パオパオだより

2018年04月19日(木)

朝帰りからの沖縄 [沖縄]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 詳しいことは書けないが、昨日の睡眠時間は1時間半ほど。あー、体だるだる。

 バイト先から家に戻ったのが朝7時ごろ。10時過ぎには沖縄に向けて出発したかったので、余裕は3時間。私は相変わらず、この時点でまだ何も旅の用意をしていなかった。

 それでも5日間きくとは会えなくなるので、まずはきくのお散歩へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「オッサンおらんけど、オバサンと仲良くね。」

 きくはかしこいので、だいたい私がゆうてることは理解している。

 大急ぎで旅の準備。
 今回は「古宇利島ハーフ」参加が目的なので、ランシャツランパン、ゲーター、ソックス、シューズ、これさえ忘れなかったらだいじょうぶ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 国際会館駅まで、ヨメさんときくに送ってもらうことにした。

 私の旅行カバンをにおぐきく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっぱり、この顔を見ると何にも分かってへんのかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄から阪急に乗り換え三宮へ。
 神戸空港のレストランは高いところばかりなので、三宮で食べることにした。
 「やよい軒」があったので、そこで「彩定食」(790円)を。ごはんもお代わりして、満腹。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 四条烏丸から三宮まで620円と超安いのに、ポートライナーの330円は高すぎる。200円が適正料金ですね。

 神戸空港からはソラシド。
 時間通りに出て、ちょっとだけ遅れて那覇空港着。

 ちょうど今日から、「島ぜんぶでおーきな祭 ー第10回沖縄国際映画祭ー」が始まる。たくさんの吉本芸人さんが沖縄入りしているはずだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は真樹のバイトがお休みで、空港まで迎えに来てくれた。
 そのついでに、「映画祭」を開催している桜坂劇場へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 見たい映画の発券時刻までまだだいぶあったので、お向かいの公園へ。 

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みんな元気そうでよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 桜坂劇場では、「ハーフバリ 王の凱旋」「ガチ王」「人魚のこころ」の3本上映。私たちは、ノンスタイル石田さんが脚本を書いた「人魚のこころ」を見ることにした。石田さんと監督の舞台挨拶もあるらしいので、それが楽しみ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 18時10分から発券で、その40分も前に様子を見に行った。すると他の2本のところにはそこそこの列になっていたのに、「人魚のこころ」は若い女性お二人だけ。
 まあお客が少ないということは、いい位置で見られるということなので良しとしましょう。

 列に並んでいる間に、ジャングルポケット・斉藤さん、品川庄司の品川さん、ダイノジの大谷さんなどが前を通って劇場に入って行かれた。(写真は品川さん。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 映画券をもらい、開場まであと40分あったのでごはんを食べに。
 すぐ近くの花笠食堂さんへ。

 私はグルクン定食(1100円)。ちょっと高いが、グルクンはなかなか食べられないのでこれにした。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹はそば定食(750円)。
 沖縄そばにカレーが付いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よく話しかけてくださった、若くてきれいなおねえさんと記念写真。
 ブログに載せてもいいと言ってくださった。

 そしてまた桜坂劇場へ。
 18時50分開場、19時10分開始。
 桜坂劇場Cホールはほぼ満席になった。

画像(320x168)・拡大画像(640x336)

「人魚のこころ」

■作品解説
石垣島で撮影されていた映画「人魚のこころ」。
主演の女優・沖本は、追加撮影の為に再び石垣島へやってきた。 そこへこっそりプレゼントを持ってやって来た沖本の彼氏・縄井。
マスコミから逃れるように石垣島を楽しもうとしていたが、 実は彼らの行動を追っている奴らがいた。
ホテルの外から部屋の様子をうかがう石塚
映画撮影スタッフを名乗る荒木
その仲間の松垣
隣から怒ってくる謎の外国人
石垣島で巻き起こる不思議なコメディー!

■キャスト
奥仲麻琴、今井隆文、猪塚健太、石田明、こうすけ(初恋タロー)、ジェロ

■監督・作品データ
監督 Takeshi Jac Kosaka
製作国 日本
製作年 2017
コピーライト © YOSHIMOTO KOGYO

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あまり期待はしていなかった割にはおもしろかった。
 最後の舞台挨拶で石田さんが言っておられたが、「自分と仲のいい人ばかりに出てもらった映画」らしい。たしかにそんな雰囲気は出ていた。
 一番最後の場面をもうちょい工夫してもらったら、もっと良くなったような気がする。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ノンスタイルのユニークなほうです」から始まる舞台挨拶は最高におもしろかった。映画よりこっちのほうが値打ちがある。
 「本当はもっと短かったはずなのに、みんながアドリブ出しまくり、監督がそれをカットせず全部使ったので長くなった」とのこと。
 また、「石垣の空は急変するので、撮影が途切れ途切れになり大変だった」らしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もちろん上映中、舞台挨拶中も撮影禁止なのだが、すべての最後に観客からの撮影タイムが設定してあった。これはうれしい。

 最後の最後に、石田さんが「今撮られた写真はあちこちに拡散してください。ノンスタイル・石田と三谷幸喜監督と紹介してくださいね。」
 ちがいます、Kosaka監督です!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 映画が終わり、私の運転で真樹の家まで。
 いつもウロウロしているという黒犬君に初めて会った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹の飼い猫「はんとぺん」は、予想通りベッドの下などに隠れてしまった。

 土間のおふろに入らせてもらって、そのあとは楽しいゆんたく。

 友だちがみんな遠くに行ってしまってさびしくなっていた真樹の生活も、だいぶ安定してきたようだ。
 「もうちょい収入が増えたら、ゆうことないのになあ」と私。
 「それは、沖縄ではむずかしいわ」と真樹。
 この先、どうしていくんでしょうね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月05日(月)

基地より生活? [沖縄]

画像(320x258)・拡大画像(451x364)
画像(216x320)・拡大画像(432x640)

◎毎日新聞2月8日朝刊

   激動・名護市長選の先に

          若者 基地より生活

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に反対した現職の稲嶺進さん(72)が敗れた名護市長選から2日後の6日、同市安部(あぶ)の集落では、上空を飛ぶ米軍機の不気味な音が響き渡った。約1年前、集落の浜の浅瀬で米軍垂直離着陸機オスプレイが不時着、大破した。移設先の辺野古沿岸部は集落から遠くない。商店を営む女性(62)は肩を落とした。「この静かな集落が変わってほしくない……」

 市長選では、移設推進の政府・自民に推された新人で元市議の渡具知武豊(とぐちたけとよ)さん(56)が大差で勝った。渡具知さんを支援し、前回も自民系候補を応援した県内企業幹部は勝因をこう言い切った。「若者の反応が4年前より全然いい。暮らしや仕事重視の訴えが浸透し、票を取り込んだ」
 自民側は前回、移設推進を前面に出した結果、敗れた。今回は逆に徹底して移設に触れず、渡具知さんは、若い世代を意識して子育ての支援や地域活性化策を訴えた。街頭に「若者が働きたくなる街に名護を変えよう!」との看板を設置し、無料Wi−Fiの整備、映画館やコーヒーチェーンの誘致を掲げた。
 渡具知さんを支援した嘉陽宗一郎さん(23)=琉球大4年=は1月以降、約30回、同世代を集めたミニ集会を開き、渡具知さんの政策を紹介した。「手応えがあった」。嘉陽さんは辺野古移設に無関心なわけではなく、本音は移設反対の立場。ただ「国策で移設が進められている以上、ひっくり返すのは難しい」と感じ、「ならば基地問題より、自分の暮らしが大事だ」と語る。
 2期8年にわたって移設問題で政府と対峙(たいじ)してきた稲嶺さんは「オール沖縄」の象徴だが、嘉陽さんらには違う姿に見えた。「反対と言っても工事は止まらなかった。それを見せられた僕ら世代は、『稲嶺さんはもう役目を終えた』と感じた」
 一方で同じ世代でも、稲嶺さんを支援した小波津義嵩(こはつよしたか)さん(22)=名桜大4年=の見方は異なる。小波津さんらは両候補の討論会を企画したが、渡具知さん側から断られた。「周囲は『稲嶺さんに勝ってほしい』との声が多かったのに、その声を広げるための議論の場をつくり出せなかった」と悔やむ。
 移設反対の名護市議、仲村善幸さん(70)は敗戦で学んだ。「対立構図を前面に出し、『反対しましょう』『政府のせいだ』と言っても、若者には価値観の押し付けに映る」。今秋には沖縄最大の政治決戦・知事選が控えている。仲村さんの危機感は強い。「若い世代が自ら行動する形をつくり出さないと、移設反対の運動は浸透しない」(この連載は川上珠実と遠藤孝康が担当しました)

--------------------------------------------------------------------------------

 今日は、寮2(出町)24時間。
 10日間も入院していたのと、3月は退寮時期ということもあり、イレギュラーな月曜勤務になった。

 2月4日の名護市長選は、予想もしていなかった稲嶺進市長の大差の敗北。テレビや新聞の解説をしっかり見て、自分なりの分析をしようと思っていたのだが、それもその3日後の入院で吹っ飛んでしまった。

 私が書きたかったのは、「名護の死は沖縄の死、いや日本の死である」というタイトルの記事。
 私が若いころの京都は、全都道府県の中で「一番国のいいなりにならない」ところであった。革新知事と革新市長がタッグを組み、国の補助金などに頼らない独自の府政・市政を貫いていた。
 しかしその革新自治体の良さを若者に引き継いでいくのに失敗し、現在はずっと保守系の知事・市長が続いている。それは、めちゃくちゃ単純化して言うと「平和よりお金」が大事な若者が増えたということだと思う。

 しかし、まさかまさかの沖縄までが「基地より生活」って、なに!?

 「国策で移設が進められている以上、ひっくり返すのは難しい」

 難しいから、もうやめておくってこと?
 米軍基地があるがゆえに被害を被っている人々は、他の人の生活のために辛抱しろってこと?
 なに、それ。
 命をかけて守るものが何もないってこと?

 未来永劫続くかもしれない巨大基地を受け入れて、「自分の暮らしが大事だ」って、どんな暮らしのこと?
 わしゃ、この嘉陽氏がなにをゆうとんのかさっぱり分からん。

 真樹に聞いたのだが、嘉陽氏は沖縄で最も有名な大学生らしい。沖縄の大学生や若者には、多大な影響力を持っているということだ。
 私には、議員の秘書になって政界入りを狙っているギラギラした野心家にしか見えん。悪いけど。
 お金を取ってくるのはうまいけど、本当に困っている人々はバッサリ切り捨てるああいう人たちの手下になって行かれるんでしょうかねえ。

 扇動する方もする方やけど、扇動されるほうももっとしっかりせいや!
 沖縄の若者!

 そんなことを思いながら名護市長選の記事を探していると、おもしろいものを見つけた。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(220x124)

   どこへゆくオキナワンボーイ 歌が聞こえなかった名護市長選

 自慢じゃないけれど、僕は沖縄で聴く歌や音楽が大好きなヤマトゥンチューのひとりだ。沖縄民謡は古典から新作まで呆(あき)れるほど好きだし(大工哲弘、嘉手苅林昌、登川誠仁、古謝美佐子、知名定男、照屋林助、大城美佐子、山里勇吉、喜納昌吉、あ、もちろんこれはただただ思い出した順番に書き出しているだけの順不同ですからね)、沖縄発のロック(伝説の紫やコンディション・グリーン、喜屋武マリーからモンゴル800に至るまで全部含めて)や、フォークソング(佐渡山豊、まよなかしんや)、ポップ(BEGIN、SakishimaMeeting、りんけんバンド、ディアマンテス)とか、歌謡曲(フィンガー5、南沙織から安室奈美恵)、ラップ(Chico Carlitoとか)を知った。

 30年前、僕はコザ(現在の沖縄市)の小さなライブハウスで聴いた歌が心に突き刺さってくるのを感じた。嘉手納基地のお膝元で幼少期から生きてきた知念良吉さんの人生に裏打ちされた歌に魅了された。
 ああ どこへゆく オキナワンボーイ 
 美しかったものは 泥だらけ
 ああ どこへゆく オキナワンボーイ
 夢まで 用意されていた (知念良吉『どこへゆく オキナワンボーイ』より)
 海洋博後の海洋汚染や石垣空港建設といった出来事が沖縄で語られていた時代のことだ。2018年2月の名護市長選挙の取材で、辺野古の護岸工事がどのような状態になっているのかを海上から船に乗って取材をしていた時だった。この30年以上前につくられた曲が突然僕の頭によみがえってきた。〈美しかったものは 泥だらけ〉
 キャンプシュワブの護岸にはクレーンが林立していて、ショベルカーで土砂が刻々と搬入されていた。その日は悪天候で、護岸工事の作業は規模が縮小されていたのだが、護岸工事の規模自体が去年の6月に海上から取材した際と比べると、とんでもなく拡大していた。沖縄県のいくつかの選挙結果で示された「新基地建設ノー」の民意なんか全く聞く耳をもたないとでも言うかのように、菅義偉官房長官の表現で言えば、「粛々と」工事は進められていたのだった。
 名護市長選挙の結果がどのようになろうとも、新基地建設工事は有無を言わせずに「粛々と」力づくで強行されていたのである。だが、そのあまりにも巨大な新基地建設のプランから考えると、現段階は、まだまだ入り口の入り口に過ぎない。それはまるで、福島第一原発の廃炉作業が、入り口の入り口段階に過ぎないのと似ている。事業主体というものは作業の進捗(しんちょく)状況を誇大に強調したがるものだ。
 もうひとつ、知念良吉さんの歌の〈ああ どこへゆく オキナワンボーイ〉という言葉でイメージに浮かんできたのは、名護市に住んでいる若い有権者たちの選択のことだった。名護市長選挙の勝敗分析で、公明党票約2千票が今回は「稲嶺おろし」に回ったという見方がされたが、もうひとつ重要なことは、4年前の市長選挙では選挙権のなかった18歳、19歳の有権者、1775人(1月27日までの選挙時登録)の投票動向が今回は決定的だったことだ。
 沖縄タイムス、琉球新報、共同通信が実施した出口調査では、10代の9割が、20代の8割が稲嶺候補「ではない」側に投票していた。10代の名護市の若者たちにとっては、基地反対運動なんかよりも「名護市にスターバックスが来る」という選択や、「ごみ分別が16種から5種に減る」方が、もっと重要だと判断したんだろうか。たとえば、小泉進次郎議員が遊説スタート地点に選んだ県立名護高校前に集まった君たちも、そのように投票したんだろうか。それはそれでいいや。僕は何にも言いたくない。「国策」である辺野古新基地建設の是非を、若いというか、まだ幼い君らに背負わせている本土の人間である僕らの方に途轍(とてつ)もない責任があるのだから。
 君らは小泉進次郎や三原じゅん子の顔をみられてよかったね。それは羽生結弦選手をみるために成田空港に出迎えに行った若者たちとそんなに変わるものじゃない。けれど、それで名護市のどこがどう変わるんだい? 彼や彼女はもうしばらく名護には来ないぜ。彼ら彼女らは、お呼びがかかればどこにでも行く国会議員の人気者だ。名護だけにいつまでも関わってはいられない。次は石垣市かもしれないし、その次は沖縄市かもしれない。呼ばれればどこにでも行って、耳触りのいいことを言って帰る人たちだ。何てかっこいい人たちなんだろう。君らはそう思ったかもしれない。
 君たちは普段どんな歌を聴いているんだい? 君らがおそらく票を投じたであろう候補者(現市長)の選挙キャンペーンで、多額のお金をかけて作曲された歌を聴いたかい? 〈勝つぞ 渡具知 勝利の男 勝つぞ 渡具知〉何だか軍艦マーチみたいな曲だったよね。君らはでもそうは思わなかったのかもしれない。だって稲嶺進さんの陣営には歌なんかなかった。選挙戦というものは一種の祭りだ。そこに音楽や歌がないなんて君らの感覚では、信じられるかい?
 敬愛する古謝美佐子さんがネーネーズ時代に謳(うた)った名曲に『黄金の花』がある。僕はこの曲が大好きだ。
 素朴で純情な人たちよ 本当の花を咲かせてね
 黄金でこころを捨てないで
 黄金の花は いつか散る  (ネーネーズ『黄金の花』より)
 辺野古の護岸工事の行われていた大浦湾の美しい対岸で、古謝さんにこの歌を歌っていただいたことがある。いつのまにか、僕らは歌を忘れていないだろうか? でね、どうせ歌うならかっこいい魅力的な歌を歌おう。あなたの歌っているその歌は、名護の若者のこころには全くもって響いていなかった。僕はそう思う。(テレビ報道記者・キャスター)

画像(293x172)

 名護市長選後、2日目。キャンプ・シュワブ海岸では、新基地建設は着々と進む。「K2」護岸では、砕石を海に投入する作業が続いた=2月6日正午過ぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ

画像(180x180)・拡大画像(225x225)

■ 金平 茂紀(かねひら しげのり)
TBS報道記者、キャスター、ディレクター
1953年北海道生まれ。TBS報道記者、キャスター、ディレクター。2004年ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に「ホワイトハウスから徒歩5分」ほか。

----------------------------------------------------------------------------------

 宗教団体の信者が上からの言いなりになるのは、(こわいことではあるが)まだ理解できる。しかし、多種多様な未来に向かってこれから柔軟な頭を作っていかなければならない若者が、「基地より生活」と言われてコロッと行ってしまうって、どうよ。(沖縄タイムス、琉球新報、共同通信が実施した出口調査では、10代の9割が、20代の8割が稲嶺候補「ではない」側に投票していた。)

 せめて見に行けよ、辺野古と高江くらいは。
 人に言われてどうこうじゃなくて、自分の目でしっかり見て判断せえよ。
 いろいろな人間がいるのに、みんなおんなじ考えのはずがないやろう。みんなおんなじが一番こわいちゅうねん。見に行った先でしゃべれよー、いっぱいしゃべれよー。

 米軍基地反対運動に失敗があったとしたら、そこに楽しさを見いだせなくしてしまったからかもしれない。楽しくないと、どんな運動も長続きませんからねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年01月24日(水)

「名護ハーフ」のあと [沖縄]

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 沢真君が撮ってくれた、真樹のゴール写真。
 最後に笑顔でゴールできたら最高。

 「笑顔で走り続けたい」といつも思っているのだが、なかなかうまくはできていない。
 せめて、「ゴールはいつも笑顔で」と思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは私が撮った、真樹のゴール写真。
 この笑顔、見習いましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 マラソンのあとはお腹ペコペコ。
 名護市のお隣の宜野座村(阪神のキャンプで有名)で、食と文化のイベントがあるので行こうと約束していた。しかし、あんまりお腹がすきすぎていて、宜野座まで持たない。
 途中の道の駅・許田によって食べることにした。

 看板の写真を撮っていたら、偶然真樹が写っていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 二人とも「アーサそば」。
 お腹が減っていたので、あっという間に食べ終わった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「第1回 やんばる食×文化イベント やんばるの『食』フェス」

 「きっと、お客さんがパラパラとしかいやはらへんにゃろなあ」と真樹と話していた。ところが着くと、意外な人出。どこへ行っても真樹の知り合いとバッタリ。名護に住んで5年近くになる真樹は、顔が広い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私らの興味は、「食」や「文化」より「犬」ですかね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大きいほうがオスで小さいほうがメス。兄妹らしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゆるキャラも登場したが、子どもが少なくて、ちょっと手もちぶたさ。
 「かあちゃんやったら、絶対にいっしよに写真撮っとるな。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 売り切れてしまったお店にいたのは、「こたろう・オス・5か月」。
 めちゃくちゃかわいかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午前中はあんなに暑かったのに、午後は涼しくなってきた。この会場は風がスース―通って寒いくらい。
 そこで、私はコーヒーとホットサンドイッチ。でも、真樹はフロートを注文。わかもんやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「寒い寒い」と言いながらも、ペロッと食べてしまった。
  ここまで出かけてきてよかった。けっこうおもしろかった。

 「今日は晩ごはん作るしな」と真樹。
 トイレのカバーや洗濯物干し用の突っ張り棒も買いたかったので名護の「ドン・キホーテ」へ。
 「ここで食材も買うわ」と。
 「えっ、ドンキに食べもん売ってんの?」
 名護は便利やわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹は、3回の朝ごはんとこの日の晩ごはんを作ってくれた。

 「かあちゃんがな、真樹が引っ越したんは、パオパオが気安く来られんようにやってゆうとったけど、そうなん?」
 「そんなことないでー。ホテルに泊まるお金はもったいないし、いくらでも来ていいでー。」

 ああよかった。前よりは来にくくなってしまったけれど、また泊めてもらおう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1(二条)17時間。 
 いつもコーヒーをおごってもらっているお掃除のKさんに、沖縄のおみやげを持って行った。(アメは自分用でそれ以外。)

 「こんなにたくさんもらっていいの。悪いねえ。」
 「いやいや、数が多いだけで、金額は知れてるんです。」

 たいそうなものではなく、こんなお手軽なおみやげがたくさんあるので、こちらも買うのが楽しい。京都のおみやげにも、こんなものがあるといいんですけどね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月20日(水)

ウルトラのあと(12/19) [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「真樹がな、かあちゃん心配するし、家のことはゆわんといてなって」と私。
 「そんなたいへんなとこやったん?」とヨメさん。
 「まあな・・・。」

 都会が嫌いでいなかが好きなところは私に似たんでしょう。でも、不便な所でも暮らせるのはヨメさんに似たんじゃないでしょうか。
 
 「簡単にゆうとな、キャンプ生活みたいなもん。ボクはな、お風呂がないところにはよう住まん。」
 おっと、もうこれ以上書いたら真樹に叱られる。これ以上は内緒内緒。来年1月の「名護ハーフ」に来る時までに、なんとかしてくれるかなあ。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月19日(火)

ウルトラのあと(12/18) [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あちこち写真を撮って帰ってください。うちの宣伝になりますので」と民宿・芭蕉布の奥さま。でも私はどうしてもネコちゃんのほうに目がいってしまう。

 土曜日には姿を見せてくれなかったモモちゃん。やっと顔を見せてくれた。
 今年の2月、チビの娘としてビビといっしょに生まれた子。こわがりで愛想がないらしいけど、かわいいネコちゃんじゃないですか。

 ネコが好きな人にはたまらない民宿。苦手なお客様には、絶対にネコ部屋(別棟)から出さないとのこと。そのへんは徹底されています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2階の窓から見える景色は抜群。

 「あの橋を渡ったんやなあ・・・。」

 レース前日は、何やかやでけっきょく1時ごろまで寝られなかった。しかしレース後は背中が痛かっただけで、7時間以上ぐっすり寝られた。

 階段を下りるのが大変かもと心配していたが、普通に下りられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冬じゃなくて、夏にも来たいくらい。
 泳ぐところって、あったかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「丘の上の立派な建物はホテルですよね。」
 「いえ、あれはauの基地です。」
 「auの基地?」

 au、儲かってますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝はトーストとコーヒー。
 しっかり寝られたせいか、バクバク食べることができた。

 荷物の整理に時間がかかり、10時ごろやっと下におりた。
 そこで、ネコちゃんたちのお見送り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 チビ、ビビ、モモ(3びきとも耳カット済み)、また来るから元気でね。
---------------------------------------------------------------------------------
 
 奥武島の公園にネコがいっぱいいたので、写真を撮りに行った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このネコちゃんは、ビビとモモのお父さん?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 おとなしくてかわいいネコちゃんばかり。
 堪能しましたわ。
--------------------------------------------------------------------------------

 さて、このあとは真樹のところへ。
 とは言っても、真樹は夜7時まで仕事なので時間をつぶさなくてはならない。
 いつもなら牧志の桜坂劇場へ映画を見に行くのだが、それには向かいの公園のネコちゃんかまいも含まれている。今日はもう奥武島でネコをいっぱい吸ってきたので、パス。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 高速で名護まで。軽自動車は810円。
 いつも私を応援してくださっている玉城さんのお勤め先へ。お墓屋さんだと思っていたが、建設会社でした。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 京菓子の「鼓月」さんの期間限定販売、その名は・・・「京あんも」。
 うちが飼っていたネコのうち、一番長生きしてくれた黒猫「あんも」ちゃん。このお菓子「京あんも」のように黒光りしていました。
 ネコの大好きな玉城さんは、私のブログのあんもの記事も読んでくださった。(「あんも、あんも・・・」2011年5月15日は、いまだに自分の書いた文に泣いてしまう。)玉城さんは、私の応援のときもあんも付きでしてくださっている。ありがたいことです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 玉城さんにコーヒーをいただいて、次は「理容・きゃん」さんへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「理容・きゃん」さんは、真樹のアパートのすぐ近く。
 しかし、真樹は11月末で引っ越してしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が入ると、「尚巴志マラソンでしたっけ?」と。初子オバアはマラソンにくわしいんです。
 「いや、尚巴志は11月です。与那原から糸満市役所往復の100kmマラソン走ってきました。何とかギリギリ制限時間内に完走出来ました。」 
 「それはよかったですね。」

 おっとこまえにしてもらって、次はお昼ごはん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの「きっと屋キッチン」に行くとお休み。
 そういう場合は「我部祖河食堂」へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここでは、これ。中味汁定食(700円)。

 そのあと、着替えのTシャツを持ってくるのを忘れたのでサンエーに買いに行った。ウルトラ完走記念Tシャツがなかったので、その代わりのつもりで沖縄らしいのを買った(790円×2枚)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そして、真樹のバイト先「あいあいファーム」へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 直売所に真樹はいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの笑顔でしっかり働いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コーヒーともさもさするお菓子。
 Wifiが使えるので、ここでちょっとブログ書き。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹の引っ越し先にも行ってきた。
 まあ、たいへんな・・・。(くわしくは書けません。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹が仕事から帰ってきて、二人で夕食へ。
 名護のサンエー為又店内にある「和風亭」へ。

 真樹は「漁師丼(1166円)」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は「ステーキ御膳(1717円)」。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 デザートに「夫婦ぜんざい(2つで453円)」。

 そのあと、イオンへ。
 真樹が、私の誕生日プレゼントを買ってくれるらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは、私が買った沖縄らしいTシャツ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらが、真樹が買ってくれたフリースジャケット。
 変わった柄やから、京都ではだれともかぶらんやろね。
 いいのを買ってくれてありがとう。
 今回は来るときが去年の誕プレのパーカー、帰りはこのフリースということになる。

 このあとは、真樹のつくった梅酒で長い長いゆんたく。
 酔っぱらって、写真撮るのん忘れてしまいましたわ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年09月08日(金)

「島の人よ」 池田卓  [沖縄]

画像(230x230)

   
   「 島の人よ 」  池田 卓


生まれ島を離れ暮らす 島の人よ
覚えていますか 生まれ島の 祭り唄を

大きな夢を都会に描く 島の人よ
強く育てた あなたの島こそが 夢の島よ

島の人よ またいつの日か 祭り咲かせてみようじゃないか
島の人よ またあの海で サバニこいでみようじゃないか


島を離れ帰らぬ人よ 島の人よ
何処にいますか? 何してますか? お元気ですか?

都会で暮らし 手にしたものも 大切だけど
何々よりも大事にして欲しい 生まれ島を

島の人よ またいつの日か 故郷咲かせてみようじゃないか
島の人よ またあの海で サバニこいでみようじゃないか

島の人よ いついつの日か 祭り咲かせてみようじゃないか
島の人よ いついつまでも 生まれ島を忘れないで

生まれ島を忘れないで・・・

-----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x320)・拡大画像(600x600)

■池田卓(いけだ すぐる)Suguru Ikeda

池田卓 沖縄県・西表島船浮出身。シンガーソングライター。

1979年5月24日、西表島にある人口41人(2017年8月現在)の船浮[ふなうき]という小さな集落で生まれ育つ。
学年が一人だった為、雨の日は楽器が友達替わり。小学5年生から八重山民謡を習い始める。
19歳の夏、島の芸能祭に参加したのをきっかけに本格的に音楽活動を開始。2000年10月10日、母の誕生日に「島の人よ」でCDデビュー。この曲が天気予報のBGMに起用され脚光を浴びる。2005年には「心色」で全国デビュー。
ベストアルバムや八重山民謡アルバムを含め、これまで11枚のCDを発表。
2007年より、故郷・船浮にて音楽イベント「船浮音祭り」を企画・プロデュース。2008年以降は中東や欧米、アジア地域での海外ライブにも出演、活動の幅をさらに広げている。
2011年、10周年と父の還暦を機に念願の里帰り。実家のふなうき荘やツアーガイド、米や珈琲などを育てながら、船浮を拠点にライブ・祭り・イベントと全国で活動する傍ら、ラジオパーソナリティーや講演活動、執筆、声優、俳優など、多方面で活躍中。

・竹富町観光大使(2014年より)
・東アジア文化交流使(2014年より)

-------------------------------------------------------------------------------------

 昨日は三線教室5回目。
 またまた練習不足で、あせってあせって肩こりこり。
 しかし、その中でも一つすごくうれしいことがあった。

 練習曲として先生が出してこられた曲。
 あの西表島船浮出身の池田卓さんの「島の人よ」。

 11年前の6月、小6の真樹と初めて行った沖縄は「鳩間島」。
 そのときの鳩間小中の運動会に、船浮小中の先生が来られていた。
 運動会のマラソンで、私は船浮小中の入波平みさ乃先生に敗れ第3位(優勝は鳩間中生)。それが悔しくて、その年の10月、船浮小中の運動会にも行くことにした。

 舩浮は西表島の最西端。
 陸続きなのに船でしか行けないところ。
 その船の船長さんが池田卓さんのお父さんだった。

 入波平先生との再対決は実現しなかったが、沖縄県八重山郡竹富町の運動会に2回も参加することができた。小6の真樹にとっても、忘れられないいい思い出になったと思う。

 「島の人よ」が入っているアルバムも、買ったはずなのにどこに行ったか分からない。
 三線の先生が、「次に船浮に行くときは、『島の人よ』が弾けるようになって、池田卓さんといっしょに歌えればいいですね」とおっしゃった。
 ほんま、そうなりたいわ。
 手術後高い声はでーへんけど、せめて三線がしっかり弾けるようになりたいわ〜。

※ 過去、船浮に行ったのは三度。
  2006年10月、真樹と。
  2007年3月、廉と。
  2008年2月、眞寿美さんと。

 池田卓さんは「島の人よ」の歌詞通り、生まれ島を忘れないで船浮に帰ってこられたんですね。

 「都会で暮らし 手にしたものも 大切だけど
  何々よりも大事にして欲しい 生まれ島を」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第12回ひろしまクロスカントリー

第12回ひろしまクロスカントリー

第36回篠山ABCマラソン

第36回篠山ABCマラソン

「理容きゃん」の初子オバア

「理容きゃん」の初子オバア

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.