パオパオだより

2008年01月18日(金)

三女性からの手紙 [学校]

 仕事から帰ると、家に3通の手紙が来ていた。

 ?岩井千尋さん(20代)

 私が小学校教師をしていた時の、最後の教え子の一人。(17年も前の事です。)
 もうすぐ、大学院を卒業とのこと。福祉の仕事をしながら、勉強していたらしい。

 去年、「宇治川マラソン」会場で16年ぶりに会ったけど、あまり変わっていなくてホッとした。
 去年は5kmに出ていたが、「あの坂は、もういいです。」と書いてあった。(確かに・・・)

  人生の坂はいっぱいあるから、今度はそっちをがんばって。これから、どう展開していくのか楽しみ。応援してるよ。

 ?福本先生(たぶん30代)

 去年、当時小6の娘が、鴨川で大文字駅伝の練習をしていた時、少しお話をさせてもらった他校の先生。初対面だったが、あたたかくはげましていただいた。

 お礼のつもりで年賀状を出したら、とてもかわいいお返事を送ってこられた。
 こんな先生が、当時、娘の学校にもおられたら・・・。(それは、言っちゃなんねえー・・・。)

 ?中山みよ子先生(60代)

 私の小学校時代のあこがれの先生。
 美人で、元気で、かっこいい先生だった。
 去年、私の母校の閉校を機に、40年ぶりに連絡を取った。その時もていねいなお手紙をいただき、それ以来おつきあいが続いている。
  
 現在、教職は退かれ、長崎で坊守さん(お寺のご住職の奥様のお仕事)をされている。そして、定期的に出しておられる「お寺だより」を、いつも送ってくださっている。

 私がブログを作ろうと思ったのは、この先生の影響も大きい。・・・よきライバル!
 (私のブログは、「お寺だより」のように役に立ちませんが・・・。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

左より岩井さん、福本さん、中山さん、

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年01月14日(月)

アッシー君 [家族]

 昔、車で送り迎えをしてくれる便利な男友達のことを、「アッシー」君と呼んでいた時代があった。
 「足」からきた言葉らしいが、今や死語。

 中1の娘・真樹が遊びに行きたいので、友達二人といっしょに送ってほしいとのこと。ダイヤモンドシティ・ハナ(五条のジャスコ)に行きたいらしい。
 
 待ってました!
 こんなこともあろうかと、たくさんの人が乗れる車を持ってます。

 友達は、MIUちゃんとKAOちゃん。
 3人で、いっぱいプリクラをとってきたとのこと。(真樹も含めて)3人とも、かわゆーい。・・・のですが、残念ながら、お見せすることはできません。
 「なんか、パソコンは、写真をぼかす機能もあるんやって。そやし、3人の写真貸してくれへん?」
 「そんなこと、できるわけないやろ。友達に迷惑かかるし。」 (親よりしっかりしとるやん。)

 その代わり、3人の話を行き返りたっぷり聞かせてもらいました。
 一番多かった話題は、やっぱり、3人が所属しているバスケ部の人間関係に関することでした。たいへんやねー、ぎょうさんおるから。(中1女子は、20人。)
 その次は、先生? 男子? 勉強? 当たり前かもしれないけれど、学校に関することが多かったです。
 後は、テレビ番組や好きな歌、家のこともちょっとだけ出てきました。
 それぞれの家でいろいろな決まり事があるらしく、それにくらべたら、うちは放し飼いやなあ。

 そうそう、そう言えば、「勉強しーすぎたら、あほになんでー。やめとき、やめとき。」といつも言っている私の言葉を友達に言ったら、「真樹、いいなー。いいなー。」って、うらやましがられたそうな。(こんな親がいたら、先生は困る。)

 これからも、ゆってくれたらなんぼでも「アッシー君」したるけど、こんなヒマなお父さんて、あやしまれへんかな。ちょっと、心配。

 この際、ついでに言っときますと・・・
 去年の4月、車を買い替える時、決め手になったのは、「トヨタ・シエンタ」のフロントマスク。うちの「きくちゃん」がおこってくちびるめくれてる時と、そっくりなんです。
( これは、マニアしかわからない。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

トヨタ・きくンタ!? 私のジャンバーは真樹が買ってくれたもの

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年01月13日(日)

第34回武庫川新春ロードレース [ランニング・出張販売]

 去年の4月から、二人の子を家に置いて夫婦だけで出張販売に来ている。もう慣れているはずやのに、何かモタモタモタモタ。
 全部きちんと出せていない状態で、5kmヨメさんのスタート時刻に。
 「トイレも行くヒマなかったのにー。」と、プリプリしながらスタート。
 そのわりに早く戻ってきた気がしたので、「早かったやん、どれくらい?」と聞くと、「32分ちょっとちゃうかなあ。」
 「えー、そんなかかったん。遅なるいっぽうやなあ。」
 「店もちゃんとできてへんし、トイレも行けへんかったし、ウォーミングアップもなしで走ってるのに、なんやーその言い方はー・・・。」
 大荒れ。32分23秒、出場15人中13位。

 私のほうは、10kmに。
 普通にスタートし、気持ちよく普通にゴール・・・したつもりが、45分13秒。
 いつも同じレースで私の後にゴールしていた二人に声をかけられた。
 一(はじめ)さん。「どうしやはったん?いつ抜かれるか抜かれるかと思てたのに。調子悪かったんですか。藤井さんに初めて勝たしてもろた。」(ニコニコ)
 太田さん。「最後抜いた時、また抜き返してくれるかと思ってたのにね、どしたん? 藤井さんが前に見えて、ええ目標になったわ。おかげで60代6位入賞やて。藤井さんのおかげやー。」(ニコニコ)
 こんなに人様に喜んでもらえたのは、ひさしぶり???
(ちなみに、07年は42分11秒・12位、06年は42分36秒・8位でした。・・・3分も遅なってるやん。知らなんだー。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大荒れ前のにこやかな走り

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

すごく助かる有料荷物預かり(200円)


Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年01月07日(月)

宮良美代子校長先生 [沖縄・学校]

 お昼、私の携帯に電話あり。
 「お仕事中にすみません。藤井さんでしょうか? 石垣・平久保小学校の宮良です。」
 「わー、先生、お久しぶりです。」
 「年賀状をいただたのに、お礼が遅くなってしまって・・・。実は昨年、私の父が亡くなりまして、年賀状が出せなかったんです。」
 「そうなんですか。わざわざすみません。先生とこの学校のことは、新聞の記事で読みました。インターネットで見られるんですけど・・・。<人権の花>をみんなで植えたって。」
 「ええ、そうなんですよ。人数は少ないけど、いろんな事やってますよ。今も花は少し咲いてますが、春になるといっぱいになるんですよ。
 年賀状にも書いてありましたけど、2月に西表に来られるんですね。もし時間があれば、ぜひ石垣にも寄ってくださいね。こちらは暖かいですよ。今日も20度かな。ずっと雨ばっかりなんですけど。」
 「スケジュールがどうなるかまだはっきり決まってないんですけど、行ってみたいです。
 ほんとうに、わざわざご連絡していただいて、ありがとうございました。」

 2006年6月、西表島の北にある鳩間島の小中学校の運動会に参加(ヨメさんと娘と3人で)。その学校は、当時うちの子どもらが通っていた学校と似たところがたくさんありそうだった。(過疎化による学校存続の問題など) そのころ学校がおもしろくなく少し元気がなくなっていた娘に、いろいろな世界を見せてやりたくて、日本の西の端まで行くことにした。
 そこの運動会には「1000m走」があり、娘にいいとこ見せたくて参加。しかし、鳩間中の3年男子と若い女性に負け、3位だった。( この二人は、35度くらいの炎天下を3分台でぶっとばした。あの弾丸のような女の人は誰?)
 ちょっとくやしくて話しかけてみると、彼女は西表島西部の陸の孤島と呼ばれる船浮の小中学校の先生だった。(だいぶ後でわかったことだが、その先生は2000年高校駅伝沖縄代表選手だつた。どうりで・・・)
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2006鳩間小中運動会・女子50m走      (1位入波平先生、2位ヨメさん)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

創作エイサー(中央は古我知先生)


 「うちの学校の運動会にも、ぜひ来てください。」
 その言葉をきっかけに船浮小中に電話してみると、校長先生が出られた。初めて電話したちょっとあやしい(?)私に対して、すごくていねいに対応してくださり、まよわず10月の運動会に行くことにした。
 うちの娘も、父よりはるかに足の速い女の先生に感動して、「あんな元気な先生が、うちの学校にいたらなあ。」とあこがれの目で見ていた。

 10月、当時小6の娘と二人、小中合わせて5名の船浮の運動会に参加させてもらつた。6月に顔見知りになった鳩間の古我知先生や生徒も参加しており、少し話すことが出来た。船浮の校長先生や例の足の速い先生(入波平先生)ともお話が出来て、ほんとうに楽しい運動会だった。近隣の子どもたちや親の友情出演(?)、先生方のてきぱきとした動き、その中に入れてもらった自分たちも心から楽しんだ。子ども・先生・地域の心がひとつになっているのが実感できた。
 
 運動会の閉会式の校長先生のあいさつの中で、私たち親子のことも紹介してくださり、最後に上原港でお別れする時にはご自分のアクセサリーを取って娘にくださった。(そのまがたま型のアクセサリーは、今も娘の携帯についています。)
 「こんな先生が、うちの学校にいてくれはったら・・・」
 こんどは私がそう思ってしまいました。

 もし2月にお会いできたら、1年4か月ぶり。すてきな笑顔が健在でありますように・・・。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2006船浮小中運動会・校長先生のお話

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

個走のスタート(ホイッスルは入波平先生)


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

近隣の子どもたちで満杯になったシーソー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

児童生徒・教職員・地域で演じるエイサー


Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年01月06日(日)

京都走ろう会例会(1月第1日曜) [ランニング]

 京都のランニングクラブの中で、歴史・会員数とも一二を争うのが、「京都走ろう会」と「京都ランナーズ」である。
 私は両方の会員であるが、「京都走ろう会」のほうは、ほとんどゆうれい会員と言っていい状態だった。
 毎月第一と第三日曜が例会なのだが、出張販売日と重なることが多く、ほとんど参加できていなかった。今年は、出張販売も減らしていく方針(藤井眞寿美店長談)なので、今までより参加できるだろうという見込みで?年ぶりに年会費を納めさせてもらつた。(わずか2000円です)

 「京都走ろう会」のいいところは、どの幹事さんも長く続けておられるという安心感です。しばらくぶりに行っても、例会を運営しておられる幹事さんは10年前20年前とほとんど変わっていません。(その点、「京都ランナーズ」は行くたびに新しい人が役員をされているという印象があります。)
 また、昨年から津田昌子さんが会長に就かれ、会長をみんなが支えていこうというすごくいい雰囲気ができつつあるように思います。100人規模・30年以上の歴史があるランニングクラブの会長に女性が就任というのは、全国的にもめずらしいのでは。
 私自身も、何かで津田会長のお役に立てないかと思つています。

 例会は10kmに参加、45分40秒でした。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

津田会長と塚本幹事

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

例会起点・出雲路橋西詰北側


Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年01月05日(土)

ちび [わんこ・にゃんこ]

 映画のあと、中学時代の恩師中古賀先生のご実家へ、ねこのちびちゃんの写真をもっていった。お孫さん二人がその写真を取り合いになって、おかあさんにしかられていた。(よろこんでくれたかな。)
 去年3月におじゃましたときには、起き上がるときに「よいこらせ」といいながらも元気に歩いていたのに、10月4日に死んでしまったそうだ。でも、それは先生の誕生日の翌日だそうだ。(ねこのテレパシー!?)

 「19才まで、よう長生きしてくれたね。」
 今ブルガリアにいる先生も、きっとそう思ってはるにちがいない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

2007.3.12の「よいこらせ」のまえのちび

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

「カフカ・田舎医者」「いのちの食べかた」 [映画]

画像(180x120)・拡大画像(250x167)

 2008年、初映画
 「カフカ・田舎医者」
 狂言・茂山家の一族が声を担当。当日茂山七五三さんと茂山茂さんの舞台あいさつがあるということで、みなみ会館は満席。みなみ会館が満席になったのは、「ジョゼと虎と魚たち」以来か。
 カフカと言えば、私の学生時代にその全作品を読んだはずである。しかし、「田舎医者」はおぼえていなかった。
 映画はうまくできていたと思う。カフカ独特のじれったさが、みごとに表現されていた。ただ、カフカをまったく知らない人は見ないほうがいいかも。(カフカは「変身」で有名だが、私は「城」が一番好き。じれったさの極致。)

 今回の「田舎医者」やアカデミー賞ノミネートの「頭山」よりも、「年をとった鰐」が強く印象に残った。年をとりすぎ、家族からうとまれるワニの悲哀がなんともいえんかった。
 
 年をとったワニには身内を食べてしまい、家族から追放されてしまう。やつとたどり着いた離れ小島で、ひつそりと暮らしていたタコと出会い、友達になる。でもおなかがへって、夜になるとタコの足を一本ずつ食べてしまう。タコは数がかぞえられないので、足が無くなっていくことに気がつかない。そして最後には悩んで悩んだあげく、ワニはとうとうタコの体まで食べてしまう。かけがいのない友達を食べてしまったワニは・・・(意外な結末は、ぜひ作品を見てください。)

画像(180x125)

 「いのちの食べかた」
 新聞に紹介されたとき、見たいというより見ないかん映画と思った。説明や音楽が一切なし。その分、考える時間がたっぷりあった。
 すべての食糧は機械的に生産され、きれいな形で食卓に上る。ほとんどの人は、その過程を知らないし興味もない。
 牛が機械にはさまれ、殺され、つるされるシーンはつらかった。
 つらい場面もあるが、できるだけ多くの人に見てもらいたい映画だった。

画像(180x120)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

林幸博君

林幸博君

ひとのブログにコメント

ひとのブログにコメント

世界陸上マラソン代表

世界陸上マラソン代表

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.