パオパオだより

2017年03月26日(日)

3・5・10練習 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4月8日(土)の「伊江島マラソン」では、3km5km10kmの3種目に連続挑戦予定。出るからには、3種目とも入賞を狙わなくては。できれば3km優勝、5km2位以内、10km3位以内と行きたいとこですが・・・。

 そのためには本番と同じ条件の練習をしなくては。
 本番は14時30分3km、15時10分5km、16時10km。京都走ろう会のコースを使って、これとまったく同じで日程で練習。できれば、13分、22分、46分くらいで行きたいところ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつものコインパーキングに車を入れ、出雲路橋へ。
 少しだけアップジョグをし、橋の東詰めへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ネコちゃんらが元気でよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 14時30分、北山大橋を渡って帰ってくる3.1kmコースへ。
 シューズは、本番でも使う予定の「アディゼロタクミ センブースト」で。

 4分13、4分23、4分14、26で13分17秒。
 3km地点では12分51秒。本番はここから1分以上縮めなくては。

 次の5kmスタート時刻まで25分ある。いったん車に戻り休けい。体が温まったので、長そでを半そでに着替えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 15時10分、次は南下して葵橋を渡り、北上して北山大橋を渡って戻る5kmコースへ。
 走り出すと、ポツポツ雨が降り出してきた。予報より早くなったようだ。

 4分24、4分29、4分30、4分27、4分21で22分13秒。
 こちらもあと1分以上縮めたい。それはだいじょうぶでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川にまるこいもんが見えたので、すかさず撮影。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ヌートリアやん!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また車に戻り休けい。

 16時より、出雲路橋スタート、丸太町橋〜御薗橋往復の10kmコースへ。
 このころから雨がきつくなってきた。

 4分35、4分42、4分48、4分52 、4分44で中間点23分41秒。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北側折り返しの御薗橋の下は通行止め。
 仕方ないので、100mほど手前で折り返し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その分、出雲路橋ゴールを250mほど先延ばし。

 4分46、4分51、4分49、4分36、4分29で23分31秒。
 雨で体が冷えてきたが、後半よくがんばった。
 10km、47分16秒。
 最後の2kmのように、キロ4分半ペースでずっと走れたらなあ・・・。

 久しぶりの「3・5・10練習」としては上出来。
 本番まであと2週間弱。あと2回はこの練習をやっておきたい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月25日(土)

きく、12歳! [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 好例、きく誕生日お祝い手作りケーキ(?)
 今年の出来栄えはも一つでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

キャロちゃんらの墓参り+α [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年の暮れのお餅つき以来の帰省。
 今日12歳の誕生日を迎えたきくちゃんもいっしょに。

 もう雪はほとんどないと思っていたのに、日陰にはけっこう残っていた。
 花背峠を超えたところにあった雪の上で記念写真。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いなかの家の玄関前はシカのフンだらけ。
 こんなこと初めて。うちの家がシカたちの集会所になってたんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 水道栓を開いて、水がちゃんと出るかチェック。
 そのあと、用事があったので兄の家へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんはなんか大張り切り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この時期のうちのいなかにすると、ポカポカして暖かかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それでも、日陰には雪がたくさん残っていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 兄の家の前には、屋根から落ちた雪がまだ1mほど残っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも、日なたに出ると雪はまったくなくなってしまう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんちょっと待っててね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくを庭にくくりつけ、家の中に入ってしばし歓談。

 「お兄さんは、こうじさんにしゃべってしゃべってしてはったなあ。」
 「そら、なかなか聞いてくれる人もおらんにゃろ。」

 ということで、兄と1時間半ほど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんは「ワン」とも言わず、かしこー待ってました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 迎えに行ったら、さすがこの時は「ワワワーン」とおこっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雪をシャクシャクシャクシャク・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まだまだ、シャクシャクシャクシャク・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「きくちゃん、メイに殴り込みに行こかい。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長寿犬・メイは、うちのヨメさんが近づいたらシッポたれたれになっていた。
 ただし、まだまだきくでは相手にならん感じだった。こう見えて、メイはけっこう強い犬なんです。
---------------------------------------------------------------------------------

 さて、ここから本題の「キャロちゃんらのお墓参り」。

 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この場所には、今は山椒の木がいっぱい植えられている。キャロちゃんらの墓が壊れてたらどうしようと心配だったが、ちゃんと残っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあたりが、キャロちゃんはじめ8ひきのネコちゃんのお墓。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこからちょっと離れたところにエリちゃんのお墓。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんと私はしっかり拝んでおいた。
 きくはどうかな。えらいとこ連れて来られたと思ているのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ずっと気になってたお墓が、残っているのが確認できてよかった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 1年に1回くらいは見に来なあかんね。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いったん家に帰って昼食。
 おうどんを用意してきたので、ヨメさんがそれを作ってくれた。

 きくちゃんは、散歩に行き過ぎて疲れたかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後に父のお見舞いに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 と言っても、うちの真裏にある「花友・はなせ」へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おじいさーん。」
 「おー。」
 いつものパターン。

 「だれか分かる?」という言葉はNGワードらしい。
 「こうじです。」
 「分かっとるわい。」
 ほんまに分かってたかなと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 父は寝たまま受け答えをしていたので、少し元気がないように見えた。それでも、ところどころに父らしい言葉も出たので安心した。私だけではこうはいかない。やっぱり、うちのヨメさんにも来てもらわんと「刺激」にはならんわな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 道路の雪が解けたので、これからはちょくちょく顔を出すようにしよう。
 「おとちゃん、待っててね。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年03月24日(金)

逡巡 [病院]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は、今後の治療日程を決める日。

 最初の診察の時に、I医師から「藤井さんが4月末が都合がいいということだったので、手術は2〇日と2〇日と2○日のどれかで考えています」と言われた。それをちょっといい加減に聞いていた。

 手術前のいろいろな検査が終わり、再び耳鼻科の診察室へ。
 「手術は4月20日にすることにします。」
 「あっ・・・、それはちょっと・・・。」
 「えっ、最初に言っていた日なんですけど。」
 「すいません、いい加減に聞いてました。4月22日に店の出張販売がありまして・・・。」
 「それはどなたかに代わってもらったりはできないんですか。」
 「そうできないことはないんですけど、売り上げがだいぶ変わってくるんですよ。慣れた私らが行かんことには、商売にならんのです。どうしてもその日しか取れないということでしたら、4月22日の出張販売は行くのをやめます。」

 担当のI医師はしばらく無言。
 「手術を助けてもらうスタッフの都合もありますので、しばらく時間をください。」

 ということで病院から帰り、銀行のATMでお金をおろしているときにI医師から電話。
 「藤井さんの都合が悪いということで、手術日を変更しました。4月26日入院で27日に手術でいいですね。」
 「ありがとうございます。無理言ってすみません。」

 これで、甲状腺全摘の手術日が決定。
 手術前のひと暴れと決めていた、「香住ジオパークマラソン」の中途半端な新種目、「途中下車33.551km」を走れる。「香住」のフルは、スタート地点に戻って反対側に4.5kmほど往復してゴール。その部分を省略した「途中下車の部」が今年からできた。何でもかでも中途半端な私にはピッタリと言っていい種目だ。
 キロ4分半ペースで33.551kmだと、2時間31分。これは何としても2時間半を切らんとあかんねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月23日(木)

知らんかった甲状腺 [病院]

◎NEVERまとめより

画像(320x280)・拡大画像(640x561)

■甲状腺とは?

のどぼとけの近くにあります
蝶が羽をひろげたような形をしています。

新陳代謝を促すホルモンを出しています。
甲状腺ホルモンはfT3(フリー・トリヨードサイロニン)、fT4(フリー・サイロキシン)の2種類から成り、全身の細胞に活力を与える働きをもっています。

画像(320x255)・拡大画像(322x257)

甲状腺は、食べ物に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌するところです。

甲状腺ホルモンには、体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにする働きがあります。つまり、活動するために必要なエネルギーを作り、快適な生活を送るためになくてはならないホルモンです。

甲状腺ホルモンは多すぎても少なすぎても体調が悪くなってしまいます。
(出典 harecoco.net)

------------------------------------------------------------------------------------

 今日は、寮1(二条)8時半から17時。
 寮生が全員出て行ったので、日中の出入り業者さんの対応くらい。すごく気が楽。
 お昼休みに「甲状腺」について、あらためて調べてみた。

 今さらながら、「あー、知らんかった。」
 甲状腺て、のどぼとけの左右に2つある臓器やと思ってました。
 ちゃうやん。左右一体型の蝶々みたいな形してんにゃ。こんな基本中の基本のことも知らんかったー。
 去年10月の私の手術は、「左の甲状腺を切除した」手術ではなく、「甲状腺の左側部分を切除した」手術だったんですね。

 それに、甲状腺てけっこう大事な臓器やん。
 「脳の活性化、体温の調節、心臓や胃腸の活性化、新陳代謝の促進」やてー。
 甲状腺全摘したら、甲状腺ホルモンの代わりの薬を飲み続けんならんらしいけど、ほんまにそれでだいじょうぶなんかしらん。

 心配、心配。
 もっといろいろなことを知っとかなあかんね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月22日(水)

暑さ1mの壁・2 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(468x351)

東北大学病院・内服照射用の隔離病室

 '善い人生(良い生活)'とは、愛に力づけられ、知識によって導びかれた人生(生活)のことである。(The good life is one inspired by love and guided by knoledge.)

 これは、バートランド・ラッセル(イギリスの哲学者、1872−1970)の言葉。
 座右の銘など持ち合わせていないのだが、大学時代に哲学をちょっとかすった私としてはやはりこれ。

 「愛」のほうは十分。眞寿美さん、廉、真樹。私の勘違いという説もあるが、本人が愛されていると思い込んでいるのだから問題ないでしょう。
 問題は「知識」のほう。知識がないと導かれへんどー。

 今回の私の病気騒動にしても、私に医療の知識が全くないことが大問題。興味もないし。そんな私の基本姿勢は、医師の話をしっかり聞き逃さないこと。ボーっとしているように見える私ですが、意外や意外、ひとの話をしっかり聞き取る能力はあるんです。

 ヨメさんは最近医学関係の勉強もしているせいか、「病院関係の人らの言うことは信用できん」と断言している。私はその逆で、「病院関係の人らのゆうてはることにすがるしかないやろう」という立場。

 しかし、私がそれ以上に信頼しているものがある。それは患者さんのブログ。医師やうちのヨメさんは、「ブログはどうかなあ」と言う。
 ブログをあなどったらあかんで。
 ほとんどのブログは、「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、また何事も付け加えないことを誓って」書いてはるねん。私もそうですよーん。
 自分の病気のことについて、隠したり付け加えたりしてもしゃーないやん。第一、死ぬかもしれん自分の病気のことを冷静に書けるだけでもえらいと思う。

 ただーし、そんなブログはみな女性。男はそんなん書く力も残ってへんちゅうことでしょうか。私のブログは、世間的には「ランニングブログ」、現実的には「恐妻ブログ」、でもこれからは「甲状腺低分化癌ブログ」方面に力を入れましょうかねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月21日(火)

厚さ1mの壁 [病院]

画像(286x214)

九州大学病院・放射線治療室

 「なんかなあ、1週間ほど外と隔離された狭い部屋に監禁されるらしいわ。きー狂わへんかなあって心配やわー。」
 「そんなもんだいじょうぶや。紙とえんぴつ持ち込んでな、今までの人生を振り返って書き」とターコ姉(私の2番目の姉)。
 「いやー、病気のせいでひらがなも忘れてしもたし、それは無理やなー」の返しはややうけ。

 しかし、これって反省文か。
 わしゃ今まで反省ちゅうことをしたことがないし、これは無理やわ。この姉からのあたたかいお言葉も、「どうなんだかなー」っていう感じ。

 昨日、聞きたいことがあってターコ姉のケイタイに電話。
 出たのは義兄。「今、宮津にいるねん。」
 ターコ姉家にはケイタイが1つで使いまわし。家には固定電話もないそうだ。

 今日、その姉から電話がかかってきた。(ケイタイが戻ってきたんですね。)
 「夫婦間で連絡したいとき、どうするん?」と聞くと、「そんな、どうしても連絡したいことってある?」と聞き返された。「なんか大変なことが起こったとして、連絡してもらっても何にもでけへんやろ。」
 達観してますね。なかなかここまで行けんわな。
 ターコ姉は私にとっては一番歳の近い(4歳上)身内だが、私と似ているところはほとんどない。いやいや、上の姉も兄もそうなのかもしれない。自分と感覚のちがう身内からの意見を聞く、というのも有意義なことである。

 もう甲状腺を全摘して、アイソトープ治療をせなしゃーないという段階になってきた。でも、その「1週間独房に缶詰」のイメージがわいてこなかった。
 今日、その放射線治療室の画像が見つけられた。殺風景やねえ。こんな部屋に一人で1週間って、ほんまにだいじょうぶか知らん。

 「鞍馬口」のI医師は、何度も「暑さ1mのコンクリートの壁に囲まれた部屋に1週間」とおっしゃっていた。ああ、おそろしおそろし。きー狂わんようにせんなんなー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

8.6滋賀反核平和マラソン (つづき)

8.6滋賀反核平和マラソン (つづき)

真柴先生から牡蠣が・・・

真柴先生から牡蠣が・・・

忘れていた結婚記念日

忘れていた結婚記念日

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.