベンダーに似ていますが、チャイブ(エゾネギ)の花。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらがラベンダー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ファーム富田」を出て、美瑛経由で旭川へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 美瑛まで30数km、そこから旭川まで30km弱。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ファーム富田を出た直後から、雨がパラパラ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 美瑛でも観光したいところがあったのだが、雨のためスルー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次第にも雨がきつくなってきた。
 ただ一日中雨を覚悟していたので、これだけですんだのはラッキーだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5時前、「ルートイン旭川駅前」に到着。
 雨のため予定より早く着いてしまったが、余裕のある行程にしておいてよかった。もっといろいろなところに寄りたかったが、富良野でゆっくりできたのでまあいいでしょう。
 ゆっくり休んで、また明日。

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 「明日は入賞狙い」と意気込んで来ているのに、練習が全然できていない。
 雨がやんだので、旭川の街中を走ることにした。
 ホテルを出てしばらく走ると石狩川河川敷へ。ここはきれいに整備されており、距離表示板もしっかり設置されていた(カメラを置いてきたため、写真はなし)。
 3.5km、約21分走ったところで休けい。
 そこから上流に向かって1000mタイムトライアル。4分くらいかと思って時計を見ると、3分50秒。速いペースを速く感じないということは、確実にレベルアップしている証拠だと思う。
 そこからホテルまで帰れば、今日の練習は終わりと思っていた。ところが迷走。川の支流方向に入ってしまったようだ。
 通行人お二人にお聞きして、ホテルに近づきつつあると思い込んでいた。ところが駅前のにぎやかな景色とは明らかにちがっている。
 「黒猫ヤマト」の営業所にちょうど帰ってきた宅配ドライバー。
 「すいません、旭川駅前のホテルに戻りたいんですけど、こっちで合ってます?」
 「駅ですか・・・。お客様、ちょうど正反対です。この先の交差点までいっしょに行きましょう。」
 「お客様」と呼ばれたのも驚いたが、交差点まで案内してくださって、そこからの帰り道をくわしく教えてくださったことも驚いた。もうこれで、旭川のイメージがぐーんとアップ。
 にぎやかなところまで戻ったとき、念のためコンビニのご主人にもホテルの位置をお聞きした。すると、今度は市内の地図を出してきてくださって説明してくださった。旭川の方はみなさん親切です。
 帰り道は迷走したおかげで6km、40分10秒。

 これで3.5+1+6で10.5km。いい練習になりました。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=1701

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

6

2012


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「さよなら。いつかわかること」

「さよなら。いつかわかること」

第1回京都亀岡ハーフマラソン

第1回京都亀岡ハーフマラソン

きく、よわ!

きく、よわ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.