パオパオだより

2017年12月25日(月)

くさかべやんけー [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ふじい・・・。」
 「えっ、くさかべやんけー・・・。」
-------------------------------------------------------------------------------

 今日は寮2(出町)24時間。
 こちらはいつもは金曜なのだが、年末ということで今日に変更。

 そこに現れし、同年代の男性。
 向こうから気づいてくれた、「ふじい・・・」と。
 私もすぐに分かった。

 高2の時のクラスメイト。
 昼休みにはいつも、テニスボールを使って野球をしていた。
 その時「グッパ」で一応組み分けをする。しかし、それは全く意味のない「グッパ」。なぜかというと、「グー」は必ず負ける私ら負け組、「パー」はどんな手を使ってでも勝ちたい勝ち組。「グッパ」出す前から、メンバー固定してますねん。
 あの高校時代の「お昼休み野球」は、「ノン・エリート」対「勘違いエリート」の戦いであったのかも・・・。

 もちろん私は「グー」、くさかべ君も「グー」。「グ―組」は、どんな手を使ってでも勝ちたいなんて絶対に思わない穏やかな集団です。ヤクルトの14連敗なんてかわいいもんで、我が「グ―組」の連敗は100は超えていた。

 一度だけ、なんかのまちがいで「グ―組」が勝ちかけたとき、もう始業のチャイムが鳴っているのに「パ―組」が無理やり延長を強要。「そんなにまでして勝ちたいんかい」と心に思いながらも付き合ってあげましたわな。「グ―組」の仲間の心は広い。「ほれほれ、点とらしたげましょ・・・。」

 あー、あの時の「グ―組」の仲間に44年ぶりに会えるなんて!
 私の勤務日が変更になっててよかった。
 ほんま、幸せもんじゃー。
 (また、神さんが私を励ます使者を送った?)

 でも、肝心の「グッパ野球」の話すんのん忘れてた。
 まあ名刺ももらったし、また大好きだったくさかべ君としゃべれるね。

 寮の写真は撮ったらあかんので、外で撮らせてもらった。
 いつも、なぜかはにかんでしゃべっていたくさかべ君。ちょっとしゃべっただけやけど、そのしぐさや様子は今もいっしょやった。
 私も顔が全然変わってへんかったから、すぐ分かったんやって。名前も名のってへんかったのに。

 うれしい、うれしい。
 こんなこともあるんやねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月21日(木)

ごほうび [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「由美さんがお祝い持ってきてくれはったでー。けんかしたらあかんし、2人分別々やて―」とヨメさん。
 「いやー、うれし。でも、なんでけんかせんならんのん?」

 いつも私のことを気遣ってくださっている、かもなす由美さん。ふだんあまりパソコンを見ることはないとおっしゃっていたのに、またまたタイムリーに見てくださったんですね。本当にありがとうございます。

 すっかり忘れていましたが、6年前に黒猫・あんもちゃんが死んじゃった時も慰めに来てくださいました。かもなす由美さんは、私のことを一番心配してくださっている方かもしれません。

 さっそく、お礼のショートメール。
 ーーーキャロットの藤井です。5時にお迎えで店に行くと、由美さんからのごほうびが届いていました。ありがとうございます。由美さんのために、生きる!ーーー

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、年内最後の三線教室。
 今回で丸半年、12回。受付の方が、「だいぶ上達されたでしょう」と声をかけてくださった。「いや、歳取ってるのであきません。」

 生徒は、前からおられる女性が2名と7月に私と同時入会した女性が2名。その同時入会したうちのお一人が、かもなす由美さんに感じが似ているTさん。
 「孫の世話が大変で、全然練習できてへんねん」というのが口癖になっている。
 私は孫の世話はないのだが、全然練習できていないのは同じ。二人で呆然としている時間が多い。それでも、「しっかり弾けるようになるようにがんばりましょうね」と励ましあっている。
 父の誕生祝に「十九の春」を弾いて、みんなに歌ってもらった話も聞いていただいた。私にはお姉さん的な存在であり、たいへんありがたい。
 「上達のスピードは遅くとも、あきらめずに続けていきましょうね。」

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「沖縄100K」以後、中三日あいて初のRUN。
 ゆっくりゆっくり、いつもの十王堂橋往復5km。32分34秒。
 ここからまた速く走れるようになるのだろうか。
 次の目標は、1月21日「名護ハーフ」を1時間34分台で年代別優勝!

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は長めのお散歩。
 きくは、あちこちにおいだりしてなかなか歩かなかった。まあ、たまにはわがままも聞いたらんなんな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月10日(月)

ことちゃん [私の好きな人]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

私とことちゃん (小学校の運動会の時の仮装行列)

 「こうちゃん?」
 「えっ、ことちゃん。こんなとこで・・・。」

 神さん、いますね。いや、仏さんか。

 昨日の京都駅からの帰り、関空リムジンバスが少し早く着き、思っていたより1本早い地下鉄に乗れた。電車が到着した時、なぜか並んでいたところをずれて、一つ前の車両に乗り込んだ。
 座席はすぐに埋まり、仕方なく出入り口付近に立っていた。
 そこに、つかつかと近寄る女性あり。 
 ありゃ、なんか悪いことしたんか知らんと思った瞬間、・・・「こうちゃん?」

 ことちゃんは、私の小中時代の同級生。あっ、もちろん保育園も。
 幼なじみで会いたい人と言えば、もちろん「ことちゃん」。なんてったって、ことちゃんは私の初恋の人やから。

 ことちゃんはふだん車で行動しているのに、なぜか今日は地下鉄。それも滋賀県人やから、京都にそうしょっちゅう来ているわけではない。

 「奇遇ですなあ。」
 いや、やっぱり神さんか仏さんが私に使者を送ってくれてはんにゃわ。刺客の反対ね。なんちゅうにゃろ。(「刺客の反意語」で検索しても出てこんかった。)

 京都駅から鞍馬口駅までの10数分。いっぱいいっぱいしゃべったわ。また、どうしても病気の話になってしもたけど。

 ことちゃんのダンナさん、3年前に亡くならはったんやて。59歳の若さで。知らんかった。
 今は、胃がんや肺がんなどポピュラーな病気ではすぐには死なん。ことちゃんのダンナさんも、めずらしい病気やったみたい。
 「ボクもめずらしい病気やし、ヒビッてんねん。」

 ことちゃん自身も、ダンナさんの亡くなられた直後に入院手術。みんなみんな大変やわ。

 「ことちゃん、ボクのブログにな、初恋の人はことちゃんて書いてるし。もうかわいいてかわいいて。」
 「なんでやな。ゆうこちゃんのほうがかわいかったやろな。」
 「いやいや、もう絶対にことちゃん。うちのヨメさんにもゆうてあるし。前にことちゃんの写真見てな、『別所出身にしてはシューとしてはるやん』ゆうて感心しとったし。」
 「またー、うまいことゆうて。」
 「ほんまやて。」

 名残惜しい鞍馬口駅。
 ことちゃんは降り際に振り返り、「だいじょうぶやって」とにっこり。
 ほんまかなー、ほんまにだいじょうぶなんかなー。
 こんなにいいことばっかり続くと、かえってこわいわー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年01月09日(月)

山下けいきさんの応援 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1月15日告示、22日投票で茨木市議選が行われる。
 私が所属する「ランナーズ9の会」の仲間、山下けいきさんが引き続き立候補される。

 メールでお知らせがあり、お手紙もいただき、先日は直接お電話もいただいた。政治には全くの素人の私なのに、こうして頼りにしてくださると放っておくわけにはいかない。
 本来は1月15日の告示日に「走って出陣」と言うのがあるので、それに参加したかった。しかしその日は京都走ろう会の例会があるし、午後には都道府県対抗女子駅伝もあるし。

 今日は9日。毎月私が「9の日平和ラン」をする日。
 「そうや、今日行こう!」
 ちょうどよかった。自前の「平和・憲法九条」ののぼりをもって、茨木市内を練り歩きましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は今まで特定の候補を応援したことはほとんどない。
 例外は3人だけ。

 一人は、2010年4月の京都府知事選挙に立候補された門祐輔さん。理由は単純、憲法をまもるウルトラランナーだったから。
 二人目は、2011年1月の長岡京市長選挙に立候補された小原明大さん。理由は単純、綾部の「カフェ・じょんのび」の息子さんで、憲法をまもる候補者だったから。
 そして、2012年4月の茨木市長選に立候補された山下けいきさん。理由は単純、「ランナーズ9の会」の仲間であり、憲法をまもる候補者だったから。

 6、7年前は、私もけっこういろんなところに首を突っ込んでいたんですね。
 今回の山下けいきさんの応援は、約5年ぶりの選挙応援カムバック(?)

  事務所に応援に来られていたメンバーは、いかにも常連さんという感じの方が多かった。
 「私は若造で何も分かりませんので・・・」とあいさつしようと思ったが、見かけだけは十分ベテラン系なので大きな顔をして待機させていただいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後1時半から「大宣伝行動」。
 と言われても何をしていいか分からなかったが、3グループに分かれ、2組は練り歩き、1組は自転車でアピール。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 事務所を出たときは10数名で、途中から6・6くらいに分かれた。
 私は、練り歩き隊の東方面担当グループに入れてもらった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 先頭の方が山下さんの政策を吹き込んだテープを流され、その後ろをのぼりを持った者や、政策ビラを配る者が続く。 
 山下けいきさんの議会報告ビラの表紙には、「チェックから改革へ」へのキャッチフレーズ。

 1.維新前市長と対決してゴミ委託改革
 2.市議選ポスター水増し請求疑惑追及 
 3.くらしの110番 障がい者支援からトイレ様式化まで

 「社会の主人公は、カジノ賭博や水道民営化出で組む自民、維新ではなく、私たちです」

 テープの内容もだいたい上記と同じような感じ。
 私は裏表紙に書かれていた「平和憲法が私の原点です」を入れてほしかったんですけど・・・。市議選の争点にはふさわしくないんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は成人の日なので、あちこちで晴れ姿の若者を見た。
 こんないい日にアピールウォークができてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 時折雨がパラついたが、昨日の大雨に比べるとかわいいもんだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ウインドウにうつった私の姿をパチリ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一人毛並みの変わったんが混じってますけど、今はやりの「多様性」と言うことで・・・。本人けっこう楽しく歩いています。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は祝日だったので、商店街もお客様が多かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 茨城戎神社前も通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 カードマンさんが立っておられると、「私も早う復帰せな」と焦ってしまう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すごくかわいい地蔵さん発見。
 もちろん、みんなの幸せを願っておきました。
 「あっ、山下さん当選のお願いすんのん忘れたー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 阪急・茨木市駅前を通り事務所へ。
 1回目のアピールウォークは約3.6km、1時間10分ほど。かなりゆっくり歩いたことになる。

 事務所で休けい。
 戻ってこられたみなさんがいろいろなお話をされていた。

 「茨木はどちらかとうといなかになるんですかねえ。」
 「・・・。(みなさんどういう意味か計り知れず、返答なし。)」
 「いや、ビラを配っていても抵抗なしに受け取ってくださる方が多くて。都会の真ん中なら、ほとんど無視されるでしょう。『ごくろうさん』と言ってくださる方も多くて・・・。」
 「確かにいなかのいいところも残ってますが、それよりも山下さんの日ごろの活動をよーく見ている方が多いんだと思いますよ。」

 「成人式の振袖の袖が変になっている子がいてねえ、呼び止めてきちんとなるようになおしたけげたわ。これから式に行くみたいやったんで、ビラは邪魔になるし、よう渡さんかった。もうちょっとせんでんしたらよかったなあ・・・。」

 「雨がパラパラ来た時に、小さな子とお母さんが上を見上げてはって、なにやろうと思って見上げたらきれいな虹。山下さんの虹色ののぼりとピッタリシンクロしてよかったわー。」
 (◎毎日新聞 2012年4月2日より
 ◇茨木市長選・山下慶喜候補
 山下氏は平和と個人の多様性を尊重する公約「レインボープロジェクト」を掲げ、教育現場への競争原理の導入に反対した。東日本大震災への対応では「市民の生命を守る立場から、放射能に汚染されたがれきを持ってこない」と約束した。)

 みなさん、いろいろと楽しんでおられる。私はそのきれいな虹に気付かず、残念!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3時20分すぎに、2回目のアピールウォーク。
 用事のある方もあり、残ったメンバーでもう一度。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今日は1万歩行けたから満足! 何グラム体重へったかなー」と言いながら帰って行かれた女性もあり。楽しんでますねー。そうでないと、続きませんよねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2回目は、東コースをショートカットして約2.9km、43分ほど。
 2回行くだけの人たちだけあって、1回目よりスピードアップ。

 2回合わせて約6.5kmウォーク。
 私は個人的には、前日の雨中のハーフレースのダメージ回復に役立った。
 知らない町を一人でアピールウォークとなると心細いが、5、6人もおれば心強い。これがウオークじゃなくてランだともっとうれしいんですが、人混みを走るのはムリですね。
 それはまたの機会に。

 私はこれでもう応援には来れないと思いますが、山下さんしっかり!
 
 まあ大阪ふうに言わせてもらえば、「バチもんに負けるな!」ちゅうとこですか。山下さんが今まで取り組んでこられたことを多くの方に訴えて行けば、絶対にだいじょうぶ。
 せめて投票率が50パーセントを超えてほしいところですね(前回41.79、前々回45.23)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 駅までの帰り道に、沖縄料理「しーさ」さん。
 沖縄の方がやっておられるんでしょうか。

 また、沖縄にいる真樹のことを思い出した。
 「京都に帰ってこんかなあ・・・。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年01月04日(水)

「遠くの存在に感じない」 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、寮の管理代行の2017年の初仕事。寮1(二条)17時間。
 この時期、心身ともに変調をきたす者が出てくる。今まで真剣に生きてこなかった私には、そんな若者らにアドバイスできることは何もない。ただ一つだけ言いたいのは「思い詰めないで」ということ。まだまだ先は長いのだから。

 今日の休けい時間に、今年来た年賀状の整理をした。
 うちには住所が4つあり、それが全部生きているからややこしい。一つは市原の自宅(借家)。次に京産大前の店舗。そして柊野の旧事務所。この3つはみな近所なので、車で回ればすぐ年賀状が回収できる。
 問題なのは花背別所町のいなかの家。もうそこを離れて10年になるのだが、いまだにそちらに年賀状が届く。これはなかなか回収に行けない。あて名を印刷している人は、相手の住所が変わっていてもあんまり気にならないようです。

 一応前記3か所に1月3日までに届いた年賀状は130枚ほど。出したのが200枚ほどで、いなかに届いている分と今日以降に届く分を合わせれば、かなりの回収率ということになる。ありがたい、ありがたい。
 
 2年前まで「年賀状大賞」というのを選んでいたのだが、けっきょく自分の好きな人から来たものばっかり選んでしまうのでやめた。
 でも、今年は秀逸なものが多かった。みなさんひと言コメントを書いてくださっているのだが、今年は私の病気を心配してくださっているコメントが多かった。「パオパオだより」をしっかり読んでくださってるんですね。ありがたい、ありがたい。

 その中でも、この人からのひと言は「うっ」と来た。
 「ブログ、拝見しています。あまり遠くの存在に感じません。」
 やられました。まいりました。

 ずいぶん前の「北軽井沢マラソン」で、乳母車に娘さんを乗せて走っておられたみったんさん。その時、娘さんは眠ってしまったようで、手に持っていたアイスキャンディーが溶けていた。それがすごく印象的で、思わず声をかけさせてもらった。
 ただそれだけの関係なのに、なぜかいつの間にか私のブログにコメントを入れてくださるという関係になった。

 「病気に負けないで」という直接的な応援もうれしいが、「遠くの存在に感じません」という言葉はそれ以上にうれしい。「遠く離れていて、会って話すわけでもないけれど、いつもすぐ近くにいるように感じてますよー」と言われたら、何か胸の奥のほうから熱いものがこみ上げてくる。

 ヨメさんに話すとき「みったん」では通じないので、「乳母車の子のアイスキャンディーが溶けていた・・・」というと話が早い。
 人間て不思議です。ちょっとした一つの出来事で、そのあとずーっとその人のことを忘れない。私とみったんさんはそういう関係なんでしょうね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2016年12月29日(木)

ジンパチッ! [私の好きな人]

画像(186x200)

◎デイリースポーツ 12/29(木) 20:37配信

   根津甚八さん死去 うつ病、死亡事故、目の病気で手術…孤独とも闘った晩年

 2010年に俳優を引退した根津甚八=本名・根津透=さんが29日、都内の病院で亡くなった。69歳。かねて病気療養中だった。所属事務所は報道各社にあてたFAXで、死因が深部静脈血栓症及び肺塞栓症による肺炎のためと説明した。葬儀については、故人の遺志により近親者のみの密葬を執り行うという。

 根津さんは1978年、大河ドラマ「黄金の日日」で脚光を浴び、82年の映画「さらば愛しき大地」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。ほかに「吉原炎上」などでも存在感が光った。黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」などにも出演。憂いのある色気は男女問わず、多くのファンを魅了した。演技同様に寡黙な人柄だった。

 根津さんは01年秋ごろからうつ病を患っていた。04年7月には、自宅近くの交差点で交通事故を起こし、被害者が死亡。心に深い傷を負い、俳優活動をしばらく休止した。晩年は持病のヘルニアや目の病気など、けがや病気との闘いの連続だった。

 94年3月に15歳年下の仁香さん(54)と結婚。96年には長男が誕生。順風満帆に思われた家庭生活だったが、01年に右目下直筋肥大という病気を患った。右目の下まぶたが垂れ下がり、物が二重に見える「複視」という症状が出て、日常生活が不自由となったため、下まぶたを整形する手術を受けた。

 視界は改善されたが、顔の左右のバランスが崩れてしまい、その後何度も整形手術を受けた。しかし、元の顔に戻らず、「これではテレビには出られない」と大きなショックを受けたという。

 妻・仁香さんによると、同じころに最愛の母をなくし、金銭トラブルにも見舞われ、心身ともにダメージを負った。10年9月。俳優引退を発表した。
----------------------------------------------------------------------------------

 今年亡くなった方のいっちゃんは、吉本のタツジーかジョージかと思っていたが、最後の最後にえらい人が・・・。

 根津甚八。
 実は、私が一番好きな俳優なんです。
 もし私が女なら、根津甚八に迫られたらたぶん体が溶けてしまう。

 根津甚八の映画もテレビドラマもほとんど見たことがない。でも、中島みゆきの「ピエロ」を歌う根津甚八は最高。
     ◇     ◇     ◇
 思い出の部屋に 住んでちゃいけない
 古くなるほど 酒は甘くなる
 えらそうに俺が 言うことでもないけど
 出て来いよさあ 飲みに行こうぜ

 かまれた傷には 麻酔が必要
 俺でも少しは 抱いててやれるぜ

 思い出の船を お前は降りない
 肩にかくれて 誰のために泣く
 まるで時計か ゆりかごみたいに
 ひとりで俺は さわぎ続ける

 飲んでりゃおまえも 嘘だと思うか
 指から鍵を奪って 海に放り投げても

 飲んでりゃおまえも 嘘だと思うか
 指から鍵を奪って 海に放り投げても
     ◇     ◇     ◇
 仲代達矢、根津甚八、水谷豊、このライン好きですねえ。
 共通するのは狂気の匂いかな。
 最近、おっとこまえの阿部寛に凝っていた。でも、私の本質はやっぱり狂気の匂いがする根津甚八でしたね。

(注)もうちょっと、続きます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第4回峨山道トレイルラン・後半

第4回峨山道トレイルラン・後半

扶桑橋ラン

扶桑橋ラン

マラソンでもないのに沖縄

マラソンでもないのに沖縄

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.